【感想・ネタバレ】ミッション  のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年12月18日

丁度岩田さんがCEOをされていたときにスターバックスコーヒーにアルバイトPTRとして働いていて、身をもってmissionというものを体験、体感したと思っています。
100%理解して働いていたかは自信がないけど、あの時にスターバックスコーヒーのmissionに触れていたからこそ今があると思えるのです。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月26日

・この工場の工程で価値を生んでいるのは、鉄板同士が溶接されてくっつくということだけ。あとは何も関係ない。部品の搬送をどう効率的にやろうが、会議で何を話し合おうが、それは本質的に価値を生み出していない。あの火花が散っている瞬間だけが価値を生み出している
・火花を見ようと意識している人だけが、本質的な価...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月30日

働く上で、ミッションを持ち続けることの大切さと、持ち続けるためのコツをメインに書かれた本。

著者が体験したザ・ボディショップとスターバックスでの素晴らしいエピソードも具体例としてふんだんに盛り込まれており、読み終わるまでに何度泣いたかわからない。

ビジネスマンとして、否、それ以前に1人の人間とし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年03月07日

自分はなんのために働くのか.
会社は誰のため,何のために存在するのか
何のために利益を出すのか
 ー何に喜びを感じて欲しいのか

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月13日

初めて読んだ時には強い印象は持たなかったけれど、仕事で悩んでいる時に気付けばいつも読み返している。日々の忙しさでつい忘れてしまっている、何のために働くのかということを思い出させてくれる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月15日

作中「ミッション」という言葉が何度も出てきており、働く上でどういうマインドでいるべきかを考えさせられる本。著者自身の話が色濃く出ており、いつか読み返したくなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月15日

本棚に置いておき、時々読み返したい一冊。
主にスターバックス、ザ・ボディショップの2社でのCEO経験が書かれているが、たくさんの本が出版されているスターバックスでのことよりも、ザ・ボディショップでのことの方が新鮮で印象に残った。
全体の中では第4章は「ミッションとは」といった内容が書かれていて、第5...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月04日

岩田節全開の一冊。integrityの重要さ。情熱を持って生きることの面白さ。
ドラッカー、現代の経営の一節をどうするものか。情熱を武器に面白く生きるのが、一つの解だと感じる。「真摯さは習得できない。仕事についたときにもっていなければ、あとでみにつけることはできない。一緒に働けば、その者が真摯である...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月01日

●どうしても「ミッション」という表現が自分の中ではしっくりこなく、理解しづらかったので、内容的には★5つなのだが結果的に★4つとした。

●「あなたの好きなこと」と「あなたの得意なこと」、そして「何か人の為になること」の3つの重なり合った部分が自分のミッションであると著者は言っている。この考え方には...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月23日

元ボディショップ、スタバのCEOのミッションドリブン経営の奨め。こういう風にチーム運営ができればいいのだが、なかなかできない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

元BodyShop、スターバックスのCEOであった岩田松雄さんの著書。企業がミッションを持つことと、従業員がミッションに共感しながら働くことの重要性が描かれている。

The Body Shopの創業者アニータ・ロディックとの交流や、スターバックス中興の祖ハワード・シュルツとの面接時のエピソードな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月29日

人生*仕事の結果=考え方*熱意*能力
好きなこと、情熱を持って取り組めること
得意なこと、世界一になれること
何か人のためになること、経済的原動力になるもの

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月29日

企業は社会をよくするためにある。
それが企業のミッション。

利益は事業を継続するため、働く人たちの待遇を改善し、より良い仕事ができるようにするためにある。

企業はお客様と社員、すなわち「人」を一番に考えなければならない。

文字にすることは評論家でもできるが、著者が自分で失敗しながら実践してきた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月17日

自己の存在する理由であり、働く理由であり、行動指針。ミッションを理解できると、行動が変わるという内容に賛同。何をすべきかが自ずと見えてくる状態は心地いいと思える。
この本ではBtoC、オフライン型のビジネスを中心に話しているので、その点は自分のおかれたものと違ったが、差し引いても読んで良かったと思え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月17日

企業にも人にもミッションが必要だ。
企業にも生き方があり、それはミッション(理念)に基づくものでなければ人はついてこない。
人も同じ。何のために生きるのか、何のために働くのか、自身のミッションを持つべき。
そのためにやるべきこと、習慣についても提言している。
会社の後輩に勧められた本ですが、非常にた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月14日

以前読んでみたいな〜と思っていたこの本をちょうど本屋の棚で発見。リーダーはミッションを掲げ社員もミッションを理解し自分で考えて行動することが大事、マニュアルにない事態が起こったときに最善の対応ができるように人を育てる---という点に共感した。火花が散る瞬間を大切にするというのも、納得できた。スタバに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年08月17日

丸野さんの紹介で読破。うん。面白い。基本的にビジネス書ってどれも同じようなことを書いてあって、この本も実はその類ではあるんだけど、非常に読みやすかった。あなたにとって仕事=ミッションとは何なのか。何のために仕事をしているのか、それなくして、大成は出来ないと解く本。大まかな内容に加えて、小手先の仕事術...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月15日

以前読んだ本とだいぶ中身はかぶっていたものの読みやすかったので一気に読み切った。
火花散る瞬間はどこなのか。自分の仕事でも探していきたい。今の仕事で世の中を良くするには・・・みんなを笑顔にするには・・・考えていきたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年10月30日

ーーーーー↓甲斐2014/10/30↓ーーーーー
【概要】
 元スターバックスCEOの岩田氏が感じている「ミッション」「ビジョン」「パッション」について実体験を基にわかりやすく書かれている。
【評価】
 75点(自分はなぜ働くのか、何のために働いているのかを改めて考えてみるきっかけになった。興味があ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月13日

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
まとまった「考え事」の時間を作ってみよう
僕たちは何を、誰に、売っているのか? →考えてみよう

メルカリ売却済み

このレビューは参考になりましたか?