生きていてもいいかしら日記

生きていてもいいかしら日記

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中年で独身、親と同居。最強の酒飲みにして最悪のほら吹き。
大爆笑必至につき人前では読まないで下さい。「サンデー毎日」大好評連載エッセー。

<目次>
じいさんの説教
乳の立場がない
パンツを下げた夜
人生を変えた偉人伝
「余力」が欲しい
体脂肪と時計の針
ろくでもない判断力
泥酔メールの謎
オバチャンは聞いた
物悲しい秋の一夜
キミコが結婚できない理由
とある一日の出来事
吠え犬と負け犬の大勝負
オバチャンを泣かせるな
圧力鍋と私の十五年戦争 ほか

私の心を奪った酒場たち(1)
「経文酒場」 ほか

※この作品は毎日新聞出版で過去に配信された内容と同一になります。重複購入にご注意ください

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
毎日新聞出版(インプレス)
ページ数
208ページ
電子版発売日
2021年08月27日
サイズ(目安)
4MB

生きていてもいいかしら日記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月03日

    面白くて一気読み。怠惰に関して自覚があり若干の罪悪感を抱いている方(でも改善する余地はない)の、なんと愉快なことか。
    三浦しをんさんや青木るえかさん、男性なら宮田珠己さんの系統だろうか。他にも数冊出されているようなので、読むのが楽しみだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月22日

    1963年札幌生まれ、現在も札幌在住、北大路公子さんの「生きていてもいいかしら日記」(2008.1)を読みました。読み友さんの情報から。初読み作家です。とても面白かったです。すぐにファンになりました(^-^) この作品を出された時は44~5歳、今年54歳、自称「いい年、独身、正直者」とのことです。好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月02日

    心がくさくさした時に読むと、なんだか救われた気分になる。

    吹き出し笑いが、気づけば、ずっと笑っている感じ。著者のとんでもない妄想や日常が書き綴られていて、一歩踏み入れると、ずぶずぶと引き込まれてしまう。

    著者曰く、「覇気のない」「どうしようもない」生活をダラダラ続けて今に至るという事実。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月07日

    昼酒が好き、中年、(おばさん)、独身、職業不定・・・この要素に眉をひそめない方なら大爆笑で楽しめる一冊。大変面白かったです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月13日

    だめ人間 キミコの日常。
    昼寝。酒。飯。妄想。酒。酒。

    爆笑!
    ばかばかしくて、どうでもいいことばっか。

    真面目?普通?
    へ?そんな堅苦しく生きなくても、楽しめればいいじゃんね。って思える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月12日

    噂には聞いていたけれど・・・この人面白すぎます(爆)
    早く文庫になってほしい1冊。文庫になったら他の人にもどんどん広めたい(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月23日

    安定の面白さ。後に何も残らない。
    あとがきの
    『自分は「この人はいついかなる
    ときもバカバカしいことを書いて
    いる」と思われたいと思ってます。』
    が心にしみる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月06日

    相変わらず笑えます。

    読むたびに好きになるキミコさん。
    うん、もっともっとって
    欲しくなるのは相変わらずの実力です。

    元気出ます、この人から。
    なんだか、元気にさせるなにか
    出してるんじゃないかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月20日

    たくさん、たくさん笑わせてもらいました♪あはは、と声が出て主人が訝しげに振り向く事多数。肩の力が抜けていく感じ。似たような経験あるぞ、という身につまされる笑いは痛快でした(*´艸`*)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月05日

    前読んだ「頭の中が…」よりは破壊力少なめかな。「ある晴れた日に」「小人さんの贈り物」がサイコー♪
    「皺だらけの神様」「姉の正体教えましょう」の文章力にはゾクゾクしました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング