能面検事の奮迅

能面検事の奮迅

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

学校法人荻山学園に対する大阪・岸和田の国有地払い下げに関し、近畿財務局職員の収賄疑惑が持ち上がり、大阪地検特捜部が捜査を開始。ところがその特捜部内の担当検事による決裁文書改竄疑惑が浮上。最高検から調査チームが派遣され、大阪地検一級検事の不破俊太郎は惣領美晴事務官と調査に乗り出し、信じがたいものを発見する……。「能面検事」再び! 現実の事件を彷彿させる物語に、能面検事・不破の鋭いメスが冴えわたる!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
電子版発売日
2021年07月27日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
1MB

能面検事の奮迅 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年11月07日

    森友学園問題をモチーフにした、汚職事件、文書改竄に対する捜査で始まる物語りは、全く違う方向に捜査が進む。
    能面検事の流儀とブレない性格が、真相を暴いていく。読み終わった後は青春ドラマを見終わった爽快感があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    中山七里には、好きなシリーズがいくつかあるが、単作だと思っていた「能面検事」が本作の登場でシリーズになったんだと嬉しく思う。個人的には、御子柴弁護士シリーズが一番好みだが、本シリーズはそれに次ぐか同等の位置付け。
    感情を全く表に出さないまさに能面のような検事である不破俊太郎の活躍を検察事務官になった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    森友学園を念頭においた舞台設定で、どんなストーリを紡ぐのか前半は想像もつかず。後半の事件の真相と更にもうひとつのどんでん返し、不破検事の最後までぶれることのない対処。素晴らしい出来です。事件真相の件は流石、中山作品の真骨頂。面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月29日

    最初は、中山七里さんに珍しく、面白くない気がしてしまったが、岬検事が出てきた辺りから楽しくなって止まらなくなってしまった。一日で読破。
    事件の真相にも満足。
    次の能面検事シリーズも楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月21日

    国有地売買を巡る問題に文書差替えの疑惑が持たれ、大阪地検検事に疑いがかかる。
    不祥事再びか。
    不破が捜査していく過程で、20年前の出来事が関係し新たな展開が待っていました。
    東京からは、あの岬(父)さんが調査チームに入っていい味を出します。
    切なく悲しい話ですが、暖かくもなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月11日

     能面のように表情のない大阪地検の検事・不破が大阪・岸和田の国有地払い下げに端を発する事件の真相を明らかにする。 
     同じ大阪地検特捜部の検事による文書改竄疑惑をうけ、最高検から派遣された調査チームに合流することになり、そこには中山作品に度々登場している今は東京地検次席検事となっている岬もいた。不器...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月07日


    やはりどんでんはあった。そうきたか!
    続編とか普通あまり出来は良くない
    これもその類と思いしや。なんと。

    真実を明きらさまにすることによって
    救われる罪もある。
    能面検事不破、深い。

    本文よりー
    「知らぬ存ぜぬを続けていれば逃げられると思ったら大間違いです。
    食事をすれば排泄される。歩けば足跡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    おそらく森友問題を題材にしていて、改竄の理由がかなりの過去にまで遡るというストーリーは結構面白かった。
    ただ、何故か前作ほどの面白さはなかったように思ってしまった。
    岬検事は別の話にも出てくるようで、読んでみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月29日

    骨のある小説だった。改竄事件はどうなるか?途中から殺人事件が判明した事により犯人は?混沌としてくる。読み進めていくと更に面白くなってくる作品だった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    ご存知森友学園問題を意識した物語ではあるが、事実上は友情物語であった。前作では著者のスターの中ではちょっと地味かな思っていたが岬検事の登場で一気にスターに昇り詰めたようである、これで同じ法曹界の話である御子柴との対決も期待してしまう。森友事件が朝日や毎日が捏造したほどの事件性がなく、こう言う話に持っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング