【感想・ネタバレ】遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変えるのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年03月30日

題名の印象より、内容はある個人やその家族に起こった病気を事例中心で、読みやすい。 家族歴という、意外に簡単に作れるもので、自身の病気に対する対応策などを考えるきっかけにもなるなど身近な役立つ情報も多い。
遺伝子医療ということで、山中教授の成果にも触れられていたりする所も身近に感じて読みやすい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月19日

2003年のヒトゲノム全解読はどういう風に医療に影響を与えるのか。
グーグルの共同創始者サーゲイ・ブリンは妻から個人相手のゲノム(遺伝子情報)検査会社23&ミーを創業するにあたって最初の被験者になってほしいと頼まれ調べた結果80才までにパーキンソン病になるリスクが74%と言う結果に衝撃を受ける。彼は...続きを読むブログに「自分がその病気になる前にその病気を支援する行動を起こすこともできる。ぼくはとてもラッキーだ。何十年も前から心の準備をしているってことだ」と書いた。

個人の遺伝子を調べてわかることはどういう病気にかかりやすいかの統計的なリスクの情報であり、実際に病気になるかどうかは環境因が大きくてわからない。できることは自分の遺伝的な傾向から生活習慣を変えることなのだがその内容は例えば、タバコをやめる、バランスの良い適量の食事をとる、適度な運動を心がける、規則正しい生活をする・・・と実はゲノム検査をしなくてもアドバイスの内容は変わらない。実際のリスクを意識することが行動を変えるきっかけになるかどうかと言う違いのようだ。

一方で病気になった際の薬の選択ではゲノム情報は有益である。薬の機能はある生理的な反応を助けたり、抑えたりするのだが生理的な反応の設計図は遺伝子に書かれている。そのため薬の効果や副作用の個人差はゲノム情報を知ることで効果的になり効果が薄く、副作用ばかりが大きい治療を避けることができるようになる。

遺伝子の病気の代表ががんだ。傷ができときに修復するために細胞増殖を進める信号や抑える信号があり通常は遺伝子によりこの信号のオンオフが制御されている。細胞分裂の旅に遺伝子はコピーされるのだが実は毎日ミスコピーは起こっているが、DNAには修復機能があり問題にならない。分裂を繰り返すとだんだんと修復されない遺伝子が増えて行き中には細胞増殖の信号を出しっぱなしにする遺伝子がある、あるいは抑制する信号がでない場合も。つまりアクセル踏みっぱなしやブレーキが無い細胞があり増殖を繰り返すと腫瘍になり最後にがん化する。たぶんがんの転移と言うのはこの壊れた情報を持つ遺伝子が別の組織中に引っ越しすることだ。

以前に読んだ立花隆の「がん生と死の謎に挑む」ではがんは治らない病気だったが特定の遺伝子と薬の組み合わせでは治療が可能なケースが増えてきている。他の病気も含めてパーソナル医療の時代が始まろうとしているようだ。しかし癌のリスクを高める点で喫煙に匹敵する遺伝的な因子は見つかっていないということからは遺伝的な要因以上に環境因や生活習慣の重要性が高い。

原題は「The Language of Life」内容的にはこちらがあってると思う。しかしインパクトを考えると邦題もまあいいんじゃないか。今年の100冊目は遺伝子医療の入門書でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月27日

ものすごくおもしろい!そしてとってもわかりやすいところがすごい!
たくさんの実例を交えて書いてあるから小さいストーリーがいっぱい入っている感じで読みやすいし、すべて医者側からじゃなく患者側から見てわかりやすい書き方になっている。

この本を読んで、自分の家族の病歴を自分が把握してる範囲で書いてみたり...続きを読むした。民間の遺伝子診断も受けてみてもいいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月06日

バイオ研究に於ける世界最高の研究機関であるNIH、その所長Francis S. Collins氏が著した"The Language of Life"の日本語版です。

世界のゲノム研究を率いる著者がその経験、研究成果、研究の現状を書いた本であり、非常にセンセーショナルな内容になっ...続きを読むています。ヒトゲノム解析センターでもこの本は非常に有名であり、誰しもが薦める本になっています。

内容はヒトゲノム解析、HapMap計画の成果、ゲノム解析技術はどこまで実用化されており、近い将来どのような適応が可能であるか、です。

人のパーソナルゲノムが関わる疾患に関する叙述が多く、やはり将来のパーソナルゲノム医療、メディカルゲノム領域を見越して関われた本であることは明らかですが、それに加えて運動能力、知能、精神疾患、タバコ依存症などの遺伝的要因についても触れています。これら全て、内在因子と環境要因のどちらも関わっている事象であること、知能に関しては、関わる遺伝子が多すぎるため、個人の知能の50%は遺伝子で決まると分かっていながらも、知能の高い人間を調節するのが余りにも困難なことなどが書かれています。全体としてはやはり、ゲノムに関わる疾患研究、パーソナル医療、将来への展望です。

この本の大部分を占めるパーソナルゲノム医療、メディカルゲノムですがこれは、個人それぞれのゲノムを全て読取、良くあるバリアント(ゲノム上の変異)の中でも単一もしくは少数で疾患・治療法に関わるような内性因子を推定し、個人の将来的な疾患リスク、個人特有の薬物反応などの情報を加味した医療を実践しようと言うものです。

パーソナル・メディカルゲノムはいまゲノム領域でも最も熱くなると言われている領域であり、難しい計算機統計学に突き進んでいたゲノム研究者(先見性のある人に限る)は多くが次世代シークエンサーを用いた大量情報の大規模解析に進んでいたりします。次世代産業の一つとして確実に成長する分野でもあります。

現在の平等で個人の差異を評価しない医療からパーソナル医療へ、またそれによるメリット、個人のゲノム配列を解析することがどのような影響を及ぼすか、この本を読めば全て分かると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月23日

バイオインフォの先生が勧めていたので、読んでみた。
コリンズさんはとても説明上手である、専門的な話も、具体例やたとえ話をうまく使って説明してくれるので、すらすら読めた。


DNAの個人間の差が、いろんな病気に対する発症の差になったり、薬の効きづらさに関わっている事を知った。

それが、わかる時代が...続きを読むやってくるときあなたはそれを知りたいと思うか。(これにはBRI方程式 [知りたい度=リスク×負担×介入] が目安となるらしい)


今後遺伝子パーソナル医療の時代がやってくることをヒシヒシと感じた。そして、遺伝病が自分とは無関係ではないことも。


「ヒトはみなミュータント(変異種)である。」
これも、言われないとなかなか気づかない。
自分は普通だ。スタンダードだ。と思い込んでしまっている。



あと、衝撃的だったのは日本とアメリカの医療に対する個人の価値観の差。これを読む限りアメリカでは個々人の「リスク管理」の意識がかなり定着しているように感じた。


一方日本では、そういう「リスクコントロール」の精神がまだそこまで育っていないのではないだろうか。(と思う)

機会があれば、リスクについての本を読んでみたいと思った。


遺伝的病気のリスクを考えるには、まずは家族の病気を調べるのが、現在でもかなり有力な方法らしい。おそるおそるだが、やってみたいと思う。


(現在日本人の1/2がガンにかかり、1/3がガンで亡くなるらしい!!)

個人のDNAを利用した医療には、大きな倫理的問題も存在する。
が、それを克服して、ガンなどの病気も解決に向かうことを信じたい。



機会があれば、リスクについての本を読んでみたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月28日

ヒトをヒトたらしめているのは、DNAにほかならない。そして我々は、自分たちのDNAの配列情報を知った、初めての生物種である。未来が記述された指示書とでも言うべきゲノムを、自分自身が知るということは、どのような変革をもたらすのか?本書は国際ヒトゲノムプロジェクトを率いたトップ・サイエンティストによる遺...続きを読む伝子医療の最前線をレポートした一冊。まだ先の話だと思っていた遺伝子医療は既に始まっており、我々は、これまでの常識を覆す医療革命の時代へと突入しているのだ。

◆本書の目次
 序章 もう、知らないではすまされない
 1章 未来はとっくにはじまっている
 2章 遺伝子のエラーがあなたに出るとき
 3章 あなたの秘密を知るときがきた?
 4章 癌はパーソナルな病気である
 5章 人種と遺伝子
 6章 感染症と遺伝子
 7章 脳と遺伝子
 8章 老化と遺伝子
 9章 あなたの遺伝子にふさわしい薬をふさわしい量で
10章 一人ひとりが主役の未来へ

DNAの配列情報は、人種によって驚くほど似ているという。ヨーロッパ系、アフリカ系、アジア系の人びとのDNA配列を比べてみても1000文字に4文字程度の違いしかないのである。そしてこのDNA、どういう運命のいたずらか、ミススペルとも言うべきエラーをたびたび引き起こす。それが癌をはじめとする、さまざまな病となるのである。

このDNAの解明によってもたらされる変化は甚大だ。本書では、世界中の情報アクセスに革命をもたらせた有名企業の創業者によるエピソードが紹介されている。彼は自分の遺伝子検査を行ったところ80歳までにパーキンソン病になる確率が74%と診断された。当人は、その可能性を少しでも減らすような暮らし方を選べると前向きに捉えていたが、皆が皆このような受け入れ方をすることができるのだろうか?

もとい、この種の情報を知りたくないという人もいるだろう。ちょっと早めの癌告知のようなことをされて、誰もが前向きに生きることができるのかどうか。多くの人にとってその知りたい度は下記のような方程式であらわすことができるそうだ。

知りたい度=リスク×負担×介入

そのほかにも、問題は多岐にわたる。例えば、個人情報を管理するセキュリティの問題。遺伝情報による差別の問題、保険料の概念はどのように変化するのか。また、遺伝子による特許を取得している企業もあり、その是非が問われている。

その一つ一つの問題や限界を慎重に提示しながらも、本書の姿勢はどこまでもポジティブである。間違いなく言えるのは、時代はすでに動き始めているということだ。我々は自分の体の中に埋め込まれたタイムカプセルを、開ける時が来たのだ。その読み方を学び、人生に活かす方法も、ひょっとするとDNAに記述されていた情報なのかもしれない。

運命づけられた受動的なものなのか、能動的に接することができるものなのか、病気や死への新たな向き合い方を考えさせられる一冊である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月20日

表紙デザインは某売れている哲学本みたいでしたが、内容はとんでもなくすごいです。読み応えありました。
ヒトゲノムが解読された、とかクローン羊のドリーが…はそのあとどうなっていたかが全く知りませんでした。遺伝子を調査する会社があったり…解説で書かれているように日本はやっぱり遅れているのでしょうか。
とっ...続きを読むつきにくい内容を、専門用語を使用しながらも分かりやすく説明しているのにとにかくびっくりです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月12日

ヒトゲノム解読から10年、ゲノム医療、個別化医療を理解する上で最良の名著。コリンズ著。医学者・基礎研究者とも必読であろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月01日

邦題の通り、まさに「革命」といっても過言ではないことが、医療の世界で起きている。従来の病気の分け方、治療の仕方、医者の役割を変え、個々の遺伝情報に合わせた予防と投薬がヘルスケアの中心となっていく。さらには、結婚・出産を始め、人の価値基準へ影響し、保険も変わる。長年、ヒトゲノムプロジェクト代表を勤め、...続きを読むその解読に導いた最前線の著者による、非常にわかりやすい遺伝子医療の入門書。ゲノム解読が医療にもたらしている成果と課題について大枠と詳細を知ることができる。先の世界に心踊り、考えさせられながら一気に読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月05日

扇情的なタイトルや帯だが、中身はあくまでも最近と将来の医療・遺伝に関する一般向けの良心的な分かり易い内容
上手な訳者がいい仕事をしてくれていて、この内容と翻訳の良質な組み合わせはめったにないレベル
解説はあまりコンピュータを分かってないおじいちゃんで、唯一の汚点

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年04月28日

バイオブームからはや10年。遺伝子によりあら揺る病気が解明されるとされたがそれは進まず。しかし、現在の遺伝子治療はそれなり進んでおり、ゲノムと病気が乳がんのように対応するものであれば検査で病気になる可能性が分かるようになってきている。

このレビューは参考になりましたか?