【感想・ネタバレ】天命のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月17日

謀将・毛利元就の一代記です。
岩井さんは少し変わった視点から歴史を描く事が多いと思うのですが、これは真正面から。しかし一代で小領主から十カ国の主に成りあがった元就、戦場でも強かったようですが、それ以上に籠絡や裏切りなどの謀(はかりごと)を巡らせることが得意。必要とあれば部下を切り捨て、従ってきた見方...続きを読むを裏切る。ですからあまり魅力的な主人公とは言えません。
それでも私は地元民(元就が一気に勢力拡大するきっかけになった「厳島の戦い」の対岸に在住)なので土地鑑のある場所が随所に現れ、物語と言うより歴史書的な興味で読んでいました。
ただ、最後に出て来る元就の少年時代のエピソード。これで結構気持ち良く読み終えることができました。

このレビューは参考になりましたか?