ワンさぶ子の怠惰な冒険

ワンさぶ子の怠惰な冒険

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

北海道トムラウシの山村留学から福井に帰ってきた宮下家。当時、子供たちの妄想(脳内)犬だった白い柴犬ワンさぶ子を本当に迎え、すっかり家族の一員に。3人の子供たちは、大学生、高校生、中学生となり、思春期真っ只中。それぞれが自分の道を歩き始めていく。広がる世界、かけがえのない音楽、しなやかに自由を楽しむ、宮下家5人と1匹の3年間。『神さまたちの遊ぶ庭』に続く、しあわせ感じる家族エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
光文社
電子版発売日
2021年02月23日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
6MB

ワンさぶ子の怠惰な冒険 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年04月05日

    宮下家の愛犬ワンさぶ子と宮下奈都さんのご家族5人の日々の暮らしを描いたエッセイ。
    気がつけば、お子さん3人は上の子は成人し、末っ子ちゃんも高校生と大きくなった。
    その子その子で性格が違うけど、しなやかで、柔軟で発想豊か。一本芯が通っている。ページをめくればめくるほど、大人びた発言が増えていくことにハ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    宮下奈都さんの、柴犬、大学に行く長男、大学受験挑戦の次男、高校受験の長女、小説家としての仕事。

    何と言ったらいいか。都合のいいことも悪いこともさらけ出しつつ、読む者が癒やされるある意味究極のエッセイ。

    こういう文章を書ける人、こういう感受性を持つ人、こういう人生を歩く人になりたいと心から思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月28日

    面白かった。
    こどもたちのエピソードはクスッと笑ってしまうものばかりで、宮下さんの、さすが作家さん!というツッコミが面白さを倍増させてました。
    書籍の執筆以外にも色々な仕事をされてるのだと知れてよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    もともと宮下さんの作品、小説エッセイともに大好きなのですが、本当にこのエッセイはクスッと笑えてポロポロ泣ける良質なエッセイ。
    ワンさぶ子の話というよりも、ワンさぶ子を含めた宮下家の3年間。
    宮下さんにパニック障害あるって知らなかった…わたしもずっと患ってて今でも服用してるから、分かる。薬を飲み続けて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    愛犬ワンさぶ子を含めた宮下さん一家の3年間。
    日記風に月日が流れていく。
    ワンさぶ子の視線もあり、お隣のおばさんの様な気持ちで宮下一家を見守った感じ。
    お子さん達の成長が楽しみ。
    悲しい別れもあるけれど、素敵な時が流れているなぁ〜。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月18日

    ワンさぶ子の活躍はあまりなかったような気がするけどw
    とにかく奈都さんの家族がサイコー!
    マジ面白過ぎるわwww
    いや、前から知ってたけどwww

    ホント、家族みんな仲良しで微笑ましい。
    たまに奈都さんの体調が良くなかったりするのは心配だけど、私なんかよりめっちゃ活動的だしな。
    お兄ちゃん2人もそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    宮下家の三年間の記録でした。
    読んでいて、宮下奈都さんは、毎日、日常の何でもないことを楽しんで暮らしているのだなと感じました。
    こんな生き方をしたいと思う内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています