【感想・ネタバレ】太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年07月23日

ミッドウェイで負けたとは言え太平洋の戦力はまだ日本が優勢だった。アメリカ艦隊司令長官と海軍作戦部長を兼務するキング提督はヨーロッパ戦線を優先する方針を疑ってはいなかったが、ドイツに対する軍事作戦を遅らせたとしても、南太平洋戦域の安定を優先した。しかもただ専守防衛にとどまらず、ソロモン諸島への反攻をわ...続きを読むずか5週間で計画した。最初の目的地はガダルカナル。そのためには800km圏内に滑走路が必要でニューヘブリデス諸島最大の島エスピリサントの何もないジャングルが選ばれた。

この水陸両用作戦に投入されるのは訓練を受けていない海兵隊員で兵站にも問題がある。待ち受けるのは日本の古参兵だ。ウォッチタワー作戦を任されたゴームリー、空母機動部隊指揮官のフレッチャーも作戦が成功するとは考えていなかった。水陸両用部隊を率いるターナーが揚陸作戦に4〜5日かかると見積もったのに対しフレッチャーは空母を長期間配置することに反対し最終的には3日と譲歩した。4日目以降は上空からの援護はなくなる。

1942年8月7日、東京へと続く長い流血の道のりが始まった。奇襲は完璧に成功し部隊は抵抗を受けることなく上陸した。日本軍は1200km離れたラバウルから一式陸功と零戦45機を飛ばせた。保有する航空機の半数だが作戦時間は短い。米軍の艦載機も30分離れた二つの機動部隊を守るという兵站上の弱点を抱えていた。西澤広義と坂井三郎と言う二人のエースを抱える日本海軍は米軍の戦闘機20機に損傷を与えた一方、艦隊にはほとんど損害を与えなかった。米軍はほぼ無傷でガダルカナルに上陸し日本軍の残した物資を鹵獲した。

ラバウルからは三川艦隊が夜の闇に紛れてソロモン諸島を目指したが、米軍に発見されていた。しかしこの情報はターナーには伝わらず、今度は三川艦隊の奇襲がはまる。三川が怖れたのは空母だったがフレッチャーは既に引き上げを決めており第一次ソロモン海戦は日本軍の完勝だった。それでも再突入の進言を三川が受け入れなかったため米軍の輸送船団は生き延びウォッチタワー作戦の基礎は残った。フレッチャーの撤退は戦後、作戦市の中で様々な批判を受けたがこの後9月には太平洋にはアメリカの空母はエンタープライズ1隻だけになる。空母を失う危険をおかしてどれくらい同じ海域に留まらせるのか。急ごしらえのウォッチタワー作戦は想定していなかった。

失敗の本質にも取り上げられた一木支隊の悲惨な突撃を経て第二次ソロモン海戦が始まった。山本五十六の狙いは米空母であり、序盤は戦略面では日本軍が優位に立つ。囮とも言える軽空母と引き換えにエンタープライズに九九式艦爆が襲いかかった。しかしエンタープライズは痛手を負ったが沈むことなく、撤退した日本軍は制空権を失った。米軍にも多くのミスがあったがガダルカナルは米軍が支配した。三川が輸送隊を叩いていれば展開は変わっていたのだが。

ガダルカナルは消耗戦となっていく。両軍とも充分な兵站はなく、米軍は対ドイツ戦、ポートモレスビーとガダルカナルの何処に兵力を割り振るか綱引きがあった。ミッドウェイ以来の大海戦となったサンタ・クルーズ諸島海戦は空母ホーネットを沈めた日本軍が戦術的にはポイントを取った。しかし熟練飛行士を含め148人を失った日本に対し米軍パイロットの損傷は26人にとどまった。そして続くガダルカナル海戦では日本軍は完敗、米軍のレーダー射撃が猛威を振るった。

田中の輸送隊は1個師団の上陸に成功し兵力は3万人に達した。一方食料や医薬品、弾薬を届ける手段は持たず、餓島に残された日本軍は戦わずして消耗していった。日本軍は1万6千人を救出する見事な撤退作戦を成功させたが熟練した飛行士の損失は米軍の3倍以上、将兵の死者数は米軍の1592人に対し、2万人以上。米軍も一枚岩だったとは言い難いが日本軍は陸海軍間だけでなく、海軍内でも二つの司令部が別々に命令を出し連携はなかった。日本にも酸素魚雷という新兵器が生まれたが米軍はレーダーを開発し、零戦対策にも手を打った。形勢は傾き始めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月20日

近代戦では物量と兵站輸送能力がすべてなんだと分かる。
誰もが分かっていた結末を認めようとしなかった日本の指導者達が寂しい。
サイパンを絶対国防ラインと設定していたのに、そこを破られてから1年以上も戦いを強いたのはなぜなのか? やっぱり国民よりも天皇が大切な国だったんだねぇ。ま、帝国憲法はそう規定して...続きを読むいるんだから仕方ないけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月02日

太平洋戦争をアメリカ側の視点から詳細に描いた前著「太平洋の試練 真珠湾からミッドウェーまで」の続編です。続編の上巻で主に描かれるのは日本軍が消耗戦によって貴重な兵力、資源を浪費し、その後の戦況の方向性を決定づけられたガダルカナル島をめぐるいきさつです。
日本からの視点で太平洋戦争を見つめると、アメリ...続きを読むカ軍は科学的、合理的に戦略を進めてきた印象があります。ところがその裏側では、戦力を日本と対峙する太平洋側とドイツと対峙する大西洋側にいかに配分するのかという問題や、陸軍と海軍との確執など、日本軍でみられた人間的な対立があったことが語られています。そして戦場においても索敵情報が誤って伝達されて戦力の運用を誤ったり、結構ミスもしています。いかに装備が近代化されて行っても、実際に運用するのが人である以上、机上の理論通りには事態が展開しないということを改めて教えられる好例という気がします。
非常に緻密に記述されているのですが、できればそれに相応しい地図を掲載していただければ、より理解が深まったのにという点が唯一残念な点ではあります。

このレビューは参考になりましたか?