【感想・ネタバレ】ドン・キホーテ ─まんがで読破─のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月05日

ドン・キホーテ。全然話を知らなくて、勇敢な冒険家の物語なんだろなぁ。と思ってたら、ある意味合ってるけど、設定は全然違った。予想外でおもしろい。マンガとしてもコミカル要素がよくでてて楽しく読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月19日

ドンキホーテの名前は知ってたけど、物語を知らないということで。
老人が友人である隣人をつれて旅に出る物語。老人は日々の田舎での生活になにか物足りなさを感じ、それを紛らわすために書斎で本を読みまくる。そこで多く読んでいただき騎士の話に憧れを持って旅にでる物語。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月28日

まんがで読破を読破するシリーズ。
愉快な老人が、仲間を連れて冒険する話ってざっくりと知っていた程度だったけど、こんなオチだったのね。
とりあえず、ドンキ・ホーテではなく、ドン・キホーテってことはしっかり肝に銘じておく。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月29日

こちらも舞台を観るための予備知識として読みました。表情が豊かに描かれていて、すっと頭に入りました。『見果てぬ夢』の意味が分かって、良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月08日

むかし岩波文庫版の小説は読んだけど、全然覚えていないし、面白かった記憶もない。
それに、このマンガはすごく短いけど、小説はすごく長い。
何が違うんだろう?手元にないので判らない。
再度、小説を読み直すべきだろうか?

このマンガを読んだのは、小説は面白くなかったが、ドンキホーテという話には興味がある...続きを読むので、面白さのエキスだけでも得たいと思ったから。
でも、このマンガ自体も中盤はあまり面白くない。なぜなら舞台は平和な世の中なんだから。突然騎士が現れても面白いわけがない。おそらく小説がつまらなかったのも同じなんだろうと思う。
とはいいつつ、マンガはやっぱり表現が豊かだから、風車に戦いを挑むシーンなんかは、すごくドラマティックで面白い。
またラストは、登場人物がセリフ以上に表情で語るので、それもまた面白い。

というわけで、全くドンキホーテを知らない人にはお勧めだと思う。
それにしても小説はなんであんなに長かったのかな。それが気になってきだした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月18日

多重構造の叙述形式を取っ払って、
騎士道物語を読み過ぎた老人が伝説の騎士に扮して旅に出る、
シンプルな話として描かれている。
従って、読みやすく、わかりやすい。
但し、ストーリーはサラッと流れ過ぎて凄くアッサリ。
それでも今まで読んだこのシリーズの中では出来がいい方……かもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月14日

原作を読んでないので、どれだけ忠実に書かれているのか知らないけどわりと楽しめた。Rシュトラウスの曲を聴くにあたって予備知識をつけるために利用した。

このレビューは参考になりましたか?