【感想・ネタバレ】アメーバ経営のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
購入済み

お金の使い方を考え直した

たられば炒め 2021年01月10日

この本を読んでお金の使い方について考え直すことができました。

他にもダブルチェックの重要性を学ぶことができました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月03日

アメーバ経営の仕組みについて一定の理解は得られたが、感想としては「こんなこと真似してできることじゃないよなあ」でした。人のこころをベースにした経営管理システムと表現されている通り、優秀なリーダーが大きな権限と責任を行使することがシステムを成立させる前提にあるように感じます。
ただ、アメーバ経営自体が...続きを読む単なる高収益を上げる仕組みではなく人材育成システムの側面も強いことを鑑みると、原理原則をベースにできることからシステム化していくことが実現のポイントなのかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月23日

アメーバを統制する経営哲学、経営理念と制度の繋がり。お飾りになりがちな経営理念を制度と一貫したものとする重要性。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月07日

20180807


アメーバ経営の導入が必要なほど末期症状に来ている当社。でもどうやら経営者達は聞く耳持たない感じ。
残念。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月24日

11稲盛和夫『アメーバ経営』(2006)
確固とした経営哲学とそれに合致した経営管理システム
・経営哲学:全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。←社員は自分の一生を託して入社してくる
・経営管理システム:アメーバ経営
@cpa_1992 あくまで、まず経営哲...続きを読む学ありき。それをベースに経営管理システム。
アメーバ経営の目的
1市場に直結した部門別採算制度の確立
2経営者意識を持つ人材の育成
3全員参加経営の実現
@cpa_1992 1:京都セラミックのような受注生産メーカーだと、数ヶ月前の過去のデータは不要。
2:経営者の話がピンとこないのは会社の全体像が分かっていないから
@cpa_1992 アメーバに切り分ける条件
1利益セクター
2最小事業単位
3全社方針と合致。例えば、お客様第一主義なのに、営業部門を受注・納期の管理運営・代金回収という切り分け方は不適切
@cpa_1992 経営管理部門が果たすべき役割
1アメーバ経営を正しく機能させるためのインフラ作り
2経営哲学と合致
3経営者の視点で捉える
4経営者の視点を伝える。複雑なことをシンプルに。
5一貫性
@cpa_1992 標準原価計算だと、製造は目標原価内で製造することが目的なので、自ら利益を生み出すという感覚(物心の心の部分)が生まれない。
@cpa_1992 京セラ会計原則
1 一対一対応の原則
2ダブルチェックの原則
3完璧主義の原則
4筋肉質経営の原則
5採算向上の原則
6キャッシュベース経営の原則
7ガラス張り経営の原則

@cpa_1992 アメーバ経営の凄みは、第一に経営哲学で、それに合致する経営管理システムという順序付けを行った点と、全従業員が経営者視点を持つ機会を与えるためのプロフィットセンターによる経営管理システムではないか……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月01日

原理原則的なことが具体例を上げて書かれており、非常に参考になった。会社でアメーバ経営を導入していますが、実践する上での葛藤に対して、どのような点を大切にしていけば良いのかの記述もあり、分かり易かった。単純に経営手法として制度だけ導入しても上手くいかず、あくまでフィロソフィとの両輪なのだと感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月22日

読んだ気になってたけど、実はちゃんと読めてなかった名著。経営者発想ってどういうことなのか?の精神論と根本理論が理解できる。自分のシゴトへの取り入れ方、アタマ使わんとあかんな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月13日

読んだ感想
稲盛和夫の経営哲学が盛り込まれた本だと感じた。
独立してから色々経営に苦心しながら一生懸命社員のこと、社会のことを思って現在の経営理論を構築していったことが伝わってきた一方で、アメーバ経営は、「言うは易し、行うは難し」で非常にシンプルな理論であった。

アメーバ経営で重要なことは3つ。
...続きを読む1.社内売買の仕組みと時間当り採算
→従業員のコスト意識UP
2.業績の透明化
→従業員の経営意識UP
3.アメーバリーダー人材の登用と育成
→年計、月次予実管理とやり切る力

※その他、賃金によるモチベーションは危険

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月24日

製造業に関係ない偉い立場の人にも人気があるのは、生産効率の話ではなく会計の話だったから。
JALでも通じますよね、そりゃ。
どんぶり勘定を各部門に分散してるけど、どんぶりであろうとも勘定があるだけマシ、しかも、管理部門に管理会計機能を集中させて強化するより、どんぶりでも各部署にある方が、経営楽でした...続きを読む、というお話。

KGI、KPIの話と通じますねこれ。ただし、会計に乗らない取引をどう管理するかは別の話。アメーバ経営なら労務時間を管理してますが、耐用年数や楽しさなどの品質はどうか。ということで星4つ。

でも、それはさておき、管理部門に人入れるより、どんぶり分散して入れた方が今の経営状態がわかって良いですね。 
そして、フィロソフィーに従業員の幸せに言及してるところも。京都は、お土地柄入れざるを得ないんですけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月10日

アメーバ経営について理解が深まった。業績管理に有用であるとともに、リーダー育成も意図している。フィロソフィーをどのように徹底させるかが重要であると感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月16日

アメーバ経営と耳にはよくするけどちゃんとは知らなかったのでとても整理できた。仕組みだけでなくフィロソフィが大事なんだろうな。
採算がすぐにでない新規事業のアメーバをどう扱うのかが気になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月19日

営業部門の利益を口銭と位置づけて管理するという発想はなかったので斬新だった。ビジネスユニット制などでなく、製造部門と販売部門のが別れている組織には凄く良さそう。
改めて稲盛さんの経営は、何事もシンプルにかんがえる哲学に基づくんだなぁと実感する

