【感想・ネタバレ】典獄と934人のメロス のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月23日

「関東大震災と第二次世界大戦中の記録すべてがなくなっている。
戦争関係のものは、本省の行刑局長ら高官が戦犯としてGHQから
逮捕されるのを免れるために、全刑務所に焼却等の処分を命じて
証拠を隠滅したものだ。戦争の記録がないのはわかるが、関東大
震災当時の記録がないのは合点がいかない。一人職員...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月18日

あえて汚名を被った横浜刑務所典獄椎名通蔵.彼の佇まい生き方,こういう立派な良い意味での武士の風格を持った典獄に感動しました.歴史に隠されてしまった真実が坂本氏のこの本によって明らかにされたのも良かったですが,人間の信頼に応える力の素晴らしさに改めて気付かされました.多くの人々にもっと読まれてほしい本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月21日

関東大震災で被災し塀も建物も瓦礫と化した横浜刑務所。火災が近づき、刑務所長たる典獄は囚人の解放を決意する。
監獄法に、天災を想定して 24 時間限定で囚人を解放できる規定があることを知らなかったが、それを実行することは司法省には理解されず糾弾される。
実際には、解放された囚人が逃亡することはほとんど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月05日

関割れた.東大震災の時横浜刑務所で24時間だけ934人の囚人の解き放ちが行われた.この囚人たちが略奪などを行なったとされていたが著者の30年に及ぶ入念な調査の結果事実は全く異なっていた.兄のために被災地を走り抜ける少女の話などあり感動を呼ぶ.温情は信頼でもって返す.ちょっと道徳の本のようなところが鼻...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月10日

面白いんだけど、作者が取材したのかどうかよくわからないので、ノンフィクションのようにも小説のようにも思えてしまう。実際どうなんだろう。脚色はないの?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月11日

関東大震災で全壊した横浜刑務所典獄椎名通蔵が、24時間囚人たちを釈放し、復旧にあたり獅子奮迅の働きをした刑務所職員や囚人たちの心打つ真実の物語。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月21日

一行目:「雪か!?」
これは相当に面白かった。ここ2,3年の中では一番だと思う。
関東大震災の時に、刑務所はどうなっていたのかー横浜刑務所で行われていた前代未聞の完全開放。市中で狼藉を繰り返したという記録とは、全く違う囚人の姿があった。
美化されているであろうことは想像にかたくないが、「海賊と呼ばれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月19日

明暦の大火の「お解き放し」は有名で何度も映像化、小説化されているが関東大震災直下の横浜刑務所において囚人の解放が行われたことは寡聞であった。
「正史」では解放した囚人は白刃をもって乱暴狼藉を働き、240人が戻らなかったという事になっているという。
しかし、最終的に全ての囚人が遠地の刑務所等に出頭して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?