【感想・ネタバレ】Rubyのしくみ Ruby Under a Microscopeのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年03月26日

言語の実装についてここまで細かく記載された書籍を読んだことがなかった。

構文解析に始まり、YARVって具体的に何なのよというところやRubyのしなやかな構文がどのように内部的に制御されているのかが実に丁寧に解説されている。

一度では理解しきれないが、一度読むと確実にスキルアップに繋がるのでオスス...続きを読むメ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月17日

rubyがコードをどうコンパイルするか、どう実行するかについて書かれている。
図が豊富に使われており理解しやすい。
内部の動作を知ることは言語の仕様の理解にもなるので、ruby自体に貢献したい、言語処理系を書きたい、という人以外でも読む価値はあると思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月19日

MRI のしくみを命令の実行やオブジェクトの内部構造、またブロック、メタプログラミング、GC などの機能に至るまで解説している。また、JRuby や Rubinius といった MRI 以外の実装についても解説している。Ruby が分かっていれば読み進められるが、コラムでは C で書かれた YARV...続きを読む の実装に踏みこんだ説明があるので、くまなく理解しようとすれば C の知識も若干必要。総じてディープな内容だが、個人的には継承やモジュールのインクルードがしくみから理解できたのはよかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月01日

Ruby側とVM側のつなぎが徐々に見えてくるのが楽しい。8,9章のクロージャとメタプログラミングのあたりが特に面白かった。テクニック本ではないのでRuby書くのに即役立つ感じではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月10日

字句解析→構文解析→YARV命令列
オブジェクト、クラス、ブロック、レキシカルスコープなどの技術的な定義
ガベージコレクションの説明

が秀逸。
ただし、アルゴリズムを多少わかっていないとちょっと重たい。

このレビューは参考になりましたか?