2020.1.12?〜16

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月04日

管理会計の世界ではマイクロ・プロフィット・センターとして言及されることの多いアメーバ経営。あまり突っ込んだ知識はなかったので、単なる思い付きだけで読んでみました。読破して最初の感想は、面倒くさそうの一言。かねてよりアメーバ会計が長時間労働につながってるという指摘があり、良い意味でも悪い意味でも手間が...続きを読むかかって重装備というかマイクロ・マネジメントな所が日本的です。また、やはり経営者が書いた文章なので、会計技術よりも「フィロソフィー」といった精神論に力点が置かれていて読むのに疲れました。手間や面倒を克服するのは、やはり精神論だということでしょうか。ただ、アメーバ間を移転価格で採算管理する細かな技術は参考になる部分もあり、管理会計の思考実験としては面白いと思います。いずれ機会があったら会計的な観点から書かれた本で復習するかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月11日

オリジナルにして完成版、の「アメーバ経営指南書」です。「稲盛流、経営の極意の書」と言えるはずです。
最近は、「フィロソフィ」の側面に焦点が当たることが多いですが、稲盛流の起点はアメーバ経営の方だと感じます。

会社の中にいくつもの小さな責任単位をつくり、そこでリーダーが経営者となって動いていく組織。...続きを読むどこの誰でもそれは理想であるというはずです。

何もないところからここまでたどり着くことができる。そのことに驚嘆します。そして、成功してきた、という事実。

モノスゴイ日本人、の一人が書いた、モノスゴイ一冊。文庫本価格で買えてしまうのが嘘のようです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月04日

あまりメジャーではない切り口で、京セラの稲盛さんが経営実務の中から「こうすればいい」と編み出したロジックで独特です。経営学のタネ本を何冊か読んでおいて、行き詰まった時に読めばいいと思います。管理部門で働く人におすすめ。これから経営や、管理会計を学ぼうとしていて、自分の部署では営業のことも知っておかな...続きを読むくては、いけないんだよね、って人に刺さる本です。

簡単にいうと、組織をアメーバ集団に分ける。一人一人が経営意識を持ったアメーバ集団にする。時間あたりの生産性を経営指標にする。この3つを実務に落とし込んで繰り返しおっしゃっている本です。

 印象に残ったエピソードが、ねじ一本がある工場に落ちていたに、「会社のお金だから、いい加減な気持ちになるんだ。自分のお金だったら身を切られる思いがするはずだ。それだけの気持ちを持って仕事に取り組んでほしい」と社員に行ったことです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月28日

京セラやJALの代表取締役を務められた稲森氏の経営戦略のひとつであるアメーバ経営について書かれた一冊。

労働者と経営者がより近い距離感で仕事をしていくために経営感覚をもってもらうため事業単位で売り上げを高めて経費を少なくすることを目的としたアメーバ経営
を構築されたのですが、ただ作るだけではなく、...続きを読む氏の掲げる人として正しいと思うことというフィロソフィを重点においたり、適宜、アメーバの形態を縮小したり統合したりして変えていくことや部門間の不公平観をなくしたりと様々な企業で実績をあげてきた理由がわかりました。

時間当たりの採算を出すことで会計に詳しくない人でも
自分やアメーバ単位の組織、会社がどういう方向にいけばいいのかが明確に理解でき行動できるシステムであると読んでいて感じました。

原価の積み重ねからアメーバの社内売価を決めるのではなく、実勢を反映して製造部門と営業部門で社内売価を決めていく方式や受注生産方式と在庫販売方式で製造と営業の利益の概念を変えつつも双方ともに公平感のある
仕組みになっているのには読んでいてなるほどと感じました。

ただ氏が最後に書かれているように素晴らしい経営管理システムを構築しても、それを使うメンバーやリーダーが強い意思を持って経営に参加する意識がないと難しいということも感じました。
氏の考えとアメーバ経営の仕組みが上手く組み合わさって今日の地位を築けているということだと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月06日

柳井正 推薦のプロフェッショナルマネージャーにも共通することが数多く書かれていた。
経営者は99%ではダメ、必ず100%を達成しなくてはならない。など

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月29日

各アメーバを経営者のように考えさせるのは大事。そもそもピラミッド構造は他人任せ責任逃れが横行する。上の指示待ち体質を脱却させる意味においても構造として面白い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月22日

第五章の2節「アメーバ経営を支える経営哲学」がしびれる。よく上司が言っていることとかぶる。みんな読んでるということか。今度、それはアメーバですねと言ってみよう。。
・値決めは経営。営業の使命とは「この値段なら結構です」とお客さんが喜んで買ってくれる最高の値段を見抜くことである。これより安ければいくら...続きを読むでも注文がとれる。これより高ければ注文が逃げてしまう。そのぎりぎりの1点を射止めなければならない」
・リーダは値決めを行う瞬間にコストダウンの方法を即座に指示しなければならない。「大幅な値下げをしても、なんとしても採算を出すのだ」という強いリーダの存在が会社の運命を分かつことになる。
・能力を未来進行形でとらえる。今は不可能でも可能にする意気込みで案件を獲得する。
・外部委託比率を下げて付加価値(付加利益)に着目せよ。
・リーダ自らが陣頭指揮をとれ。
等の金言が並ぶ。一読の価値あり!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月17日

組織を小集団に分け、市場に直結した独立採算制により運営し、経営者意識を持ったリーダーを社内に育成すると同時に、全従業員が経営に参画する「全員参加経営」を実現する経営手法。
考え抜き、苦労し、作り上げてきたことが伝わってくる。従い、非常に具体的で、実践的な経営手法。
考え方としては、今では新しい手法で...続きを読むはないと思うが、その思いは今でも十分伝わる。

このレビューは参考になりましたか?