湖の女たち

湖の女たち

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

琵琶湖近くの介護療養施設で、百歳の男が殺された。捜査で出会った男と女――謎が広がり深まる中、刑事と容疑者だった二人は、離れられなくなっていく。一方、事件を取材する記者は、死亡した男の過去に興味を抱き旧満州を訪ねるが……。昭和から令和へ、日本人が心の底に堆積させた「原罪」を炙りだす、慟哭の長編ミステリ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
電子版発売日
2020年10月29日
紙の本の発売
2020年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

湖の女たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    不思議な小説だが、言葉の端々に引き込まれた。
    100歳の老人が介護施設で殺された。
    犯人を仕立てようとする警察、取材する雑誌記者、介護施設で働く女。
    犯人探しだけの推理小説ではなく、湖の景観を紡ぎ出す文章が魅力的だった。
    湖の夜明けを丹念に描写する…紅の八塩という夜明けの色。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月03日

    表紙が描いている場面を理解した時、犯人が解った時、2回ゾッとした。
    映画化するなら園子温が良いと思う。
    佳代は神楽坂恵で。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月17日

    どこに着地するのかわからない居心地の悪さだけれど、どんどん深みにはまってしまう著者ならでは展開。

    この国の膿がすべて物語に反映されているようで、鋭くもあり怖い。
    エンディングをここにするところがいちばんの見どころ。
    私的には、久々の小説らしさを感じた秀作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    介護施設で百歳の男が亡くなった。機械の故障か、殺人か。警察小説のように進むのかと思えばそうではなく、ミステリーであるけれどその奥に男女の狂気のようなものがあったり、途中で語られる旧満州ハルビンでのある家族の生活。色々な方向に伸びていきながらもつながりがみえてくる展開が面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月03日

    刑事と主人公の女性の突飛な行動。生理的嫌悪感ムクムク。人は理性の生き物ではないが、極端過ぎ。なくても731エピソード成立する。ミステリーとしてもなんだか中途半端な終わり方。久しぶりの作品に期待しすぎたか!残念。さりげなく「トランプが大統領になったんは笑たけど。世界がそうなんやから、俺らごときの刑事が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    介護施設で老人が何者かに人工呼吸器を停止され殺害された。事件を巡り施設職員、警察、記者等が複雑に絡み合い、話は意外な方向に。湖という軸はあるが展開が少し強引な気がした。続きが気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月27日

    療養介護施設の殺人事件をきっかけに出会う刑事と介護士が倒錯した関係に落ちて行く様と、殺人事件にまつわる過去の出来事を追う記者のストーリーが絡み合いながら進む。

    ちょっとありえないような展開から男女がインモラルな関係へ発展していく様は、自分にはリアリティに欠けるように感じた。吉田修一の作品は、善人で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    2.8
    序盤の期待感に反して、
    今ひとつ盛り上がりに欠けたまま終了。

    怖いぞー怖いぞーと脅され続けて、あれ?終わり?というお化け屋敷みたいな…
    731との繋がりもまた然り。

    刑事と女介護士の絡みに至っては、まあ、そういう趣味の人もいるのは分かるが、
    怖さよりもバカさが先に来て…



    琵琶湖畔の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    この作品のレビューは私にはとても難しく思えました。
    何を訴えているのかよくわかりませんでした。

    父と二人暮らしの独身女性の豊田佳代の勤める介護療養施設「もみじ園」で起こった、100歳になる入居者で、元京都大学の教授、市島民男が人工呼吸器の誤作動で死亡します。
    その事件を中心に、出来事が語られていき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年11月03日

    松本清張作品を彷彿させるような人間の欲望や社会をうまく織り交ぜたミステリー、エロスなどを取り込んだ作品で、なんとも言えない重厚感を味わいました。

    100歳の男が死亡した事件。これを皮切りに様々な人間たちの渦巻く欲望が交差していきます。
    基本的には3人(途中もう一人加わります)の視点を入れ替えながら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています