孔丘

孔丘

作者名 :
通常価格 2,000円 (1,819円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人間・孔子が生きている!
「論語」に描かれる神格化された姿ではなく、不運や失意にも苛まれた男の波瀾万丈を書いた大河小説。構想三十年にして最高傑作誕生!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
584ページ
電子版発売日
2020年10月08日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    あとがきにもあるように、神格化された孔子ではなく、失敗もあった人間孔丘の生涯を描いた作品。その波乱万丈な生涯や、弟子たちとのエピソードもさることながら、個人的には孔鯉との親子関係が妙に印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    登録数100冊目は著者の書籍にしようと以前から思っていた。論語のから伝わる孔子は言葉に感銘する事が多いが、孔子の生き方については自分の中でもほぼ謎であった。ほんの一部かと思うが人間孔丘(孔子)の物語を少し読めたと感じる。引き続き著者の作品を読んでみようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月05日

    孔子の生涯の物語。
    孔子といえば、素晴らしい「論語」が思い浮かぶが、子供がありながら離婚して、人の生きる道や道徳を教えている。家庭がうまくいっていないのに他の人に人の生きる道を教えていることに違和感を感じる。
    印象に残った文章
    ⒈ 人を樹木にたとえてみれば、礼は幹である。幹がなければ、樹木が立たぬよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年11月09日

    孔子の生涯を描いた歴史小説。

    論語は読んだことがあるので、孔子のイメージは先生しかないのですが、宮城谷さんにかかれば等身大の人間になるわけです。
    論語のエピソードも物語の流れの中でうまく挿入できているように思います。(時々唐突感もありましたが)
    中庸を説きながらも理想論をかざす孔丘に対して現実的な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています