ネヴァー・ゲーム

ネヴァー・ゲーム

作者名 :
通常価格 2,400円 (2,182円+税)
紙の本 [参考] 2,750円 (税込)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

あのディーヴァーが新シリーズを始動!
シリコンバレーで失踪した娘を探せ。懸賞金のかかった事件に挑む
人探しの名人にして流浪の名探偵ショーは狡猾な連続誘拐事件を追う!

姿を消した人間を追跡する名人、コルター・ショウ。失踪人や逃亡犯に懸賞金がかけられると、
彼は現地に赴いて調査に着手する。つねに冷静に状況を分析する頭脳と、父に叩き込まれた
サバイバル術で多くの事件を解決してきた。今回ショウはシリコンヴァレーに住む男の依頼で、
失踪した娘を探すことになった。忽然と姿を消した彼女は無事なのか?非協力的な警察に
悩まされながら調査を続けるショウは、事件の背後にはビデオゲームが絡んでいることを知る。

懸賞金を求めて難事件に挑み、不可解な死を遂げた父の謎を追う名探偵コルター・ショウ。
リンカーン・ライム、キャサリン・ダンスに続く新ヒーロー誕生。時限爆弾のようなサスペンスに
意外な真相を仕掛けたシリーズ第一作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
384ページ
電子版発売日
2020年09月25日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
2MB

ネヴァー・ゲーム のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月03日

    姿を消した人間を追跡する名人、コルター・ショウ。失踪人や逃亡犯に懸賞金がかけられると、彼は現地へ赴いて調査に着手する。つねに冷静に状況を分析する明晰な頭脳と、父に叩きこまれたサバイバル術で多くの事件を解決してきた。今回ショウはシリコンバレーに住む男の依頼で、失踪した娘を探すことになった。カフェを出た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月20日

    父親にサバイバル術を叩き込まれた懸賞金ハンター、コルター・ショウのシリーズ第一作。リンカーン・ライムやキャサリン・ダンスなど、ディーヴァーは魅力的な職業と探偵像を作り上げるが、本作の主人公も同様で、サバイバル知識の豊富さが、観察眼と推理力を高めている。

    ライムやダンスと違うのは、ショウが民間人だと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    新シリーズの主人公は、行方不明人探しのプロというハードボイルドなキャラ。まだあまり魅力が伝わってこないけど、さすがのリーダビリティで一気読みしちゃうねー。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月14日

    ディーバの新シリーズ!
    読み始まったら、ゲームの世界のはなし?私のタッチしてないジャンルなのでは?との一瞬のためらい…だけど、ディーバはやっぱり裏切らなかった。ドンデンあり、「うわ~~」と叫びたくなるところあり、そしてシミジミさせてくれたり。ゲームの話だけだったらもういいや⤵️となるところを続きもま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月22日

    リンカーン・ライムシリーズと同じ作者だったので。

    サバイバル教育を受けて育った主人公の新シリーズ。
    追跡のプロとして行方不明者を探す仕事をしていて、
    家出をしたのか、誘拐されたのかわからない娘を探す仕事を引き受ける。

    観察力と知識、統計を駆使して娘を発見したり、
    二番目の被害者を見つけに行くのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月09日

    新シリーズ。
    リンカーン・ライムと対照的に活動量が凄いサバイバル男がニューヒーローなのだが、あまり魅力を感じなかった。(個人の見解です)
    脇を固める人々はなかなかいい。

    どこをとってもとてもアメリカ的なのが苦手な要因だったかも。
    いや、今までのディーヴァーは楽しく読めてきたはず。
    どんでん返しがな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています