もしかして ひょっとして

もしかして ひょっとして

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

心配性でお人好し。生徒会の仕事を引き受ければ部活動のもめごとが持ち込まれ、人手がないからと子どもやペットの世話を頼まれる。親しい人の老後の不安が少しでも慰められるなら、多少の苦労は厭わないし、罠にはめられた知人のことは我が事のように悔しい――。損得を考えずに動いて、余計なトラブルに巻き込まれて、貧乏くじを引きっぱなし。それでも、この謎を放ってはおけない! 賑やかでアイディアに満ちた6つの傑作短編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
電子版発売日
2020年10月21日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

もしかして ひょっとして のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    大崎梢って、出版社や書店の話ばっかり書く人だと思っていたが、こういう違う話も書くんだ。統一感は全くない寄せ集めの短編集だが、一応なんかちょっとした謎があって最後に解決するミステリーと言ってもいい話ばかりか。旧家の老婦人の話、生徒会役員が部活のトラブルを解決しようとする話、お手伝いさんが急にやめてしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

     タイトルの通り、全編通してのテーマが「もしかして ひょっとして」な短編集。

     ミステリーから日常系まで、バラエティに富んだ短編集で楽しめました。

     お気に入りは「都忘れの理由」。
     お手伝いさんが急に辞めてしまった本当の理由は?亡くなった奥さんの優しさがとても好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月17日

    あとがきによると、これまで書かれた短編をまとめたものとのこと。とは言え書き下ろしの一編を合わせ、タイトル通り『もしかして ひょっとして』と立ち止まって考える内容の話。

    「小暑」は唯一ミステリーとは違うし非常に短いが、主人公の前を向こうとする姿が良い。

    「体育館フォーメーション」は何かのアンソロジ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月06日

    面白かった。
    よくよく考えたら不自然な事(2人に結構重要な同じ依頼をするとか近隣高校の練習試合程度でスパイとか)もあるけど、さっと読めて読後感も良い作品。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています