【感想・ネタバレ】暴虎の牙のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年09月26日

異様な迫力の広島ヤクザノワール三部作完結編? 本編は特に暴力が前面に出てくる。怖いけど一気読み必死の力作。三部作と言わず、続編も出して欲しいなあ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年05月09日

最期切なかった。大上のような捜査方法が許されなくなったことは良いことなのか悪いことなのか考えさせられた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月10日

虎狼の血シリーズ完結編
ガミさんの時代から日岡の時代への申し送りのような物語。やっぱガミさんいい。ラストにイマイチ物足りなさを感じつつも最高のシリーズだった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月27日

ヤクザが嫌いで敵対視をし、なおかつヤクザの邪魔をしたりする呉虎会の沖たち。
ヤクザを敵に回すとろくな事がないと色々な人から言われ、ガミさんこと大上からも警告を受けるも聞かない沖たち。

その後、ガミさんが亡くなり、日岡に受け継がれるのですが、日岡に沖は止められるのか?

沖の目的は、どんどん...続きを読む現実離れしていくように見えていきます。でも、それを本人が1番気が付かない。

だから、周りが教えるも耳を貸さない。

刑務所から出ても、なんで大上に情報を渡したのか?という疑問はなく、情報を渡した人間が許さないと、血眼になってその人間を探します。

いや、それは違うんじゃないの?と思っているうちに物語は進み、最後は、えっ、そうなるの?っと驚きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月23日

「孤狼の血」シリーズ三部作最終巻。
ここでは大上も日岡も狂言回しになり、凶暴かつ時代遅れとなった男の姿を描いている。
暴対法の時代ではありえないのだあるだろうが、そこに作者が好きだという「仁義なき戦い」のオマージュを感じる。
かといって存在感は大神が一番あることは変わりなく、このシリーズが大上の作品...続きを読むであることを感じる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月14日

孤狼の血シリーズ完結編。
時系列は逆上りまさかのガミさん登場。やっぱりしっくりくるわぁと感動しつつも荒々しい沖のやさぐれっぷりがメインで描かれる。後半は時代の流れのなかで取り残されていく沖と日岡刑事の攻防。悲しくて読んでいられなかった。ラストも予想はついたけれどこれで本当に完結なのだろうか。殺伐とし...続きを読むすぎているような。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月13日

「孤狼の血」シリーズ、三部作の完結編。

前作の「凶犬の眼」で主役は大上から日岡に移ったのかと思ったが、今作はかつて大上が目を掛けていた、愚連隊の頭目・沖虎彦が中心。大上の時代と日岡の時代の2時代に渡って描かれるが、沖のその暴れっぷりはまさにタイトル通り。云わば、ガミさんの置き土産的な存在なのだろう...続きを読むが、にしても、コントロール不能な凶暴さ。暴力の中心にいながらどこか芯は一本通っていて、魅力のある沖だったのに対し、暴対法施行後の時代への変遷に対応できず、自身の破滅へと堕ちていくしかない彼のその後の姿が切ない。最後は予想できていたけど、それでも衝撃的だった。

これでシリーズ完結ということですが、日岡をもっと描いて欲しかったのが正直なところ。まだまだ日岡覚醒の物語を読みたかったのに、、、。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年01月09日

大上と日岡が両方出てきて、前作二つを読んでいた身としては嬉しかった。物語は、沖が大きく暴れ出すと思ったら、突然収監されて時が飛ぶという展開に驚いた。最後は時代に取り残されて悲しい結末。でも納得いく終わりでした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年12月21日

大好きなシリーズ。
日岡の続きじゃなく、若かりし頃のガミさんの姿。
やっぱガミさんがメインじゃないと、物足りなさを感じる。
前半は愚連隊の沖との抗争。ガミさんは沖の敵か味方か。
刑務所から出てきた沖、親の心子知らずというか、ガミさんの温情も分からず、全くの成長見せず。
沖がガミさんの気持ちを汲み取り...続きを読む、改心でもしてるのか的な展開を期待してたが、最後は無情すぎるな。これが運命なのでしょう。

まだまだこのシリーズ読みたいなー。完結なの?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月17日

待ちに待ったシリーズ第三部
当然、日岡のその後だろうと思ったが、違っていた

大上が第一部で非業の死を遂げてしまい、第二部では日岡の思い出としてしか登場せず、物足りなく思っていたが、この巻では、大上が再度登場する

この巻の主人公の愚連隊、呉虎会のリーダーである沖虎彦

前半は、ヤクザのシノギを横取...続きを読むりしたり賭場荒らしをしたり血気盛んな十代二十代の沖と大上との関わり

大上は、幼い頃から父親の暴力に痛めつけられてきた沖のヤクザをものともしない肝の座った態度を見込み、五十子会潰しに使えるのではないかと考えるが・・・

大上が沖を刑務所に送り、20年の懲役を勤め出所してきた沖を日岡が追うことになる

20年の時を経て、沖虎彦という人物を通して、大上と日岡が結びついている
何と洒落た話の構成だろうと感心してしまった

大上のトレードマークともいうべき白いパナマ帽は、こうして手に入れたものだったのかと今更ながら合点がいった

前作にもまして、目を背けたくなるような残酷で壮絶なリンチの場面が多く、女性がここまで書けるのかと思ったがその反面、大上が愛する妻子を失い、うなされる場面や沖虎彦の悲しい生い立ちなど切ない場面も多く、このあたりは女性目線なのかと思った
単なる暴力団の抗争劇ではないように思った



このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月03日

シリーズ3作目とあって、日岡の破滅を描くものとばかり思っていたら愚連隊の話になってしまった。その代わり若き日の大上が描かれており、大上はカッコ良かった役所広司が脳内で演技してくれた。主人公沖は20年の懲役を食い暴対法の時代を知らなかった、それに沖の命を救うための大上の温情だったこと気づかないバカだっ...続きを読むた、もう誰もついていけない。殺した自分の父親と幼なじみの元と一緒に埋められることになり、愚連隊、暴力団の末路を描いている。日岡と一ノ瀬がこのままと言うのは虫が良すぎるように思うが、彼らの末路も描いて欲しい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年11月22日

ガミさんの死に方と、虎の捕まり方、日岡の役回りに少し??があったが、、、
最後まで飽きずに読み進めることが出来て、「まさか」の結末!
面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月26日

「孤狼の血」「凶犬の目」に続く広島を舞台にしたヤクザの面々と警察のガミさん、その愛弟子日岡との世界を描く3部作の完結編。今作ではヤクザを憎む愚連隊の頭、沖虎彦を中心に前2作よりハードな描写が展開されるが、舞台は2作目よりも遡った時代で再びガミさん登場。堅気を傷付ける、筋の通らぬ不義理を働く輩を憎む一...続きを読む方で、無茶せざるを得ない背景が理解出来る輩に対するガミさんの優しさが見え隠れするガミさんワールドを堪能させてくれる。呉寅会創設以来の幹部、沖、三島、元の3人の関係性の描写や、その関係の発端が漸く終盤になってから描かれる事で結末の余韻を盛り上げる構成は流石です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年09月03日

この、大上、日岡のシリーズの完結編ということで、文庫版になるのを待つことなんてできないよ!と、勇んで入手しておきながら、春先からの色々とゴタゴタした中で、自分の興味もキョロキョロしていてなかなか着手できないでいました。

でも、読み始めたらあっという間!要するにこういう、警察とヤクザの対立構図の中で...続きを読むの警察対警察、ヤクザ対ヤクザの息詰まるスリリングな物語が好きなのですね、ボクは。

この作品については、完結編、という言葉にものすごく引っ張られたのですが、読後感としては、「え?これで完結ですか?」という感じ。日岡はこのあとどうなってしまうんだろう?三島は?呉寅会は?他のヤクザ組織は?…沖の一生を辿ることはできるけれど、その他は?

かなり消化不良な感じで終わってしまった気がします。

柚月さんにはぜひ、前言(完結編宣言)を撤回して、大上、日岡と続く警察側の流れも膨らましてこの物語の世界を広げていって欲しいなぁ、と心から願っています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月05日

骨のあるハードボイルド小説。

極道と刑事という歪な世界が描かれているが、なぜか彼等の美学に共感してしまう。美しいと思ってしまう。

キャラクターが立っていて三部作まとめて、とても完成度の高い物語。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年09月22日

表題通りの内容だが泣き続ける虎だとも感じた。ラストは少し意外だった。元と真紀が結婚するくだりもそうだが、三嶋が大上にチンコロする経緯が1行余りで済ましているのは非常に残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月13日

映画化された「孤狼の血」シリーズの完結編ということで楽しみにしていた作品。広島を舞台にしたヤクザものでいわゆるマル暴デカが主人公。映画化された一作目で主人公が殺され、二作目はその弟子に当たる刑事が主人公になっていたので本作はどうするのかなと思っていたら、一作目よりちょっと前の時代設定で一作目の主人公...続きを読むが主に活躍し、相手役が懲役を終えた時には二作目の主人公が登場する、という設定で上手いこと考えたなと。物語は既存のヤクザ組織に対抗しのし上がっていく愚連隊と彼らにある程度の共感を持ち最悪の状況に陥る前にその動きを止めようとする清濁併せ呑む...濁が幾分多い気がするけども...のマル暴デカ、という話。前二作に比べてちょっと血腥いシーンが多いかなという気がして物語に乗り切れなかったな、というのが正直な感想。バイオレンスが平気、または好き、という方には良いかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年05月01日

平成16年、懲役刑を受けて出所した沖が暴走を始めた矢先、かつて大上の薫陶を受けた呉原東署の刑事・日岡が沖に接近し…。「孤狼の血」シリーズ完結編。

3部作を2~3年ごとに読んでいるシリーズ。私としては1作目の「孤狼の血」がいちばん魅力があったかなと思う。2作目で主人公だった日岡が本作ではイマイチで、...続きを読むこれでシリーズ完結編とはやや拍子抜け感があった。
(Ⅽ)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月04日

「虎狼の血」三部作の完結編。
オーディブルで聴く。

この世界は大好きなんだけど、三部作の終わり方としてはあっさりした感があり。

こういう話に大団円を求めちゃいけないんだろうけどね。
終盤の沖の姿がもの哀しくて、なんだかなぁ…つらい。

それにしても、ガミさんの漢っぷりには惚れる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月19日

「孤狼の血」シリーズ完結編

マル暴刑事の大上と日岡の前に現れた 暴虎 沖 虎彦

世代を越え、二人の前にいる沖は最後の極道か……
広島を暴れまわる愚連隊 呉寅会、極道がなんぼのもんじゃ‼

広島最大組織の五十子会との抗争の匂いをかぎとり、沖を止めようと奔走する大上。時は移り、懲役刑を20年経て、出...続きを読む所してきた沖は再び暴走を始める……
世の中は暴対法が施行され、シノギもままならない。変わってしまったこの世界で、沖は生きていけるのか?
かつて、大上の薫陶を受けた日岡が動く……
沖を止められるのか……

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品レビュー