渡部泰明のレビュー一覧

  • 超訳百人一首 うた恋い。【異聞】 うた変。
    『うた恋。』スピンオフ作品。
    本編で語られなかった裏話やらパロディやら…なんでもあり(!?)の、カオス状態。笑

    個人的に良かったのは、業平と高子の話。本編の内容だけだと、アニメ派の私には物足りなかったので。
    業平が高子に惹かれていった過程が分かって、確かに恋は誤算から始まるものかも!~って、しみじ...続きを読む
  • 超訳百人一首 うた恋い。【異聞】 うた変。
    仲良し三人組がいい。
    業平のツンデレぶり

    貧乏な康秀が風邪でダウンしたら、
    小町が炭を贈ってくれて
    米は名乗らない男ってのが。
    康秀は誰からか気付かない!
  • 超訳百人一首 うた恋い。【異聞】 うた変。
    うた恋のパロディー、スピンオフのギャグテイスト漫画。楽しく読めますよ。

    こういったものってどこまで実在なのかもわかりませんし、いっそこういうことなのかな、という解釈で想像を膨らますのが、古典文学の楽しいところなのかな、という気がします。
    そういう意味で早く読みたかったですね。
  • 超訳百人一首 うた恋い。4
    コンセプトもストーリーも素晴らしく、作者の絵も上手い!・・・だけど、残念ながら絵が好みじゃない

    特にまつ毛をマスカラを塗りたくってダマになったヒジキみたいに描いてるトコがダメ

    それ以外がパーフェクトなだけに残念だけど、好みの問題なので仕方ない
  • 超訳百人一首 うた恋い。4
    キュンキュンきた。
    きっと平安時代だからできる恋愛の形とかがあると思うんです!ちょー羨ましい!
    特に壬生忠岑と満子のところが!うらやましいいぃぃぃぃ!
    一緒に居たい人にはきちんと一緒に居たいっていえるようになりたい。まぁ、照れるけどね(笑)
  • 【フルカラー特装版】超訳百人一首 うた恋い。
    元のモノクロ版のうた恋いと読み比べた上での感想。
    本編はもちろん素晴らしいし、著者による表紙や冒頭のカラーページは溜息が出るほど美しい。
    でも、デジタル着色された本編のカラーのクオリティには正直不満でしかない。のっぺりとした色使いは元の絵を損なっていないだろうか。
    作品の中には、フルカラーが生きるも...続きを読む
  • 超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2
    うた変。第2弾。面白い解釈をされるなーと毎回感心して読んでる。本編に戻って読むとより楽しめる。今回も貞明様と綏子のふたりが可愛い。当子内親王と道雅もいい。
  • 超訳百人一首 うた恋い。
    へんてこな猫の置物にお供えものをして、お願いをすると叶うという噂に、半信半疑でお願いしてみたら本当に叶ったが、大事なものを失う結果となる。
    元の自分を取り戻すために、奮闘する男女二人のドタバタ劇。
  • 超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2
    本編もおもしろいけど、うた変もおもしろいね。いろんな人の色恋事情が分かります。この時代の男女はなんだかんだ楽しそうだよね。
  • 超訳百人一首 うた恋い。3
    尊敬とはまた違うのだけど、憧れる人物とか、なりたい人物の一人は昔の歌人の方々です。誰か一人に絞れと言われるとそれ程の知識はないので困るのですが、こう日頃の何気ないことを違った目線で感じられたり、その想いを簡潔かつ素敵に伝えられる日々はなんて素晴らしい日々なんだって感動します。家出て、電車乗ってていう...続きを読む
  • 超訳百人一首 うた恋い。4
    もはや、史実がめちゃくちゃでほぼフィクションみたいになってしまっているようですが、歴史に詳しくない僕にはそんなことは大した問題ではなく、一つの新しい歴史恋愛御伽噺として素直に感動しました。感動出来ないノンフィクションより感動出来るフィクションです。感動出来れば、それで十分。それより、うた恋の安定感恐...続きを読む
  • 超訳百人一首 うた恋い。2
    楽天ブックスで購入。
    今回は、世界の美女3人に選ばれている(ところで、誰が選んだんだろう?)小野小町の話が中心で、主でした。
    絶世の美女と噂された小野小町と、幼馴染僧正遍昭(そうじょうへんじょう)の物語は、少し切なかった。作り話らしいけど。あのまま結婚して幸せになっていたかもしれない未来と、夢を叶え...続きを読む
  • 超訳百人一首 うた恋い。4
    血がつながっていても異母ならOK!だったり、今より自由な面もあるが、船しか交通手段がない中で遠距離恋愛(中国・日本)なんてそりゃもう難しい。基本的に短命の人が多いので今生の別れになってしまうことも。悲恋です。。

    天の原 ふりさけ見れば 春日なる
    三笠の山に いでし月かも(阿倍仲麻呂)

    わたの原 ...続きを読む
  • うた恋い。和歌撰 恋いのうた。
    興味をひかれる解説本なんだけど
    恋愛ものを読みなれていないので
    ちょっとしんどいかも(;^^)ゞ

    読み進むうちに慣れてきた
    雅で技巧の工夫もいいんだけど
    よその恋愛事情を観察しているようで
    なんだかね(;^^)ゞ
    解説は詳しくて解りやすいんだけど
    リアルすぎるかなぁ~

    良かったのは、定子と納言の...続きを読む
  • 超訳百人一首 うた恋い。4
    これまでは恋の浮かれた雰囲気が全体的に漂ってた気がするけど、この巻はもっと重いというかじんわり染みる話が多かった。千年の昔も人は同じことを感じて生きていたのですよね。
  • 超訳百人一首 うた恋い。3
    純粋に漫画として面白いんだけど。百人一首の入門書にするのであれば、誤解を招きそう。一通り百人一首の内容を知っている人向けだとおもう。
  • 超訳百人一首 うた恋い。3
    清少納言の男女の友情は成り立つのかみたいな・・・そんな気持ちが動いたり離れたり・・・それでいて歌の才能にお互いひかれている。こんな関係もあるのだと思わせた。
  • 超訳百人一首 うた恋い。3
    1巻が一番面白かったな。
    杉田先生はギャグが秀逸なのにこんなに真面目だと物足りない。
    おそらく全年齢向けだから本来のゲスくて生生しいギャグは封印したのだろうが残念きまわりない。
    アニメ化が決まったようだが複雑な乙女心であります。
  • 超訳百人一首 うた恋い。3
    3作目。やはり良いですな。

    日本史が余り得意ではないので、歴史背景がイマイチ思い出せないけど、清少納言という1人の女性の魅力がとてもよくわかりました☆
  • 超訳百人一首 うた恋い。3
    今回は清少納言を中心とした構成。それぞれに連続性関連性が見えて読みやすかった。アニメ化おめでとうございます!