今日も嫁を口説こうか

今日も嫁を口説こうか

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「最近、ちゃんと嫁を口説けているか?」

夫婦の愛を問いかける大型芸人エッセイ

お笑い界における新・愛妻家芸人として頭角をあらわすアルコ&ピースのピースの方、平子祐希。

バラエティ番組やラジオで妻・真由美について語ることも多く、そこで語られる愛は“まったくもって異常だけれどどこか芯を喰っている”ものばかり。

バカバカしいけど納得してしまう……。平子の妻のように愛されたら、ちょっと嬉しいかも……?

「つまり、それ本能で受け入れてるってことだろ?」


本書の中でも平子は静かに吠える。

『家事なんてデートみたいなもんだ』

『ケンカは、好みの異性のカタログの見せ合いだろ』

『伝える言葉はダサけりゃダサいほどいい』

『前戯こそが本番、セックスは後戯だ』


芸人いや、雄(オス)平子が結婚14年目になった今も、高校2年生カップル付き合って2カ月目の熱量をキープしていられる、そんな夫婦愛の秘密とは一体何なのか。

「おいおい、嫁に飽きたなんてとんだ傲慢やろうだ。1日として同じ顔してる女なんていねえ。」

倦怠期ならここに来い、セックスレスならここに来い、夫婦で口説き合いたいならここに来い。

相方・酒井のツッコミはここには届かない。つまり、止める者は誰もいない。

平子の愛は一切着地する気配すらない。

枷をはずした平子が文字で爆ぜる!


1章 ただのオスとメスの番(つがい)、それが俺たち

2章 結婚についてまわる全責任よ 俺んとここないか

3章 家事も育児も、モテたいからやってる

4章 高2で付き合い始めて2カ月目の感覚が16年続いてる

5章 いつだって『これが最後』と思って抱いている

6章 今日も嫁を口説こうか

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年10月30日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
14MB

今日も嫁を口説こうか のユーザーレビュー

    全男性に読んでほしい

    かなやわな 2020年12月07日

    これは良い本!買ってよかった!と思ったのに、予想外にbookliveにおける評価が低かったので、思わずレビューを残したくなりました。
    まだ最愛のパートナーが見つかっていない方、見つけたと思って一緒になったが、愛が過去となってしまった方。あらゆる方に読んで欲しいと思います。
    女性の愛し方、愛する素...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています