【感想・ネタバレ】イヤな仕事は絶対するな!のレビュー

価格 550円 (税込)
4.0
1件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月03日

 ある翻訳家の方のブログに紹介されていたので、読んでみた。(紹介した翻訳家と)同業の戸田奈津子さんも本書内で紹介されているということで、読んでみたいと思った。
 著者もこれまで自己啓発本を多数読破したという経緯もあり、今の自分の境遇を頭に据えながら、意外とすんなり読むことができた。実際2時間くらいで...続きを読む読めた。
 転職を勧めるという荒っぽいものでもないから、安心して読める。今の自分を見つめ直すよい機会でもあり、迷っている背中を押してくれるものでもあると思う。
 2002年に刊行されているが、経済的状況や、働く人間をとりまく環境が十数年経っている今も変わらず同じということを、まず嘆いてしまった。そのせいもあって、著者のいわんとすることは、今の現代の人にも色褪せず、心に響くと思う。
 実際、世帯主の職を失ってしまった我が家。翻訳のフリーランスを目指して勉強中であった自分だが、やむなく全く違う職種のパートをすることとなり、翻訳の勉強も、ただでさえ得難い翻訳での職への道も、途絶え気味になっている自分が、どう進めばよいかのヒントをもらった様な気がする。自分なりの解釈で、本気を出さねばならない踏ん張り時だと思った。
 仕事とは何か? 幸せとは何か? 働いてる人たちに、もう一度立ち止まって考える良い機会となる、オススメの本である。また、これから就職を考えている学生の方にも、是非おススメする。

このレビューは参考になりましたか?