殻都市の夢
  • 完結

殻都市の夢

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

愛ゆえに禁忌を犯した男、「街」を愛してしまった青年…その身に殻をまとうように成長し続ける『外殻都市』を舞台に繰り広げられる哀しくも切ない夢の残滓―全7編

ジャンル
出版社
太田出版
掲載誌・レーベル
マンガ・エロティクス・エフ
電子版発売日
2011年01月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

    Posted by ブクログ 2016年07月14日

    「なるたる」みたいな長編もいいけど(「ぼくらの」は未読)、
    「ヴァンデミエールの翼」「残暑」に並ぶ短編集もいいなぁ。

    恋とポゼッションというテーマが、嫌味でなく綺麗に示されている。
    そしてただ綺麗なだけでなく、人間の孤独や愚かさをうまくクローズアップしている。

    とにかく線の細い薄倖の少女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月23日

    「積み木の家」のように、上へ上へと積み上げられていく都市の出来事を描いた連作的短編集。小川洋子的なはかなさが良いです。細くて儚い画風とよくマッチしてるし、お話としても好み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月07日

    すごい好きな話だった……!
    色々な物語がどれもやるせない切なさでぐっときてしまう。

    どの話も魅力があるので買って損無し。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月15日

    舞台は近未来のどこかの国の一都市。
    殻都市と言われるその都市は、廃棄と増築を重ね無限に積みあがって成長を続ける都市です。
    その都市を舞台にした短編が収録されています。
    王道のベタな話や、悲しいけれどもどうしようもできない話など
    色々なバリエーションがあって楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初めて読んだ鬼頭作品。淡淡と描かれていて、読んだ後に物語がすっとしみこむ感じ。未発達、未成熟の少女描かせたら一級。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月13日

    エロいけどエロくない、不思議な作品。

    私が思うに、鬼頭さんの描くエロは生々しさがなく淡白な印象を受けるので
    この作品の荒廃したあまり生気のない世界観でも違和感がなく
    一つ一つの作品の切なさや哀しさをより引き立てるものになっていると思います。

    愛の表現は人それぞれだけど、全部が全部理解してもらえる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    鬼頭先生独特の雰囲気が味わえる作品だと思います。これを読んで改めて思ったけど、面白いと思える作品には、独特の雰囲気を持つものが多いような気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月22日

    未レビュー消化。近未来において生死を描いた物語。神のように気紛れに命を与えたり、奪われたり、街の見る夢のようにフワフワした話もあって面白かったです。特に、第6話の造物主の檻は良いオチだなぁと思いました。ゲームキャラクターに退屈を与えなければ争い事が起きないがつまらない。そう思うと僕らの世界に神がいる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月30日

    ほんと独特な感性。
    人間が他の存在へ発する、それぞれの愛の形。他者からみれば滑稽であったり、奇妙であったり、畏怖されるようなものであっても、主観的には「愛」という感情の発露による行動なわけで。
    んー、深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月30日

    鬼頭莫宏はやせっぽちを描かせたら天下一品です。

    エロティクスFって、快楽天(今は失楽天?)みたいな雑誌かと思っていたら、作家陣がツボにはまった。
    こんど買ってみようかな。

    この本に限っては、そんなにきわどいシーンも無いような。
    18禁的な描写はありますが、エロありきのマンガでなく、話の流れ上で濡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています