【感想・ネタバレ】心臓外科医の覚悟 医師という職業を生きる のレビュー

値引き価格 440円 (税込) 2月27日まで
通常価格 628円 (税込)
4.3
6件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月27日

<ポイント>
結果を出すことが重要
どんなに頑張っても結果に繋がっていなければ意味がない
頑張って診断できても治療できていなければ意味がない

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月28日

著者、山本晋氏の学生時から心臓外科医となり、現在に至るまでが綴られた読み応えのある一冊です。
医療関係や身内に医療系がいる場合にはまだしも、病気や怪我などをした時にしか行かない場の、仕事の内情など知る由もありません。想像以上にハードな中でも志し高く。
日本人の三大死因(癌、心臓病、脳卒中)の一つでも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月06日

救急救命に興味を持ち、医者になった著者が心臓外科、大動脈外科医として経験を積んでいく中で得た仕事感やプロとしての心構えを自身の経験を交えながら記した一冊。

医療に関わっていない人でも、参考になる考え方、ハッとするような言葉が書かれている。

久しぶりにいい本に出会ったと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月19日

とても参考になった。心に残った箇所を抜き書きする。「手術は手でするものではない、頭でするものだ」頭で手術の工程を何度も反復して、シミュレーションを繰り返すことである。そして、それは一度見た手術を、手術が終わった後に、逐一ノートに書き写すことによって可能となる。(略)手術を見ることは技術のインプット(...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月19日

アウトプットの手段として、見たもの、学んだものをノートに書く。

自らの疑問に、自身で考え、調べ、そのあと相談、質問に行く。

自分で決めた以上は、どんな困難に直面しても、それを突破しなくてはいけない。これを乗り越えてこそ強くなれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月05日

この著者には、真面目で無骨な印象を受けた。なんとなくだが、福島孝徳医師とは対象的なイメージ。いろんな医者がいる。

このレビューは参考になりましたか?