詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間

詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今も語り継がれる世紀の名勝負
総勢50名の証言で紐解く史上最高の日本シリーズ

1992年、93年と2年間にわたって激闘が繰り広げられた
西武ライオンズとヤクルトスワローズの日本シリーズ。
現役時代は互いに名捕手として鳴らし、監督としても名采配を振るっていた
西武・森祇晶監督とヤクルト・野村克也監督が、
「キツネとタヌキの化かし合い」と称される息詰まる頭脳戦を展開した。
また、西武には石毛宏典、辻発彦、秋山幸二、清原和博、工藤公康、渡辺久信、
ヤクルトには古田敦也、池山隆寛、広沢克己、飯田哲也、川崎憲次郎、高津臣吾らが揃い、
球界最高峰の対決を見せた。

野村克也氏の生前の証言も収載し、森vs野村の究極の頭脳戦に迫る。
プロ野球史に燦然と輝く2年間の激闘を、四半世紀の時を経て、
総勢50名の当事者たちの証言で振り返るノンフィクション。

目次
序章:決戦前日「キツネ」と「タヌキ」の化かし合い
【第一部 1992年――始まりの秋】
第一章 王者と挑戦者
第二章 激戦の幕開け――10月17日 第一戦
第三章 王者の風格――10月18~22日 第二戦、三戦、四戦
第四章 弱者の兵法――10月23~25日 第五戦、六戦
第五章 詰むや、詰まざるや――10月26日 第七戦
【第二部 1993年――再びの秋】
第六章 それは、「わずか一勝」の差なのか?
第七章 成熟のとき――10月23~24日 第一戦、二戦
第八章 野村の洞察、森の戦慄――10月26~27日 第三戦、四戦
第九章 王者の底力――10月28~31日 第五戦、六戦
第十章 47時間13分、決着のとき――11月1日 第七戦
【第三部 2020年――それぞれの秋】
第十一章 王者たちのその後
第十二章 ID野球継承者たちのその後
終章 野村克也、逝く……

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
インプレス
ページ数
384ページ
電子版発売日
2020年11月20日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
5MB

詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月05日

    往年の野球ファンでないと伝わりきらない内容ですが、だからこそよりすばらしいと感じました。
    92年、93年ともに、私自身は実際の試合を観ていないのに、すべての試合を体験できたように思えるほど、克明な試合の再現。
    かつての選手、監督の最近のインタビューも、良かったです。秋山は天才。石毛のど根性に脱帽。荒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月16日

    1992年・1993年の野村ヤクルトと森西武の日本シリーズでの死闘をヤクルトファンの長谷川晶一さんが書いた本。読んで当時を思い出しました。
    昨年ヤクルトとオリックスが良い日本シリーズを繰り広げましたが、球史に残るシリーズといえば断然野村ヤクルトvs森西武です。2年連続で4勝3敗で決着というのもすごか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    西武ファン絶対読んで欲しい

    さとかず 2021年04月13日

    スポルティーバ連載時から欠かさず読んでいたのが書籍化。あの時の記事がそのままではなく、再構成されてより読みやすくそして刺さってくる当時のプレー1つ1つの思い出。
    本書を世に出してくれて本当にありがとうございます!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月28日

    2年連続第7戦までもつれた、全盛期の西武ライオンズ対ヤクルトスワローズの日本シリーズを、森、野村克也両監督のキツネとタヌキのばかし合いと言われた心理戦を中心に克明に一戦づつ描いたノンフィクション。日本では野球がずーと人気NO1スポーツだったので、映像も豊富にあるし、記憶に残るシーンも多いため、ノンフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月15日

    92年、93年と2年にわたりヤクルト(野村監督)と西武(森監督)が繰り広げた日本シリーズの全14試合を、当時の関係者のインタビューから描きなおすノンフィクション。
    今から30年近く前の日本シリーズをなぜ敢えて取り上げるのかと言えば、このシリーズが1)野村監督vs森監督(ともに捕手出身)、2)古田敦也...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月16日

    日本シリーズ史上に残る名勝負。
    森監督率いる常勝軍団と、野村監督率いる若手たち。
    圧倒的な取材力と、14試合全て生観戦したという筆者がグラウンドにいた張本人たちによって再び世紀に残る熱戦を立体的に立ち上がらせていく様は見事の一言。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月14日

    野球は筋書きの無いドラマと言われるが、
    日本シリーズに日本中が熱狂していたのは、
    いつのことまでだろうか。
    二年にわたる西武とヤクルトの戦いは、
    まさにプロ野球が話題の中心だった時代だ。
    正直、93年の第5戦の日にドーハの悲劇があった
    ことに気が付かなかった。
    つまり、それぞれが特別に記憶させている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月07日

    当時、全試合テレビ観戦したんだよな~。
    なつかしいなー。

    杉浦の代打満塁サヨナラホームラン・・・。
    辻の回転バックホーム→伊東のジャンピングキャッチ&ブロック・・・。
    などなど、名シーンが記憶に残っている。

    単なる証言集ではなく、一級品の物語になっている。
    またいずれ読み返そう。
    (しか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月06日

    「すべてのスワローズファンに贈る一冊」

    このシリーズを知る者も、知らない者も。
    両チームの監督、選手、コーチ等。合計33名へのインタビューは、シリーズ合計14試合の白球の軌跡を鮮明に思い起こしてくれる。当事者しか語ることのできない、史上最高の日本シリーズが蘇る。

    「帯」もステキすぎて捨てられない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    本当に強い西武に食らいつくヤクルトにしびれた、あの頃を思い出しました。
    一瞬も目が離せない日本シリーズ、2年間14試合。いかに死力を尽くしたか、当事者となった選手たちのインタビューから知ることができ、それが書物として残ってくれることが嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める スポーツ・アウトドア

スポーツ・アウトドア ランキング