【感想・ネタバレ】600万人の女性に支持される 「クックパッド」というビジネスのレビュー

値引き価格 313円 (税込) 8月20日まで
通常価格 628円 (税込)
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月25日

この本で初めて「クックパッド」を知ったが自分にはナイ発想や考えこまれた仕掛けなどが非常に勉強になった。
WEBの仕事をする人は読むべき。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月03日

【クックパッドの信念を感じ取れる素晴らしい一冊】
クックパッドがどのようにして生まれたのかを、取材を通してわかったことを書いている。

メインは、創業者の佐野氏へのインタビュー。それに加えて初期のメンバーがクックパッドの企業としてのコアの部分について触れている。

どれだけユーザー目線を徹底している...続きを読むサービスかがヒシヒシと伝わってくる。Instagramの広告に嫌気をさしていた私には、このクックパッドの形が目指すべき方向なのだと感じた。もちろん、この本の中でのやりかただと広告出稿にコストがかかってきてしまうため、どのようにして仕組み化するのかが大事であることは間違いない。

しかしながら、その広告一つに対するクックパッドという会社の情熱、信念は本当にスゴイと思う。

「極端な話をすれば、ユーザーを増やすことだって目的ではないんです。それで料理が楽しくならないならば」

個人的には、P40と41がグッと来る。これはバイブルになりそうだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月26日

料理が楽しくなることをやる、というミッションが明確で、UX、ビジネスモデル、広告主、操作性、従業員を徹底的に分析して実現していると思った。メッセージがシンプルで面白かった!

これを読んでクックパッドを使ってみると、よりこだわりが分かる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月14日

ネットメディア系は漁ったものの佐野さんの哲学が記されているWebメディアは存在しなかっただけに、佐野さんの哲学が詳細に記されていてとにかく勉強になった。近いうちにまた読み返したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月09日

クックパッドの事は、よく知っている。
妻も自分もかなり使い込んでいるサービスの一つ。
でも、会社の事はよく知らなかった。
最近、凄く流行っているレシピサイト程度の認識でした。

しかし、この本を読んでみて、単なるレシピサイトの一つでは無いこと。
サービスとしての徹底的なこだわり。
実現するための高度...続きを読むな技術力。

ここまで、やっているから今のクックパッドがあるんだなと納得。

ここまで徹底的にこだわり抜いてサービスを提供したいと思いました。

まあ、死ぬほど大変な思いもするんだろうけど(^^;)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年04月08日

【600万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス】
サイトをシンプルに楽しく使えるようにしたアイデアや、
楽しく広告ボタンを押せるようにした工夫、新聞などとのコラボ広告など、
サイトの機能を織り交ぜながら、同サイトの歴史を説明している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月27日

経営者や幹部のインタビューを通して、クックパッドの成り立ち・思い・優位性を知ることができる。特に重要なのは、ポリシーの部分だ。べき論を突き詰めて成功しているのは、すごい。事例として知っておくと良いと思う。
タリーズもクックパッドも「食」を通して何かをしたいという強い思いがあって、成功している。気持ち...続きを読むってやっぱり大事だと思う。「これってビジネスになるんじゃないか」ではなく「このことに一生を捧げても良い!」というパッションを持てる何か。その何かをあと四年くらいで見つけないといけない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月20日

ユーザーにサービスを提供するにあたってどういう視点を大切にするか、の部分に共感できる。妥協しない徹底的な姿勢に憧れる。
いつか自分が企画を立ち上げるなどするときはこの本を読み返したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月03日

クックパッドは、料理レシピのコミュニティウェブサイトとして、1998年設立され、2014年11月時点で、月間ユーザー数5000万人。2015年4月時点で200万件のレシピが投稿されている。

この情報以前から、このサービスをプレミアム会員でなくても利用してみることがあるので、気になっていたので読みま...続きを読むした。

ITサービスを志向して、立ち上げた、クックパッド。収益モデルのないまま、女性ユーザーが口コミで増えていく。徹底的なユーザー目線で便利に作り上げたサイトは、エンジニア出身の佐野社長が徹底したことで、ここまで成功したのは間違いありません。

結果として、広告による収益を得て、成長し、今では、プレミアム会員により支えられています。

一般の方が公開するレシピ情報を閲覧するだけでも、面白いのです。

料理を作る方と、食周辺の企業にとってのマーケティングデータを活かせる企業として、ますます成長していく姿が想像できます。

アイデアとこだわりこそが、企業やサービスを伸ばす秘訣なのだと感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月12日

結構以前に出版されていたのだな。
この会社、他とは違った視点でネットビジネスで成功していると認識はしていたが、いろいろと秘密があること、それらは緻密に計算されていることがよく分かった。
テクノロジーカンパニーだったのか。
デザイナーとアーチストの違い、非常に納得出来た。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月05日

 いやぁ。面白い本だった!
 「料理が楽しくなることをやる」を主軸にしたクックパッドは、紆余曲折を得て今の地位にまで上り詰めたんだけど………ほんとに、好きであり、それを大切にしたいならば、そこに注力するしかないのだな、と感じた。
 「ベターではなくベストを選ぶ」とか、目的のためになっているか否かを常...続きを読むに問いかける姿勢とか……頭が下がります。目的が腑に落ちてさらに好きだからできることなのだろうな、と思います。ハイ。
 意外と硬派だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月27日

以前、某社のトップインタビューでご一緒した上坂さんの著書。クックパッドの躍進を支える様々な要因を知ることができた。激しく共感したのは創業者の以下の言葉。
「素材を生かす、地域で楽しむ、という文化は世界で認められる価値観になるのではないか。わずか2パーセントの人口の国が世界や地球に貢献できるものとして...続きを読む、食というものがあるのではないか。だからこそ、日本の料理文化が伝承されなくなっていることに危機感を感じるべきだ。それは日本の大事な財産だから。」

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月20日

p5 求めてきたレシピと出会える確率が驚くほど高い検索機能、簡単にできるだけでなく楽しんでできるレシピ投稿システム、投稿したユーザーがまた投稿したくなる仕組み・・・。

p12 「食卓の意思決定メディア」になっている。

p13 クックパッドのレシピを参考に食材を購入したことがあるか、という問いに、...続きを読む実に九五.一パーセントのユーザーが「ある」と答えている。

p13 九六.六パーセントの人が週に一度以上使っている

p19 夕方の忙しい時間帯に、主婦がクックパッドでレシピを探すのだ。

p58 材料と手順を行ったり来たりして編集できる仕組みにした。

p115 広告主の商品を使った、あるいはそれに合う料理のレシピをユーザーから公募し、グランプリや入賞を競う

p144 モノを買うには、理由が必要な時代。

p154 簡単な鍋はうれしい。でも、鍋にすると家族に手抜きと思われかねないわけです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月28日

私の食卓の意思決定メディア、クックパッドの強みを分析した本。
料理を楽しく&サイトを使いやすくすることへのこだわりが徹底している。
ほぼ毎日、何気なく検索&投稿しているけど、なぜ求めていたレシピと出会える確率が驚くほど高いのか、なぜ忙しい主婦でも次から次へと投稿してしまうのか、裏側が分かって面白かっ...続きを読むた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月08日

若い主婦層を中心に絶大な人気を誇る料理レシピサイト・クックパッドについて書かれた本です。なかなか興味深い内容でした。今や月何万人がアクセスするサイトにまで成り上がったクックパッドですが、そこに至までに経営者が行った手法や考え方などが一様に書かれていて、ポータタルサイト運営者は勿論、WEB業界に関わる...続きを読む人間であれば多くの人々が参考になることが沢山書かれています。データ分析も非常に細かく、コンテンツや広告が13文字を超えると可読性が下がってアクセスが悪くなることから文字数を8〜13文字に限定するといったことが象徴的で、普通に使用していたら全く気付かないようなことでもユーザーの利便性の為にUIなどが綿密に調整されていることが伺えます。中でも印象的だったのは経営者の哲学で、徹底したユーザー視点に立ち、短期的には社の売り上げになるようなことでもユーザー中心軸から外れるようなことであれば採用はせず、あくまで長期的視野に立って物事を考えていくことが結果的に大きな利益を齎すというものですね。これは昨今の成功企業であるAppleやFacebookにも近い考え方であるのではないかと思います。ただ、文章の書き方が賛辞一辺倒で中立的な視点で書かれていないのが多少マイナスかと。開設当初はアクセスが上がるとサーバーが落ちる為に敢えて認知度を上げないようにしていて、そんなことをやっていたのはクックパッドだけだ、といったことも書かれていますが、実際ニコニコ動画も昔は同じようなことをしていましたし、そういった誇張的な表現は少々残念でしたね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月18日

徹底的に、という当たり前だが、難しいやり方について、具体的な実践方法の紹介があり、わかりやすい。料理で笑顔を、という理念から引き出される様々な企画。ただうまくいかない時期も相当あった、とあるが社長の思いがそういう時期でもぶれずに理念の追求で進んできたのか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年04月10日

クックパッドは口コミレシピサイトとして会員を集めながら、マーケティング支援事業や有料会員事業などで事業規模を拡大してきた。
2012年3月30日には、創業者の佐野洋光社長が退任し、後任に元カカクコム社長の穐田誉輝取締役が就任する5月1日付け人事を発表、佐野氏が世界戦略と技術開発を、穐田氏が新規事業を...続きを読む含む国内経営を担当する新体制で経営にあたる、とのこと。
世界を目指すクックパッドはこれからどこに向かうのか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月05日

■ブランディング
A.日本最大級の料理サイトクックパッド:代表的な機能は、レシピを載せること、レシピを探すことである。

B.モノが溢れている時代は、モノを買う理由があまりない時代といえる。よって、「これを使えばこんなに便利になる」などと動機付けをしてあげれば、モノを買う理由が生まれ、消費行動につな...続きを読むがる。

C.クックパッドは、どれほど気を配り、どれほど丁寧にやったとしても、まだ傲慢さが残っている、という前提で仕事を考えていく。

D.佐野は、訪れる人が、どうして私が探そうと思っているものが出てくるのという驚きと感動をもって、次に進める。そんなサイトを目指してきた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月12日

・Cookpadは、
 ・「料理が楽しくなること」がクックパッドの目的である。思想の一貫性。
 ・そのためには、安易なユーザー獲得に走らないということ。
 ・ユーザーの行動を見るのに、導線のログもちゃんと見てること。(経営者レベルが)
・説明が必要なサービスは、レベルが低いという心得ること。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月13日

本当に人のためになる仕事がしたい、印象深かった

技術力の賜物だなあ
誰かも技術力がないと話にならないといっていた
私は技術がないので、それをどう企画にするか、売るか、等をする立場になるんだけどね

このレビューは参考になりましたか?