推し、燃ゆ

小説 8位

推し、燃ゆ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【第164回芥川賞受賞作】
逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』が第33回三島賞受賞。21歳、圧巻の第二作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
河出書房新社
ページ数
128ページ
電子版発売日
2020年09月10日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい。」
そんな鮮烈な書き出しで始まる、第164回芥川賞受賞作。

子役出身のアイドル・上野真幸を推している高校生・あかり。しかしある日、真幸は不祥事を起こし……!?
学校生活もバイトもままならない彼女にとって真幸は、「病めるときも健やかなるときも」推すべき存在でした。
心ぐらつく日々の中、あかりは真幸への思いをSNSやブログにつづり、
今まで以上に推そうと決意します。
初めて推しを知った時の高揚感、推しと同じグループのメンバーを推しているフォロワーとの関係性、
推しのメンバーカラーで全身を固めたファンの姿など、
芸能人でもコンテンツでも、何かに深くハマったことがある人なら
身に覚えのあるエピソードが次々と出てきます。

何かを熱心に推しすぎていると視野がどんどん狭まっていき、
「自分の実生活がそれどころではなくても、推しがどんなに世間に叩かれていようとも、
推しを推さない選択肢がない」という感覚に陥ることがありますが
この作品でその感覚を久々に思い出しました。
一気読みをお勧めします。

推し、燃ゆ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    「推し」がいる人の気持ちが何となく分かったような分からないような。若い人、特に周囲にこういった「推し」を持つ人がいると刺さりやすいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    すごい、すごい、すごすぎた。凄まじい。
    現代の特異ではなく一般化されたオタク文化に走る少女の感情を軸として、哲学的な観点での生について様々なエッセンスを取り入れながら描かれていて、ひたすら苦しくて重く、どうしようもないくらい切ない。上手く出来ないし、上手く出来ないことの理由や原因がわからない、だから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    作者の石垣りんさんは、驚くことに自分と同い年でした。だからこそ、描写の一つ一つが苦しかったです。作中に出る「推しが背骨」という言葉、本当にそう口にする子は、私の周りという狭い世界を見ただけでも多く存在します。私個人には推しが存在しないため、その子達を漠然と、「何かがとても好きな人」程度にしか捉えられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    大学生の方が書かれた本ということですごく興味があって購入。文章自体はそこまで長くなく、すぐに読み切れると思う。そして、今どきの言葉や、ネットでよく見られる文章などが多用されていて、現代の小説だなと思わせる文章だった。しかし、作者がこの小説を俯瞰しながら描いている文章には、文才と感じさせる語彙の豊富さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    「推し」について現役の大学生がどう、何を書くのか?と気になり購入。
    読み終わったあとは「推し」がどうとかではなく、生きることの難しいさ、葛藤、なかなか前に進めない主人公あかりを応援したい気持ちが生まれたことと、あかりと同じような感じ方はだれにでもあることに気づいた。
    上手い作家ですね。
    もやもやいっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    アイドルに限らず、人は誰しも何かに縋って生きている。それが杖であり、背骨と呼ばれるものだろう。もし背骨が失われても、地面に這いつくばって生きていけなければならない。そんなことを考えた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    「推し、燃ゆ」 宇佐見りん(著)

    2020年 9/30 初版発行 (株)河出書房新社
    2021年 1/30 5刷

    熱の逃げ場を探して悶え苦しむ女子の業。

    この熱い業を浴び続けるアイドルって凄い!

    この業を背負って生きなきゃいけない
    女子って凄い!

    簡単に受け止められると思うなよ男子よ!

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    自分は推しという感性がわからず、この本を通して推しを推している人の感性が少し分かった気がする。
    芥川賞受賞ともあって、一つ一つの語が難しいためか、スラスラ読める感じではないし、主人公の心の読み取りや物語に頭を突っ込んで読むのが難しく感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    自分もアイドルおたくなので、共感できる部分は多かった。

    面白かったけど、若干もやっとするラストだと感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    話題の一冊ということで軽い気持ちで読んだけど、すごいですね。
    言葉のリズム、勢い、文章力、題材…ノッてます。

    病めるときも健やかなるときも推しを推す、という高校生のあかり。
    彼女のブログやSNSは鋭い感性でファンの中ではちょっとした人気となっている。
    しかし彼女は学校生活や家庭ではまったくうまくや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

推し、燃ゆ に関連する特集・キャンペーン