冬の狩人

冬の狩人

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

H県警捜査一課に一通のメールが届いた。3年前の未解決殺人事件「冬湖楼事件」の重要参考人で行方不明の阿部佳奈を名乗り、出頭条件に新宿署の刑事・佐江による保護を求めていた。凄腕のマル暴だが刑事を辞める決意だった佐江は、H県警の若手刑事・川村と未解決事件や阿部の動きを捜査する。佐江は阿部と待ち合わせるが、そこに殺し屋が──誰が裏切ったのか!? 圧倒的熱量! 人気漫画「YUKITO 雪人」原作シリーズ待望の新作!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社
電子版発売日
2020年12月18日
サイズ(目安)
2MB

冬の狩人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    強い魂

    カズマー 2021年01月24日

    前回 雨の狩人 で、もしかしたら佐江刑事とは二度と会えないと思っていたら・・
    ただただ感激でした。
    そしてあの街のもう一人の刑事の噂も耳にすることが出来るとは・・それも感激でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    見た目じゃねえんだよ見た目じゃ

    funkyconga 2021年01月01日

    くたびれたスーツを着た小太りの中年オヤジ、佐江が主役の狩人シリーズ第5作目。
    容姿端麗でもなく喧嘩が強いわけでもなく銃の腕前もそこそこのこのオヤジが、縦横無尽の活躍を見せる痛快さは相変わらず健在。

    というか作者の大沢さんの佐江に対する愛をひしひし感じる。今回相棒役の若手刑事がポンコツ(最初だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング