【感想・ネタバレ】落語魅捨理全集 坊主の愉しみ のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年06月12日

落語を元にしたミステリ。
途中までは落語の筋通り。しかしそこからもう一捻り加えてオチがある。落語の続きなんて考えた事がないから新鮮であった。
ミステリ仕立ての話もあり面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月16日

古典落語を題材とした「坊主の愉しみ」「品川心中幽霊」「頭山花見天狗の理」「蕎麦清の怪」「そこつの死者は影法師」「猫屋敷呪詛の婿入り」「らくだの存否」の7篇を収録。最後に「もうひとひねり」を加える構成はたしかにミステリ。急にミステリ用語が登場したり、メタギャグを多用したりなど、今までの著作のなかで一番...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月06日

 山口雅也さんの、約5年ぶりの新刊である。その間に、山口さんが大病を患い、1年半も寝たきりだったと知ったのは、読み終えた後のことだった。

 山口さん曰く、奇跡的に健康体を取り戻し、作家生活を続けるに当たり、自分が書いてこなかったようなものを書いてみたい、誰も書いてこなかった地平を切り拓いてみたい、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?