【感想・ネタバレ】戦争と平和 ─まんがで読破─ のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年06月28日

ナポレオンとロシアが戦った時代の話なのですが、これも、真面目な人、不真面目な人、美しい人、美しくない人と、それぞれのキャラがイキイキと登場して、その時代を生きていたであろう人たちの感情や生き様に惹きつけられました。やっぱり戦争はイヤだなぁ。
男たちは戦いたがって困る。
これを読んで、ナポレオンの盛衰...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月12日

薄い文庫サイズに漫画で書いてあるので、まぁ、あらすじを追うだけの内容ではあるとおもうのですが、この作品はよかったです!

人は歴史の歯車に過ぎない。それは庶民であっても王侯貴族であっても同じ。そして、人々の振る舞いは決して歴史に記録されるものではない。

まさに真理を突いたものと思います。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月28日

まんがで読破を読破しようシリーズ。戦争と平和は文学史で名前を知っただけで、トルストイなんて読んだことはない。
ホントはロシアとフランスの戦争をたっぷりと描いていたんでしょうが、ピエールとナターシャとアンドレイの恋愛話しか印象に残ってないですね。
あとは、これがナポレオンを破った冬将軍かっていうのも思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月05日

最後のメッセージ
「歴史に平和が記されることはない。
人は歴史を構築するための歯車である。
しかし、それでも人は人として生きる。
人を愛し、子を育み、友を助け、敵を許し、共に笑い、幸福な生活を望み、人生
を築いていく。そして、それが歴史に記されることは決してないのだ。」

タイトルの戦争は、ナポレオ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月05日

 ものすごい大作を、ものの30分もかからないくらいで読めてしまう漫画にまとめてしまった本。
 8人の登場人物が出てくるが、原作は登場人物たちの名前が途中から変わったりして、とても読みにくいそうだ。始めの方こそ、誰?と思うことはあっても、基本的には分かりやすく、最後まで一気に読める。この時代のヨーロッ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月19日

面白いストーリーだった。

マンガだけど、ドストエフスキーと同じように、
ロシア文学の面白さを垣間見た気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月01日

トルストイの「戦争と平和」のマンガ版。

ナポレオンが悪魔みたいな顔で登場します。


本来、戦争とは?とか、平和って。。。

って考えるべきものだと思うのですが、

このマンガ版だと正直、かるーく流されてる感がありました。

このレビューは参考になりましたか?