公開霊言 聖徳太子、推古天皇が語る古代日本の真実

公開霊言 聖徳太子、推古天皇が語る古代日本の真実

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【説法3300回 著作2850書突破!】

この国に
生まれたことの
誇りと勇気を。

聖徳太子は確かに実在した
初めての女性天皇の実像とは
明らかになる「富士山王朝」とは?
狭い国粋主義的立場を超えて――
左翼史観や自虐史観が完全に
崩壊する新事実を明らかにする。


聖徳太子、その傑出した
功績と魂の秘密
〇めざした国づくりと、
 その使命が明らかに
〇仏教を取り入れた
 真意とその意義とは
〇推古天皇を立てて
 摂政をした理由
〇危機に瀕する現代日本に
 勇気のメッセージ

歴史から消された
「富士山王朝」の秘密
〇神武天皇の以前に
 富士山で開花した王朝
〇「天御祖神」という存在と
 「天照大神」との関係
〇日本は、中国大陸や朝鮮半島とも
 一線を画した文明


■■ 聖徳太子の人物紹介 ■■
574~622年。飛鳥時代の政治家、思想家。父は用明天皇、母は穴穂部間人皇女。名は厩戸豊聰耳皇子。推古天皇の摂政として内政・外交に尽力。冠位十二階・十七条憲法を制定して中央集権化を進めるとともに、小野妹子を隋に派遣して国交を開き、日本の文化を発展させた。また、仏教を深く信仰し、法隆寺・四天王寺等を建立するなど仏教興隆にも努める。620年、『天皇記』『国記』を編纂。なお、魂のきょうだいに、アメリカの南北戦争時に第16代大統領だったアブラハム・リンカンがいるとされる(『黄金の法』〔幸福の科学出版刊〕参照)。

■■ 推古天皇の人物紹介 ■■
554~628年。第33代天皇。在位592年~628年。名は豊御食炊屋姫命。欽明天皇の第三皇女。母は蘇我堅塩媛。敏達天皇の皇后となり、五九二年、崇峻天皇が蘇我馬子に暗殺された後、即位。甥である聖徳太子を皇太子、摂政とし、冠位十二階や十七条憲法の制定、『天皇記』『国記』の編纂、法隆寺の建立、遣隋使の派遣などを行った。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
幸福の科学出版
電子版発売日
2021年07月09日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
17MB

公開霊言 聖徳太子、推古天皇が語る古代日本の真実 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月20日

    聖徳太子といえば、だれもが知る歴史上の人物であるが、数年前だったか、聖徳太子は実在しなかったのではないかという架空の人物論が話題になった。私はその根拠がどこからきているのか不思議に思っていたが、どうやら古事記と日本書紀の記述内容だけを分析した結果がもとになっているようだ。この霊言集を読むと、古事記、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月04日

    聖徳太子は日本の歴史の中で突出した天才であったが、その理由か明らかに。当時仏教は外来の信仰宗教であったが、日本に根付かせるために転生した仏陀の霊流を引く方であった。推古天皇は天照系列。当時の状況と現代の状況を対比させ類似している状況などが解説され興味深い。2050年迄に中華帝国との決着、そして210...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

    釈尊と天照大神の融合体こそ日本の国体。まさに核心。

    聖徳太子の思想の普遍性は日本史の中でも飛び抜けていて、まさに宇宙人・未来人的。その超天才が存分に力を発揮できるよう環境を整えていた推古天皇も、やっぱりただ者でない。驚くべき魂の系譜が明らかに。
    お二人はスケールが大きすぎて、魂が尊すぎて、自分に引...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング