50歳になりまして
  • ptバック

50歳になりまして

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
紙の本 [参考] 1,485円 (税込)
獲得ポイント

567pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

後ろ向きに考え抜いたその先には、
人生後半戦を明るく照らす
私の「ガンダーラ」があるはずだ!

コロナ禍の変化、更年期のとまどい、そして老後の話……
話題沸騰の「留学の話」を含む、書き下ろしエッセイ集。

40代になって仕事がゆる~りと減り始め、一大決心してレギュラー番組に休みをもらい、大好きな部屋を引き払って留学する予定だった2020年4月。しかし、緊急事態宣言が発出されて、留学を断念、家なき子の仕事なき子になってしまって……。
「東京に行けばすべてが叶う」と妄信して上京した18歳の時と同じような気持ちで決めた、50歳目前の新しい挑戦=留学。今年の夏にカナダ留学にリトライしよう、という新しい目標を決めて、留学するまでのことを23本のエッセイに。
40代最後の年の決意、コロナ禍に妹の家で過ごした居候生活、「イーーーーーーー!!!」となるくらい大好きな手芸のこと、更年期を迎えようとしている心と体の変化、なぜカナダだったのか、来年30周年のコンビのこと……。同世代にとって、そしてちょっと生き辛さを感じているさまざまな世代の人たちがクスっと笑えて、「あなたもですか」と共感しつつ元気をもらえるエッセイ集です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
208ページ
電子版発売日
2021年05月29日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
1MB

50歳になりまして のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    やっちゃん、かわいい!

    みそりお 2021年09月16日

    光浦さんのこと、少し好きだったのがすごく好きになりました。海外留学を決めたもののコロナで延期になり、空いた時間で書かれたエッセイとのこと。どこか可愛らしくて真面目で、きっと留学を経てもっと素敵な方になるんだろうなと思いました。また是非書いて欲しいです。光浦さんが、光浦さんが望む通りのおばあちゃんにな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月20日

    自分のなかにもあるはずだけどスルーして「ないもの」にしてるようなドロッとした心の声が、いくつも繊細に綴られていました。
    昔の学校でのできごと、大人になってからのふとした会話…自分に置き換えてみても「ああっ、そう!そうなの!!」と声だして言いたくなる箇所がいくつもありました。

    「わかる~」と感じると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月14日

    おもしろぉぉい~!!3軒書店を駆け回って買った甲斐あり。以前光浦さんの留学の話がネットニュースでバズり、私も読んでいたく感銘を受けた。その後の続きが読めるような内容には歓喜。光浦さんのコロナ禍での過ごし方、ご自身のパーソナリティがふんだんに書かれている。「ひょっとしたらお友達になれませんか?」と錯覚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月05日

    マチャアキの西遊記が大好きな私は、帯にある私の「ガンダーラ」があるはずだ!に惹かれ買ってしまいました。

    初めて光浦靖子さんのエッセーを読みました。コロナでカナダ留学が延期になり、家無し仕事無しになってしまい、妹一家の家に居候する処から始まります。
     タレントとして、若手の台頭、緩やかに無くなる仕事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    わかる、わかりすぎる!
    所々声をあげて笑ってしまった。
    物事を悲観的に考えるところ、電車での復讐したくてもできない件、わかるなぁ。
    今までは光浦と呼んでいたが、これからはやっちゃんと呼びたいくらい親しみを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月02日

    光浦さんのエッセイを初めて読みましたが、自分が普段なんとなく感じていた、意識化されていなかった気持ちを、シンプルな言葉で次々に顕してくれました。言われてみればそうそう、わかるわかる、という感じです。特に夜中に散歩して神社でお祈りした内容はすごく共感しました。留学がどうなったかも知りたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    とにかく、50歳になってね、やりたかった留学をするってのが良いじゃないの!
    この夏、光浦さんは本当にカナダに行かれたんですね。
    南米のお友達もできたそうで。楽しそうやな〜
    このエッセイにでてくる友達もいいね。
    白鳥さん。清水みちこさん。黒沢さん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月15日

    光浦さんの感じられているコロナ禍での事や、芸能界のお友達の話など、身近に感じられました。
    留学の事をニュースで拝見して、行動される姿がカッコいいなと思い、この本を手に取りました。
    みんな不安の中で生きている。頑張ってる。と感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    テンポも良く、内容もクスリと笑え、読み出したら止まりませんでした。

    光浦靖子さんはたまにテレビで拝見してするくらいだったのですが、一気に人物への興味がそそられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月28日

    50歳になってのカナダ留学。すごい、人生年齢で諦めるのではなく何歳からでもチャレンジできるんだな、と励まされた。

    『一つのことを追い、極めることが世間では素晴らしいとされているけれど、私にはできそうもない。「逃げ」と「新しい挑戦」の線引きは曖昧だ。
    幼い頃からやりたかったこと、(文房具屋になりたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています