ほねがらみ

ほねがらみ

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

安易な気持ちで、恐怖の実話を集めてはいけない――!
ネットでバズった恐怖小説が、書籍化により、拡、散。

「今回ここに書き起こしたものには全て奇妙な符号が見られる。読者の皆さんとこの感覚を共有したい」から始まる、ドキュメント・ホラー小説。

大学病院勤めの「私」の趣味は、怪談の収集だ。
手元に集まって来る、知人のメール、民俗学者の手記、インタビューのテープ起こし。その数々の記録に登場する、呪われた村、手足のない体、白蛇の伝説。そして――。
一見、バラバラのように思われたそれらが、徐々に一つの線でつながっていき、気づけば恐怖の沼に引きずり込まれている!

「読んだら眠れなくなった」「最近読んだ中でも、指折りに最悪で最高」「いろんなジャンルのホラー小説が集まって、徐々にひとつの流れとなる様は圧巻」など、ネット連載中から評判を集めた、期待の才能・芦花公園のデビュー作。

――「次の生贄は誰がいいと思いますか」

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2021年04月13日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
2MB

ほねがらみ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月21日

    全編に三津田信三さんへのリスペクトや、それを基盤にして著者の「書きたい」モノを創り上げた処女作。

    そして、処女作にして最高傑作とならないでほしい。
    まだまだ貴著が読みたいです。応援してます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    面白かった。どんどん怖くなるが、これは何?何で?と気になり一気読み。
    三津田信三よりライトな民俗学ホラー
    次作も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています