【感想・ネタバレ】合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月14日

弁護士資格を失った「元」弁護士・上水流涼子の痛快な短編集。米倉涼子のリーガルVとちょっぴり似た舞台設定だけど、「弁護士事務所」じゃなくて「探偵」という位置づけだからリーガルVとは全く別物なんだろうな…

一冊読み終わるのに半日もかからずあっという間に読み切れてしまいました。それぞれのお話はとても面白...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月06日

強烈なキャラを送り込んできたぞ。極めて人目を惹く美貌の女性探偵さん。そのお仕事、そんなに目立っちゃまずいんでしょうけど「一般的にあり得ない」からこそエンタメ度が高くて魅力なんだね。不二子ちゃんが銭形と通じて、ちょい悪の輩を懲らしめるみたいな。いずれの依頼もIQ140の貴山くんの働きあってこその解決を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月08日

柚月裕子さんの「合理的にあり得ない」、2017.2発行、柚月さんにしては軽めですが、そこそこ面白かったです。弁護士資格を失った上水流(かみづる)涼子、三十路の独身女、空手有段者、公にできないもめごとを解決する何でも屋。助手は貴山伸彦、IQ140、東大卒、気が利き実務能力に長けている。確率的にあり得な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月02日

短編はあまり好きではないが、各章のタイトルがとても気に入りました。
探偵と助手のコンビもキャラが立っていて魅力的に感じた。話自体は、そこそこ面白いって程度でしたが、なんせ2人のキャラで読ませていく感じで楽しめました。

続編が出たら是非2人の今後が知りたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月12日

美貌の元弁護士・女探偵の上水流と、IQ140のアシスタント貴山のコンビで「あり得ない」依頼を解決する。
連作短編集。

柚月作品としては意外に軽めのタッチの作品。短編集なので、詰め切れてないところはあるものの、私は最後まで楽しく読めた。このコンビでもっと読みたいし、長編もあっていいと思う。とりあえず...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月23日

軽快な裏稼業ミステリ連作短編集。今度の主人公は、ドロップアウトさせられた元・弁護士の上水流涼子。ワトソン役は、さらに頭脳明晰な助手・貴山、とくると、ホームズ・ワトソンよりも、マイクロフト・シャーロックの組み合わせとも言うべき無敵のタッグ。未来が見える霊能師、将棋の必勝を期すヤクザの親分、因縁の会長、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月10日

面白かったー!
痛快!
ドラマ化も映画化もいけそう!
騙されて弁護士資格を剥奪され、法曹界から追放された美女。一時はそりゃあ落ち込んだけど、法律の知識を活かして、大っぴらに出来ない困り事を解決する探偵のような事務所を開く。そこに抜群に頭の切れる部下ができ、2人で次々といろんな仕事をスパッと解決してい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月12日

 詐欺的な事件の解決に、上水流涼子さんが貴山さんという助手とともに挑む連作短編集。
 上水流さんは元弁護士で、貴山さんはIQ140ていうだけでなく、何か知らないけど何でもいろいろ出来ちゃうというキャラです。

 最初の2話は、上水流さん側でなく相手側視点なので、上水流さんが謎の女風味ですが、後の3話...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月15日

あんまり期待してなかったのだけど、読んだらすごく面白かった。この作者さんの本は重いイメージがあったのですが私の中でのイメージが一新されました。
貴山さんがいいキャラですよね。これって1冊で終わりなんでしょうか?もっと読みたいなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月29日

訳あって弁護士資格を剥奪される。
信用していた人にハメられたら許せるわけはないわ〜。自分のことだけしか考えていない人なんて最低ね。
涼子は正当な方法で復習できたんだ。さぞかしスッキリしたに違いない。ちゃんと同じことを相手に返せるときがくる。その時まで余計なことはしないことだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月16日

面白く読めることは
読めるのだけれども…

「孤狼の血」の刑事さん「ガミさん」が
この作品集では、こんなふうになって
しまうのだ…

柚木裕子さんは
軽~いエンターテイメント小説も
書けてしまうのだ
の 思いの方が強い
一冊でした

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年09月21日

1話読んで、これから面白くなっていきそう!と期待したんですが、最後まで軽い感じで終わりました。
でも柚月さんだから期待しただけで決してつまらない訳ではないです。
(将棋とヤクザが出てきたときはちょっと嬉しかった)
シリーズ化したらまた読みます。
その時は涼子が元弁護士という設定をもっと活かして下さい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月22日

検事シリーズなどの他の作品に比べたら、ライトでさらっと読めてしまう。

テンポが良くて、それぞれのキャラクターも個性的なので、ドラマ化しそうな雰囲気の本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月29日

柚月さんの本、少し重いと言うか胃もたれする感じが苦手で虎狼の血も以前、途中で読むの止めてしまってんだけど、映画を観たら面白くて、体調が良い時に読むとはまるのかもしれない。

しかし、この上水流涼子シリーズはどこまでもライトで読みやすい。美人の元弁護士とIQ140だかの天才助手の何でも屋?探偵?の一話...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月04日

テレビドラマのような軽さで サクサク読めました。
柚月さんの本を読んだのがこの作品が最初だったら 次はなかったかな?
貴山さんはいい感じですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月20日

柚月裕子さん作品は、余り自分に合うものが無かった⤵……のですが、これは軽く読める短編で、からくりが面白かった。
貴山が何気に魅力的だわ。
この涼子と貴山は、まだまだ読んでみたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月14日

公に出来ない揉め事を解決する何でも屋。
殺しと傷害以外は何でも引き受けます。

元弁護士・涼子と頭脳明晰な助手・貴山コンビか、依頼人の持ち込んだ「あり得ない」案件に挑む連作短編集。
依頼人が持ち込む案件はどれもキナ臭いものばかり。
「世の中、起きる事象にはすべて理由があります」と、いつも冷静で合理的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月04日

著者の長編に比べて、かなり軽めに仕上がった短編集。
短編ミステリ小説としては、どれも捻りが不足しているように思うが、同時に実験的な要素も感じる。
今後、長編小説へ発展してゆくネタなのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月31日

内容紹介

「殺し」と「傷害」以外、引き受けます。
美貌の元弁護士が、あり得ない依頼に知略をめぐらす鮮烈ミステリー!
不祥事で弁護士資格を剥奪された上水流涼子は、IQ140 の貴山をアシスタントに、探偵エージェンシーを運営。
「未来が見える」という人物に経営判断を委ねる二代目社長、賭け将棋で必勝を期...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月30日

弁護士資格を剥奪された涼子とアシスタントであるIQ140の貴山の探偵エージェンシー。ありえないくらいスマートに悪人を切ってゆく短編集。どれもさくっと進む、泥臭さなし。キャラ的にもTVドラマにはいいのではないかな。賭け将棋とヤクザが出て来たとこはああ柚月さんかなと思ったけれど、期待が強かったかな、あっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?