続 家族のあしあと

続 家族のあしあと

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

さようなら、友だちと遊びまくった日々。世代を超えて愛される、シーナ・サーガの少年時代! 「自分の子供の頃はどんなだったのだろう。ということがいきなり気になってしまった。子供心にも謎の多い家でそだったからだ。とくに『岳物語』の主人公が、六年生になったあたりで書くのをやめたのがずっと気になっていて、自分はその年齢の頃に、いったい何をして何を考えていたのだろうか、ということがえらく気になった。自分がいた「私小説」の世界はどうもいろんなところが暗くくすぶっている」(あとがきより抜粋) 累計470万部突破の私小説シリーズ、シーナ・サーガの真骨頂!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年10月05日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

続 家族のあしあと のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月12日

    自身の小学生の頃を題材とした私小説です。
    とは、言いつつもフィクションは入ってい
    ないとあとがきでも語っているので、本当
    に子ども時代を回顧した思い出ばなしなの
    でしょう。

    今後は中学生、高校生と成長して、最後は
    あの「哀愁の街に霧が降るのだ」の時代へ
    とつながっていくのかな、と思ったのです
    が違...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    久々の椎名誠。
    私小説の中で、この作品は椎名さんの家族を知るのに貴重な本。

    今回は、後半涙が出てきた。
    愛犬ジョンが行方不明になって、椎名少年が一人で一生懸命に探すところが
    愛犬への愛情がにじみ出てきて、椎名少年の純粋な心が58歳の自分に伝わってきた。

    そのほか、あとがきに書いていたことは初めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    文書が読みやすく、話の進め方のテンポも良いので、どんどんページをめくりたくなります。
    椎名少年と周囲の情景、空気といったものを、その時代を体験していない私でも、ありありと想像することができる巧みな表現力が素晴らしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月21日

    思わず「イキオイヨク」「フハフハ」「タノシミ」「ヨロコビ」などが頭の中で飛び跳ねてしまう。
    そーゆーの好きだけど。
    読み終えたとき、ついつい自分の子ども時代、昭和の風景、家族や親せき、近所の人たちのことをしみじみと考えたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月21日

    椎名さんの暴露本、続が出ておりました。
    前回はどういうところで終わっていたのか記憶にありませんが、マコト少年は中学生になり、父親は亡くなっていて、お母さんと、長兄と弟と暮らしていて、離れのようなところに叔父さんとその息子が住んでいるので家族同然にみんなで暮らしています。
    長兄は父親の仕事を継いで(会...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    岳物語を勧めてくれたのは父だった。そもそも椎名誠を教えてくれたのは父だった。小学生の頃の記憶はあるけど、こうやって詳細に書き出す事は無いし、そもそも思い出そうとしていない。ただ、12月になると、この時期に夭折した幼馴染を思い出す。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    椎名さんの小学校高学年から中学時代をモデルにした私小説。父親が亡くなり、踊りの教室を始めた母親と年の離れた長兄、叔父さんとその息子、弟、そして愛犬ジョンと猫のハチ。昭和の千葉の海沿いの町の少年時代を描く。
    まるで兄弟のようだった愛犬のジョンの最後がすごすぎて、唖然としてしまう。すごい母親だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月24日

    シーナ少年のその後を描いた第2弾。本書では中学生になった彼と、周囲の人々やその暮らしが語られる。椎名さんの著作を追っていけば、どのような人生をたどってきたかだいたいのところはわかるのだが、少年時代のことをまとめて書かれたものは初めて読むので新鮮だった。もっと暴力的な姿を想像していたので、意外とおとな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月19日

     椎名誠が小学生から中学生になる頃の家族のお話。あとがきに「本当の話を書いていく。できるだけ、誇張も矮小化もせずに、記憶や記録や身内の誰かの話を聞きながら書いていく」と書かれているように、私小説。場所は、千葉の湾岸地域、今はディズニーランドや大きな会議場のある場所になっているが、時は1950年代、戦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文芸単行本 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング