岡本螢のレビュー一覧

  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 紅の豚
    文春ジブリ文庫シネマ・コミック第7作目、紅の豚

    男を感じさせる作品が手元にというのはうれしかった。
    ロマンあふれる名シーンが久しぶりに見れて懐かしい感じがした。
    そして、映画では何度も観ているはずなのにコミックの中の静止画として切り取られるとなんだか違った味があるし、そのシーンを立ち止まって見つめ...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック おもひでぽろぽろ
    おもひでぽろぽろのシネマコミック。
    監督が宮崎駿さんじゃなく高畑勲さんということで、
    ジブリの中でもかなり雰囲気の違う作品だと思う。
    時代の流れやいつになっても変わらぬ大局を踏襲しているし、なによりジブリならではの作品から漂う懐かしさがもっともにじみ出ている作品だと感じていたので、
    読んでみて映画の...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 借りぐらしのアリエッティ
    ジブリ文庫のシネマコミックシリーズ「借りぐらしのアリエッティ」

    劇場で観たときのあの小人視点から感じる人間の強大さみたいなのを迫りくる巨大な手の部分などで思い出した。
    この怖さを体感させることができるのはアニメーションでも静止画でもすごい表現力だと改めて思う。

    映画で観たときは、借りぐらしって日...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 魔女の宅急便
    文春ジブリ文庫、シネマコミック第5弾
    魔女の宅急便

    冒頭の旅立ち前のかけあいはこんなだったかなと思ったけど、
    ほうきにまたがってからはやはり名作、
    キキとともに胸躍るし、戸惑うし、奮い立つ。
    とにかく読んでいて見ていて自然と頭に音楽が流れてきてよかった。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック となりのトトロ
    ジブリのシネマコミック第3弾

    名作となりのトトロ
    読んでいてマックロクロスケのざわつき、小トトロたちがかけていく音、
    森の木々や風の音が胸の奥から聞こえてくるような感じがした。
    これが名作と思わせる体験だった。
    きっとずっと心の中にあるなにかにふれるんだと思う。

    細かい部分で編集されているところ...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 天空の城ラピュタ
    文春ジブリ文庫シネマコミック第二弾。
    天空の城ラピュタの映画のコマを使いコミック化したもの。
    スタジオジブリ創設第一作映画。
    ワクワクドキドキがつまった一冊。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 天空の城ラピュタ
    女海賊ドーラ
    読む前から四つ星です。
    女海賊ドーラがよいです。タイガーモス号も空飛ぶ海賊船の魅力たっぷり。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    DVDやTV放映されるたびに何度も見返したナウシカが、シネマの映像をそのまま切り取って書籍化されるとは!
    これでいつでも見返せる。個人的にはラピュタも今月シネマコミック化されると聞いたので、そちらが待ち遠しい!
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 紅の豚
    空賊たちが跋扈する1920年代のアドリア海。その空賊でさえ恐れる凄腕の飛行艇乗りがいた。彼の名は「紅の豚」。愛機サボイアS‐21を駆って、彼は自分が守るべきものを守るためだけに戦う―大人のロマンに溢れる冒険活劇が美しい画像で一冊のコミックに!「飛ばねぇ豚はタダの豚だ」など全編目白押しの名セリフも完全...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 天空の城ラピュタ
    炭鉱の町で暮らす少年パズーはある日空から降りてきた少女シータを助ける。謎の鉱石“飛行石”を持つシータを狙う国防軍や海賊たち。数々の試練を乗り越え、伝説の空中都市ラピュタを目指す大冒険が今始まる―。スタジオジブリ設立後、記念すべき第1作となった名作アニメーションが、完全新編集の文庫コミックで鮮やかに甦...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 平成狸合戦ぽんぽこ
    昭和42年、東京都は多摩ニュータウンの開発を推進。多摩丘陵は切り崩され、この地を棲家にしていたタヌキたちは、追い詰められていた。この緊急事態にタヌキたちは一致団結。先祖古来の「化け学」を復興して、人間たちに立ち向かうことを決めたのだが―。全セリフ・全シーン完全収録で甦る高畑勲監督の名作アニメーション...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック おもひでぽろぽろ
    岡島タエ子は東京生まれ、東京育ちの27歳。親戚の紅花農家を手伝うため、休暇をとって夜行列車で山形へと向かう。その車中、田舎を持つことに憧れた小学5年生の頃の記憶が溢れ出す―。緻密に組まれた構成と、繊細な美術が、等身大の女性の心象風景を鮮やかに描きあげた、高畑勲監督の不朽の名作。完全新編集でコミックに...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 借りぐらしのアリエッティ
    人に見られてはいけないという掟のもと、人間の世界から必要なものを“借り”ながら、父母とともに床下で暮らす小人アリエッティ。ある日、病気療養のためにやってきた人間の少年翔と出会ったことで運命が動き出す―小人の視点から描かれる迫力の映像も必見。スタジオジブリ新世代の力が結集された名作が、1冊のコミックに...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    産業文明が滅びてから千年。瘴気を発する腐海に人々はおびえて暮らす中、木々を愛で、蟲と心を通わせる少女ナウシカの壮大な物語が幕を開ける―。スタジオジブリの設立のきっかけとなった不朽の名作を、繊細で鮮やかな画とともに文庫版として新たに編集したシネマ・コミック。映画の全カット、全セリフを掲載した愛蔵版。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 平成狸合戦ぽんぽこ
    文春ジブリ文庫シネマ・コミック第8弾

    父親に小さな劇場に連れて行ってもらって観たのを思い出す。
    ぽんぽこは昔はおもしろくてわくわくして観ていたと思う。
    いま読んでみると怖いところもたくさんあることに気付いた。
    こんなに人間を客観視させられるとは思っていなかった。
    そういう意味でもすごい作品だと感じ...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック となりのトトロ
    動いているアニメを見ているときは、なんにも気づかなかったのですが、今回、このシネマ・コミックスで見て初めて気づきました。
    これ、半分ぐらいストーリーない。そして、あとの半分も、ものすごい単純なストーリーです。

    でも、アニメーションを見ているとそんなに気にならないというのは、宮崎マジックなんだろうな...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 天空の城ラピュタ
    高校時代にみたときには、それほど面白いとおもわなかったのに、今、見るとメチャクチャ面白かったです。
    これも、頭が悪くなってきた証拠なのかもと思ったりもします。

    いやいや、単純に面白いものが増えるのはいいことです。
    もしかすると、昔面白かったものに、だんだん心を動かせなくなっていることもあるかもしれ...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 魔女の宅急便
    ジジの動きが結構細かい。
    不時着した飛行船のある海岸で会う女の子はパーティの子だったのね知らなかった。
    読んでて台詞や音楽が頭に浮かんでくる。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    ジブリ、嫌いや~とか、思っていたのですが、「ハウルの動く城」とか「風立ちぬ」とか、「かぐや姫の物語」とかを見たり、周辺の話を聞くとすごくおもしろいくて。
    そして、なによりも、子どもの時に見た(高校生ぐらいか?)「天空の城ラピュタ」はあんまり印象良くなかったのですが、この前、見たらおもしろかったという...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    映画を通しで見たことがない気がしたので、読んでみた。
    でも、やっぱり映画を見ていないので、よく分からない。
    こういう本は、やっぱり映画を見たファンの記念用なのかもしれない。