貞本義行のレビュー一覧

  • 新世紀エヴァンゲリオン 1巻
    僕なんていてもいなくても…って思ってた男の子が、育児放棄気味の父親に突然呼びつけられ、これに乗れるのはお前しかいない、とか言われちゃったら、そりゃ反抗するわよ(笑)思春期のアイデンティティーが如何に脆弱か、とかこれっぽっちも考慮しない大人の都合。ちゃんと説明してやれよ(笑)
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    1~14巻まで読み終わったので、こちらに感想をまとめます。
    面白かったです。アニメ版と違い、なんて優しい終わり方! きっとファンの間では賛否両論あるのでしょうけど、私はハッピーエンドが好きなので、断然こっち派です。
    エヴァンゲリオンの洗練されたデザインや、独特なキリスト教的世界観、全人類を巻き込んだ...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    貞本エヴァは旧劇場版に近い展開だなと思ってたけど、最終巻でいきなりマリが出てきて、新劇でも出ていないような設定が描かれていて驚いた。
    新劇ではアスカが年を取らなくなったけど、ユイと同じ大学だったマリがその当時から年を取っていない理由は新劇で語られるのかな?

    とにかく、真相は新劇へ、って感じか…
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    とにかくお疲れ様!の一言です。

    第1巻発行時は十代だった私もアラフォー。
    年月が経ったぶん成長したかといえばそういう訳でもなく……。
    まだまだどっぷりとシンジ君に感情移入してしまいます。
    彼の弱々しさ・危うさはいくつになっても誰の心の中にもあるのかもしれませんね。

    ユイさんが可愛くてカッコ良かっ...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    20年かかって、ついに一つのフィクションがここまでたどり着いたのだ、という感慨深さがある。
    間もなく「その年」を迎える「2014年の冬」という季節にこの巻が発行されたのは、
    あるいは彼らのシナリオ通りだったのではないだろうか。
    もしかしたら、先日までのあの大雪でさえも。

    時に、西暦2014年。
    ...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    終わりました。
    すっきりした終わりかた。
    またシンジくん、葛藤しながらも
    この世界で生きていくんだな。
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    苦しみが完全にない世界は死んでいるのと同じ、か。
    人は苦しむ事を宿命付けられている、とも言えるか。

    悲観的に言えばそうなりますが、苦しみのない世界に恐怖しか感じず、否定したがっている自分としては、それを肯定するしかないんですよねぇ。

    哲学として色々思う事はありますが、確かに興味深い内容・やりとり...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    色々と謎は残りますが、きれいにまとまってると思います。
    EXTRA STAGEでまさかの人物が…!
    映画版もまだまだ楽しめそう。
  • 新世紀エヴァンゲリオン 14巻
    最終巻。
    綺麗に終わったという感想を多く見たけど、自分では結局なんだったのかわかんない感がいっぱいです。

    そしていつのまにか少年エースじゃなくてヤングエースに載ってたのですね。いまさら?
  • 新世紀エヴァンゲリオン 10巻
    1番、人間関係のドロドロしたパートに入ってきました(笑)

    そして、シンジはカヲルくんに迫るし、カヲルくんはシンジを押し倒して……もう、ある層の人は、大喜び(爆)

    ただ、エヴァでかこうとするものが人間の心だとしたら、このあたりは、避けて通れないんだろうなぁと思います。

    暗い感情もふくめて、全部が...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 1巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版。キャラクターデザインの貞本義行が手がけています。通称、貞本エヴァの第1巻。TVアニメの第1話、第2話に相当します。基本的にはアニメ版のストーリーを追いかける形で話が進んでいきますが、シンジを始めとする登場人物の...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 9巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第9巻。TVアニメの第22話、第23話、第24話を中心に描かれています。ここまである程度はアニメ版に沿っていた展開を大きく崩してカヲルがアラエルに先立って登場します。TVシリーズではただ混乱をもたら...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 6巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第6巻。TVアニメの第17話、第18話を中心に描かれています。放送当時、あまりの描写にトラウマになった人もいるとかいないとか。漫画版は。TVアニメシリーズよりも、パイロットになるまでのトウジの葛藤な...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 2巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第2巻。TVアニメの第3話、第4話に相当します。1巻よりも顕著なアニメとのシンジの性格の違いがトウジやケンスケとの関係性に顕著に表れています。作者が何度も言っているようにたどり着く答えは同じでも過程...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 3巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第3巻。TVアニメの第5話、第6話に相当します。新劇場版:序でも中心になっていたヤシマ作戦が描かれます。アニメでは、この作戦自体の進行などが主眼で描かれていましたが、漫画版では謎の少女、綾波レイとシ...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 5巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第5巻。TVアニメの第12話を中心に描かれています。前巻までの明るめの展開から、墓地でのシンジとゲンドウの会話がトリガーになったかのように暗雲立ち込める重めのストーリーになっていきます。それぞれのキ...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 8巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第8巻。TVアニメの第20話、第21話を中心に描かれています。初号機に取り込まれてしまったシンジのサルベージ計画では、アニメには無かったアスカがシンジを心配するシーンやレイの不思議な力が描かれました...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 10巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第10巻。TVアニメの第23話、第24話を中心に描かれています。完全に破綻の兆しが見えていたアニメ版を、よくぞここまで再構築したと思います。今まで丹念に描かれてきたからこそ、あのレイの犠牲やレイがい...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 12巻
    貞本エヴァの第12巻。旧劇場版第25話を中心に描かれています。色々と暴走気味のゲンドウですが、ついに彼の口からシンジに対する思いが語られます。短いシーンですが、この部分はアニメではほぼ明かされていなかったと思うので大きな事だと思います。アニメでも印象的だったシンジとミサトのシーン。漫画版では前向きな...続きを読む
  • 新世紀エヴァンゲリオン 4巻
    1995年から1996年にかけてTVアニメが放送された新世紀エヴァンゲリオンのコミック版、貞本エヴァの第4巻。TVアニメの第8話、第9話に相当します。セカンドチルドレンのアスカや加持さんが登場し、物語がにぎやかになります。前巻ではシンジとレイ、本巻ではシンジとアスカの関係構築が丁寧に描かれています。...続きを読む