政治権力 上 ―その構造と技術―

政治権力 上 ―その構造と技術―

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 2,860円 (税込)
獲得ポイント

5pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

この本において、私は、政治的論理についての権威者たちの結論を繰り返したり、論駁したりするつもりはない。これらの思想家たちに多くのものを負っていることは認めるが、私としては、多年にわたる読書・考察・観察・経験といったものを通して、政治権力の性質について私自身で見出してきたものをあえて提示したい。
 私の目的は、社会統制の過程において、政治権力がいかなる役割を演ずるかを提示することにある。その際、一定の統治形式や統治態様を批判し、あるいは擁護しようと試みる人びとの場合に通例見うけられるよりは、できるなら、より多くのリアリズムをもってするつもりである。本書で検討されるのは、次のような諸点である。すなわち、権力が登場してくる状況。競い合う数々の忠誠。権力の裏面および権威の表としてのクレデンダとミランダとアジェンダ。生き残っていく権力保持者のテクニック。権力行使の対象となる人びとの自己防衛のやり方。権力の窮乏。権威の拡散・没落・倒壊。現代における権力に見られる諸傾向。これらが本書の検討の内容となるであろう。(「序章 問題の所在」より)
本書はCharles E. Merriam, Political Power : Its Composition and Incidence, New York : Whittlesey House, McGraw-Hill, 1934の全訳である。原書は、その後ラスウェルやT ,V・スミスの著作と共に、A Story of Power として、フリー・プレス社から一九五〇年に刊行され、さらにラスウェルの序文をつけてコリア・プックス(ベイパー・パック版)の一つとして一九六四年に再刊されているが、いずれも内容は初版のものと変りはない。
 本書の魅力の一つは、一方でのナチス突撃隊の威声をきくような熱っぼい臨場感と、他方でのおよそ時代と場所とを超越した醒めた分析との組合せであろう。
 本書は、やはり今日においても、政治とは何かを身近かなものとして、ときに生々しく理解させてくれる。読者は、本書を通じて、読者をとりまく今日の政治状況について、さりげない、しかし思わず息をのむような洞察にみちた警句を見出すことであろう。約四十年前の本書が、依然今日においても生きている所以である。(「訳者あとがき」より) 本書はその上巻。
目次
序章 問題の所在
第二章 権力の生誕
 パーソナリティー
 権力の追求者
第二章 権力の一族
第三章 無法者の法
第四章 権力の表
 ミランダ
 クレデンダ
第五章 権力の裏
チャールズ・E・メリアム小伝
チャールズ・E・メリアム主要著作目録

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 選書・双書
出版社
東京大学出版会
ページ数
250ページ
電子版発売日
2021年06月11日
サイズ(目安)
39MB

政治権力 上 ―その構造と技術― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

政治権力 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 政治権力 上 ―その構造と技術―
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 この本において、私は、政治的論理についての権威者たちの結論を繰り返したり、論駁したりするつもりはない。これらの思想家たちに多くのものを負っていることは認めるが、私としては、多年にわたる読書・考察・観察・経験といったものを通して、政治権力の性質について私自身で見出してきたものをあえて提示したい。  私の目的は、社会統制の過程において、政治権力がいかなる役割を演ずるかを提示することにある。その際、一定の統治形式や統治態様を批判し、あるいは擁護しようと試みる人びとの場合に通例見うけられるよりは、できるなら、より多くのリアリズムをもってするつもりである。本書で検討されるのは、次のような諸点である。すなわち、権力が登場してくる状況。競い合う数々の忠誠。権力の裏面および権威の表としてのクレデンダとミランダとアジェンダ。生き残っていく権力保持者のテクニック。権力行使の対象となる人びとの自己防衛のやり方。権力の窮乏。権威の拡散・没落・倒壊。現代における権力に見られる諸傾向。これらが本書の検討の内容となるであろう。(「序章 問題の所在」より) 本書はCharles E. Merriam, Political Power : Its Composition and Incidence, New York : Whittlesey House, McGraw-Hill, 1934の全訳である。原書は、その後ラスウェルやT ,V・スミスの著作と共に、A Story of Power として、フリー・プレス社から一九五〇年に刊行され、さらにラスウェルの序文をつけてコリア・プックス(ベイパー・パック版)の一つとして一九六四年に再刊されているが、いずれも内容は初版のものと変りはない。  本書の魅力の一つは、一方でのナチス突撃隊の威声をきくような熱っぼい臨場感と、他方でのおよそ時代と場所とを超越した醒めた分析との組合せであろう。  本書は、やはり今日においても、政治とは何かを身近かなものとして、ときに生々しく理解させてくれる。読者は、本書を通じて、読者をとりまく今日の政治状況について、さりげない、しかし思わず息をのむような洞察にみちた警句を見出すことであろう。約四十年前の本書が、依然今日においても生きている所以である。(「訳者あとがき」より) 本書はその上巻。 目次 序章 問題の所在 第二章 権力の生誕  パーソナリティー  権力の追求者 第二章 権力の一族 第三章 無法者の法 第四章 権力の表  ミランダ  クレデンダ 第五章 権力の裏 チャールズ・E・メリアム小伝 チャールズ・E・メリアム主要著作目録
  • 政治権力 下 ―その構造と技術―
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 この本において、私は、政治的論理についての権威者たちの結論を繰り返したり、論駁したりするつもりはない。これらの思想家たちに多くのものを負っていることは認めるが、私としては、多年にわたる読書・考察・観察・経験といったものを通して、政治権力の性質について私自身で見出してきたものをあえて提示したい。  私の目的は、社会統制の過程において、政治権力がいかなる役割を演ずるかを提示することにある。その際、一定の統治形式や統治態様を批判し、あるいは擁護しようと試みる人びとの場合に通例見うけられるよりは、できるなら、より多くのリアリズムをもってするつもりである。本書で検討されるのは、次のような諸点である。すなわち、権力が登場してくる状況。競い合う数々の忠誠。権力の裏面および権威の表としてのクレデンダとミランダとアジェンダ。生き残っていく権力保持者のテクニック。権力行使の対象となる人びとの自己防衛のやり方。権力の窮乏。権威の拡散・没落・倒壊。現代における権力に見られる諸傾向。これらが本書の検討の内容となるであろう。(「序章 問題の所在」より) 本書はCharles E. Merriam, Political Power : Its Composition and Incidence, New York : Whittlesey House, McGraw-Hill, 1934の全訳である。原書は、その後ラスウェルやT ,V・スミスの著作と共に、A Story of Power として、フリー・プレス社から一九五〇年に刊行され、さらにラスウェルの序文をつけてコリア・プックス(ベイパー・パック版)の一つとして一九六四年に再刊されているが、いずれも内容は初版のものと変りはない。  本書の魅力の一つは、一方でのナチス突撃隊の威声をきくような熱っぼい臨場感と、他方でのおよそ時代と場所とを超越した醒めた分析との組合せであろう。  本書は、やはり今日においても、政治とは何かを身近かなものとして、ときに生々しく理解させてくれる。読者は、本書を通じて、読者をとりまく今日の政治状況について、さりげない、しかし思わず息をのむような洞察にみちた警句を見出すことであろう。約四十年前の本書が、依然今日においても生きている所以である。(「訳者あとがき」より) 本書はその下巻。 目次 第六章 権力の窮乏 第七章 権力の技術 第八章 自己放棄による権力 第九章 権力の病と死 第十章 現代権力の諸問題  社会行動と社会過程とに影響する基底的諸要因  権力の社会的構成  基底的な共通問題  権威主義にかかわるイデオロギィ的諸傾向  権力過程の新しい道具 訳者あとがき

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています