【感想・ネタバレ】悪女の品格のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年09月12日

書き下ろし
私が注目してる辻堂さんの4作目。

この本の前に読んだのが学校でいじめに遭って不登校になった子の話だったので、20年を経て小学校でいじめた仕返しをされる話は、正直いやだった。

主人公のめぐは、かつての同級生のセレブ男子3人を手玉にとる「悪女」として描かれるので、罠にはまっても読者の同情...続きを読むは得られない。途中から犯人が分からなくなりやおらミステリーめいてくるのだが、手玉に取られた男たちがもっと関わってくるともっと面白くなるのではないか?

事件が解決してからも、意外な展開があるのはさすが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月29日

最初、主人公のめぐみの性格と、いじめ描写と、いきなり登場する人物たちの姓と名とを覚えるのに読みにくさを感じました。途中、大学准教授とめぐみが本音でやり取りしだした頃から読みやすくなって惹き込まれます。准教授、やるなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月03日

タイトルはイケテナイ。というか、よくわからない。品格って?
ストーリーはまぁまぁ楽しめた。多分いじめられていた子の今があぁだから辛い部分もそれなりに読めたんだろうな。つーか、いじめられた子がいい人すぎる。

2018.2.3

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月06日

なにが品格なものか。

大人になって忘れてるから許されるとか、友人がいなかったことで、かわいそうで許されるとか、ありえないし。

文章自体は読みやすいし、先も気になって読めましたけど、テーマと結末がどうにも中途半端な印象。
タイトルがかけ離れすぎてて、個人的には?でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月04日

小学生の頃のいじめの仕返しを30手前でされる話。結構な犯罪がスルーされてるのが気になる。うさんくさい准教授はうさんくさいままだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月12日

「普通になんて生きられない。金がないと」光岡めぐみは三人の恋人を器用に転がし貢がせ、贅沢な生活を送っている。ところがこの一週間、監禁や薬品混入など何者かに次々と狙われるようになり、そして彼女自身の過去の罪を告発する手紙が届く。めぐみはパーティで知り合った大学准教授と共に犯人を捜すが……。

正直全く...続きを読む理解も共感も出来なかった。被害者はいつまでも加害者を恨み傷を負っているべきだとは思わないし、堂々と強く生きているのは非常に好ましい。でも最終的にスパダリ化するのはご都合がよろしすぎるのでは……何よりめぐみに一切悔いる気持ちも謝る気持ちもなさそうなのがなあ。結局一度も謝らなかったのは悪女らしいと言えばそうなのかもしれないけど。でもこのネタをやるにはこのタイプの主人公でしかあり得なかっただろうし、そういう意味では面白かった。犯人は早々に分かるけど、めぐみが酷い目に合うのは大変楽しく読んだ。もっとずんどこに落として欲しかったけど。何もかも失った割にあんまり傷はつかなかったように見えるのがなあ。
あとシリアスな話を軽いキャラたちと爽やかな空気でまとめようとするのはもう辻堂先生の作風ということになるのだろうか……

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月30日

いわゆる「悪女」ものが好きだ。読んでいて、不快感はもちろんあるが、それを上回る「悪女」は読み終わった後、爽快感がある。この作品もそういう爽快感を期待して、読んだ1冊。
3人の恋人を持ち、その恋人に貢がせて、生活をしている29歳のめぐみ。しかし、ある日、夜道で何者かに襲われ、清掃小屋に監禁される場面か...続きを読むら、物語は始まる。
監禁された場所には、脅迫文と思われる手紙が残され、その後もめぐみの周囲では不審なことが続き、めぐみは追手から逃れるために訪れた藤沢でスリに遭い、一晩の食費と交通費を工面するために参加した婚活パーティで知り合った山本と名乗る男と犯人を探ることに。しかし、山本の正体は…
携帯会社を経営する父親と、一流女優を母に持つめぐみは幼い頃からヒエラルキーのトップに君臨し、小5の時に特待生で転校してきた男の子を徹底的にいじめる。そのいじめをなぞるように、次から次へとめぐみの周辺で不審なことが起きるのだが、当の本人はほとんど覚えていない。よく、いじめられた方は覚えているが、いじめた方は覚えていないと言うのは本当なのだろうか?よくそこまで忘れられるものだと、半ば呆れてしまった。
そして、何より違和感は登場人物が全員小学校のクラスメイトと言うこと。「悪女」なのに、クラスメイトしか恋人に出来ないのか…とも思うし、主人公のめぐみが全然魅力的ではない。物語も悪女だから…と言うより、めぐみの過去が理由で起きる事件の話であり、ある意味、自業自得で、ラストも中途半端で、正直、かなり微妙だった。

このレビューは参考になりましたか?