【感想・ネタバレ】芸能の不思議な力(毎日新聞出版)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年03月07日

子供のころの私はTVをあまり見ない子で、今は見るとしても海外ドラマとドキュメンタリーとニュースがほとんどで、日本の芸能界のことを、それはもう、本当にもう、自分でも愕然とするくらい全く知らないので、なぜこの本を読もうと思ったのか・・・。
記憶がすでに定かではないのだけれど、たぶん新聞の書評欄か何かで見...続きを読むかけたんだと思う。

そんな芸能知識ゼロの私でもけっこうおもしろかったです。
プロレスとか日本の伝統芸能の話はやはりあまり理解できなかったのですが、第4章の「異郷からの衝撃」は、私ももともと海外ドキュメンタリー好きなので、大変におもしろかった。

政治的な話は割と左寄りな感じの考えが多く(極端ではありません、念のため)、それを新鮮に思う自分が意外でした。
昨今、世界中が右傾化していて、右方向の意見が多いから、なんだかんだとそっち寄りに耳慣れちゃってたんだなぁ、と改めて思った次第。
いずれにせよ、戦争を知っている世代の話はもっともっと耳を傾けなくちゃいけないな、と、思った。当時の話は、いろいろと考えさせられます。「過剰なエネルギーを持った者しか生き延びられなかった」なんていう話は非常に興味深い。

雑多なテーマの中で、一番印象に残ったのは、やはり石原裕次郎さんとの数奇な出会いの話。ぜんぜん知らなかったので、本当にビックリしました。彼の気まぐれな言動と偶然によって、著者の人生がガラリと方向転換している。こんな不思議なことってあるんですね。
運命というものについて、改めて考えてしまった。

しかし、石原裕次郎さんという人は、初期の芸能界の誰が語る回想にも、常に「太陽のように燦然と輝く大スター」として登場するなぁ。本当にすごい存在だったんだなぁ、と思う。私には、小太りで渋面のおっさん、という印象しかないけど・・・・

このレビューは参考になりましたか?