星天の兄弟

星天の兄弟

作者名 :
通常価格 1,999円 (1,818円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ある王国の小さな村に、高潔な学者が住んでいた。学者には母親のちがう息子が二人おり、兄は賢く弟は美しいことで評判だった。ある時、王国の第二王子が学者を自分の家庭教師にと招いた。王子は聡明で学者は喜んで教えていたが、父王に対する反乱を企んでいるとの疑いが王子にかかり、王子を焚きつけたとして学者も捕らえられてしまう。幼くして罪人の子という重い軛を負うことになってしまった兄弟。互いを思いやりながらも別々の道をゆく二人の運命は? 家族とは何か、絆とは何かを問う感動のファンタジイ。〈天山の巫女ソニン〉シリーズで人気の著者の書き下ろし長編!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
ページ数
372ページ
電子版発売日
2021年08月24日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
4MB

星天の兄弟 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    前半の兄ヘソクの視点での物語は、ヘソクに感情移入してつらかった。後半から弟ヘリョンの視点で物語が進み、兄の考えていることがわからなくなった。思っていたよりも兄弟仲良しというシーンは少なかったが、そのぶんふたりが幼い頃に家族と過ごした時間はとても貴重な時間だったのだと装幀画を見ながら感じた。兄弟それぞ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年09月29日

    腐らず受け止め、真摯に生きる
    多少出木杉君だけどね
    あと、超極悪人がいないのもいいもんだ

    兄の背負ったものが何だったのか、思わせぶりだなあ

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング