るん(笑)

るん(笑)

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

スピリチュアルと科学が逆転した、心の絆が生み出すユートピア・ニッポン! 結婚式場に勤める土屋は、38度の熱が続いていた。解熱剤を飲もうとすると妻の真弓に「免疫力の気持ち、なぜ考えてあげない」と責められる。……「三十八度通り」 平熱は38度で、病気の原因はクスリを飲むこと。お祈りですべての病気を治す世界で繰り広げられる、誰もが幸せなディストピア。『皆勤の徒』『宿借りの星』で日本SF大賞を2度受賞した期待の星による、連作小説集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
248ページ
電子版発売日
2020年11月26日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
1MB

るん(笑) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    本当のディストピアは、その世界に住む人間に居心地のよさという幻想だけを与えて彼らの心身を蝕み続ける。救いのない日常だけが脈々と続いている時に、その世界に囚われている人は、側からみれば邪悪であるにも関わらず、自分の信じるもの(今作であればホメオパシーやスピリチュアル)により縋ることが目的化している。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    科学が否定され、はるか昔のアニミズム的な思想に大きく(変な方向に)揺り戻されたような、仮想未来の世界。
    社会で是とされる価値観に、自身の考えも依拠してるんだよなあと思ったり。
    なんだか居心地悪いけど、面白いぞ!とずんずん読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月01日

    よくもまあこんな話を書けるものだと、感嘆のため息。
    人々の意識の変わりよう、その世界に自分が入り込んだ時の絶望感がとんでもない。
    また漢字表記のちょっとした遊びも楽しく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月16日

    色々よくわからない世界観。狂ってるのに、それが普通という感じで進む。
    ただただ、本当よくわからないけどそれが面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月01日

    相変わらず世界観全開の話。
    「三十八度通り」「千羽びらき」「猫の舌と宇宙耳」

    藤子F不二雄の「気楽に殺ろうよ」みたいな価値観の逆になった世界、科学とオカルトが逆になったディストピアな世界。青年、お婆ちゃん、子供の視点から見た、その世界。
    まさか「るん(笑)」があんな高次ギャグだったとは。癌→蟠り→...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています