【感想・ネタバレ】魔王のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年06月06日

伊坂幸太郎の中で一番好き。
独特の不穏さがたまらん。
全員が笑ってるのに、1人だけ絶望に気付いている恐怖…

考えろ、考えろ
が口癖になりました(仕事において…)

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

常に魔王は内に眠る

2018年04月29日

浅慮あろうと人は前に進まなければならない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月12日

2005年に書かれた小説だと知ったときには驚いた。この小説の中で描かれている政治の状況は2020年の現在でも決して虚構とは言い切れないのではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月14日

考えろ考えろマクガイバー...

生きていれば、こういうこともありますね。

でたらめでもいいから、自分の考えを信じて対決していけば、そうすりゃ、世界が変わる。



いろいろ考えるきっかけを貰ったお話でした。

消灯ですよ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月06日

本を読むと、自分がいかな無知で考えていないのかを思い知らされる時がある。この本はそういう本だった。

私も蜜代っちみたいに、スカートを直せる人でいたいし、大きな洪水の中でも自分の意見を持ち続けられる人でいたい。

でも私は流されそうな気がする。こわい。

解説を読んでいる時に、法律について調べた。と...続きを読む言ってもネットでぱっと検索しただけだけど。でも、国のホームページを読んだときにとても怖くなった。国のホームページだと考えるきっかけが何も湧いてこなかった。

最近のハッシュタグは知っていてもなんのことを言ってるのか調べもしなかった。恥ずかしい。

私はこの怖いと思った気持ちを大事にしていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月31日

あっという間に読める。大衆に流されてる方が圧倒的に楽だけど、やっぱり自分で考えて確固とした自分の意思をしっかり持てるような人間になりたい。あと15年前に書かれた話だけど、世間が今に通ずる部分もあるようで面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月27日

私は、安藤兄にも安藤弟にもなれないと思う。自分の意思で川の流れの中に立つ折れない大きな木のような人間には。ただ川の流れに流される人間になるんだと、なんとなくだけどそう思う。そう思ったら突然自分がすごい怖くなった。私自身は、日本を誇りに思っても思ってなくもないけれど、物語の中に出てくる、若者が日本を誇...続きを読むりに思わない理由について、心から共感した。大人を、偉い人を、政治家についてよくわからないし、信用してないし、どうせ影武者みたいなのがいるんでしょ、そもそも私の人生に関係あるのか…?って自分事にすら思えない。だからすごく共感。若者が政治に興味が無いのが日本だよねぇって感じ。でもここで、犬養みたいな人が出てきたらどうなる?みんな流される?感銘を受ける?私はどうなる?日本は変わる?変わってもいいの?ホントにいいふうに変わる?わからない。考えろ考えろマグガイバー。ま、私じゃ考えてもわからないっていうオチで終わるんだけど。登場人物の中でいったら、マスターが1番不気味。たぶん安藤兄はマスターに殺されたんだと思う。彼は人の脳に直接自分の声を届けることが出来る人種で、その能力で、声を届けた人間の中で自らの対話をものすごい速さで促進して、届けられた人間の脳がキャパオーバーになってしまう的な能力。マスターが1番こわい。群衆の力が発生するのは怖いけど、日本が今のままの状況なのもどうなんだろう。ちょっとだけ考えた。ま、私は現状に不服が無いからどっちでもいいけど。弟はこれからどうなる?どっちに転ぶ?それを明示しないのも井坂さんぽいなと思った。私が知りたいことを書かずに漠然とさせて「オレが伝えたいのはそっちちじゃない!あほか!読解力!察しろ!!!」って言われてるような、自分がまだまだ読者として未熟だって言われてる感じがする。この人は何を言いたいんだろうって考えることもまた、楽しいから好きなんですけどね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月08日

全体的にもやもやしてて不思議な感じだった。
国民の諦めムード、群衆の力の脅威、憲法9条の改正、国民投票、情報社会等々やたら身に覚えのある背景と現実離れした超能力が不思議とマッチしてておもしろい。
この話と同じ状況になった時、自分だったら超能力があっても能力を隠して集団に飲まれてしまうだろうなと思った...続きを読む。方法は違うけど自立しようとする安藤兄弟がかっこよかった。モダンタイムズもぜひ読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月14日

特殊能力というSF要素があってどうかなと思いましたが、兄弟の掛け合いが面白くてサクサク読めました。兄は論理的で考えすぎてしまう性格だけど弟は対照的で明るくてどちらかというと奔放な感じ、だけど二人とも自分の考えを持っていて周囲の流れに流されない芯のある性格で好感が持てる。自分がこんな世の中になってしま...続きを読むったらどうなのだろうかと疑問に思ってしまいました。
この小説は10年以上前に書かれた作品だけど、時代は大して変わってなくて、人は大して知りもしない上辺だけの情報を信じてそれが正しいと思ったら徹底的に叩く、醜い様式は今も同じだなと恐ろしく感じました。
モダンタイムスが気になりますね、読むのが楽しみだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月27日

魔王 伊坂幸太郎さん

1.購読動機
2020年。山にもいけず本を読む時間が増えました。
伊坂幸太郎さんは、アイネクライネナハトムジークが最初の出会いでした。
サブマリン、チルドレン、グラスホッパー、そしてガソリン生活など10冊弱購読してきました。
どの書籍も世界観が違いました。だから、読むたびに新...続きを読むしい風を感じることができたのが心地よかったです。
読みつづけたい作家さんのお一人です。

2.作品 魔王
主人公は、幼くして両親を事故でなくした兄弟。
兄は、ある日自身の特殊能力に気づきます。
自身が念じたことを、相手に発言させることができる能力です。

国内の政治は混迷を極め、野党による政権交代の機運が高まります。
その野党党首のメッセージに、違和感を覚えた兄は、能力を使い、失脚への道への画策を始めます。

タイトルの魔王。
シューベルト作曲です。
その物語と、この作品がどのようにリンクするのか?

ページを開いてお楽しみください。

3.読み終えて
『人間の進化の最大の武器。
 それは好奇心である。』

主人公兄弟からのメッセージです。
言い方かえれば伊坂幸太郎さんからのプレゼントです。

外的環境は、自己がコントロールできないことだらけです。
しかし、そこで無関心、放置ではなくて、一隅、そう自身の手の届く範囲にのみ行動を起こしてみること。
私は、一読者としてこの内容を気づきとして贈られました。

魔王。
見えない、忍び寄る世界は、怖がるのでなく、まずは目を向けること。

#読書好きな人と繋がりたい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月26日

兄ー念じれば相手がそれを必ず口に出す能力
弟ージャンケンに必ず勝つ、宝くじも当たる、運がいい

の能力があっても
主題は全体主義に踊らされる世間の風潮について
淡々と、でも、なんか背中がぞくっとする怖さを
はらみつつ、不思議にほっこりするところもあるお話


これが、小泉政権誕生前にかかれたなんて!...続きを読む
まるで、予言しているよう


じっくり読みたい一冊

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月19日

伊坂幸太郎の本はすらすら読めてしまう。
マスターの正体が謎に包まれまま。

『モダンタイムス』に続くようですね。
政治に対する価値観をしっかり考えないとなーとおまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月05日


でたらめでもいいから、自分の考えを信じてたたかう。
お前たちのやっていることは検索で思索ではない。

とドキッとさせられる台詞がたくさんあるのがすき。
謎が謎のまま終わるけど、私は結構好きな作品。後に続くモダンタイムスがこれまたいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月25日

2005年に発売された本なのに、憲法9条の改正や集団的自衛権など、政治的なことが現在の情勢と重なる部分が多くて驚かされた。前半の「魔王」と「呼吸」で5年の歳月を経て、兄から弟へと視点が変わる構成も面白かった。プロパガンダの部分など頷かされる点も多かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月29日

目に見えないものに流される
集団であるが故の恐ろしさ
自分で考えて行動する
当たり前のことの難しさ

伊坂幸太郎の描く兄弟愛が好きだ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月30日

一個人が世の中に与えられる影響なんてたかが知れているが、考え続けることだけは辞めちゃいけないと思った。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

魔王

モリエンテス 2012年07月25日

「音楽のライブでオーディエンスが皆同じ行動を取ること」に対する違和感や恐怖。例えばこのような事象を通し、ファシズムへの思いが綴られていく。
なんとなく周りの意見に「流されがちな」人たち(特に若者!)へ向けて書かれた小説だと思います。

もっと自由に。As you like.

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

初伊坂

へびきち 2011年06月22日

実は初伊坂だったが、小説の内容は面白かった。ファシズムがテーマなのか「能力」がテーマなのか、と考えながら読んだが、あとがきを読んでびっくり。まあ額面通り受け取っていいものかどうか?とも思うが。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

真野原 2021年01月23日

主人公がもっと自分の力を使いまくって破滅する感じかと思ったら、割と真面目で現実的な話で終わった。
ネットでは特に何かの尻馬に乗っかって、無関係な人間が騒ぎ立ててるけど、それが現実の行動に結び付いたらと思うと寒気がする。乏しい判断材料で相手を批判すべきではないというのは常日頃思うことだ。一貫性がない...続きを読む人は確かに苦手だけど、変化する情勢に対応するしなやかさがないのはもっと本質的に悪だと、たまたまやってた街頭演説を見ながら思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月08日

タイトルからゲーテの詩を夢想するも、あぁシューベルトね。千葉さんが出てきた時点で○○フラグ立っちゃってます...。解説が斎藤美奈子さんというのも贅沢だなぁ...。自身の芯を今一度、考えさせられる。

このレビューは参考になりましたか?