スティーヴ・オルテンのレビュー一覧

  • MEG ザ・モンスター
    冒頭5ページの凄さと面白さ。まさに、海洋版ジュラシック・ワールド。 生物学的に納得のいく説明や設定・展開となっていて、 大真面目にメガロドンとの闘いを描いている。かなり非情な状況に何度もなり、救いはあまりないのも潔い。特に後半メグが某所にやってきての流れはまさにカオス!これを映画でやってほしかった!...続きを読む
  • MEG ザ・モンスター
    スティーヴ・オルテン『MEG ザ・モンスター』角川文庫。

    2001年に角川文庫から刊行された『メガロドン』の改題、再文庫化……ということは、既読。またしてもやられた!

    気を取り直して……一応は海洋パニック・アドベンチャー小説である。

    映画化目当てに書かれたような作品は御都合主義の描写のオンパレ...続きを読む