獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI

獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

――闇の虐待ショーをぶち壊せ!
累計430万部突破のIWGP16弾!

ダークウェブの深奥にある「逆隊コロシアム」。
通常の手段ではアクセスできないサイトでは、
競うように児童虐待動画がアップされている。

「逆隊コロシアム」を潰して、
その一部始終をドキュメンタリーにしたいという
テレビ・ディレクターの梅原から依頼を受け、
3人の虐待サバイバーの若者とともに
調査に乗り出したマコトは、
ある日テレビで見た子どもの虐待死のニュースが、
「逆隊コロシアム」の動画に映っていた少女のことだと気づく。

小さな命を救えなかった悔しさと怒りを胸に、
マコトはタカシや仲間たちと
巨大なウェブに巣くう獣たちに戦いを挑む。

表題作のほか、
池袋の路上で繰り広げられたタピオカ抗争の顛末、
日本屈指のラブホ街を狙った強盗団との闘い、
恋人のいない若い女性を狙ったバースデイコール詐欺を描いた4編を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年09月03日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
3MB

獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月16日

    IWGPはなんだかんだずっと読んでいる作品のひとつ。いつも時事ネタをいれてくれていて、本当にマコトが実在するかのような、池袋に行ったら会えるかのような感覚に陥ってしまう。
    今回もスカッとできました!
    それにしてもマコトが平成生まれだったとは驚き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    これだけ長くマコト君の話を聞いていると 本当に池袋のどこかでGボーイの男の子やマコト君と逢えるんじゃないかと思ってしまう。しかも、勝手に友達になっている勘違いが起こっている

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    相変わらずの面白さ

    nozomi 2021年04月19日

    軽くやめてスッキリします。テンポよく、時事ネタでわかりやすく。
    新刊が出るたびに最初から読み直しますが、全く色褪せません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月26日

    いつも通りの安定感。
    とても心地良い時間を過ごさせてもらいました。
    マコトとタカシが旅行する物語も楽しいかも(^^)
    次の時事ネタは何かな?次作を期待してます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月12日

    相変わらず、世情に敏感なテーマで攻めてきますね、石田衣良。
    ・タピオカミルクティの夢
    ・北口ラブホパンディッツ
    ・バースデーィコールの甘い罠
    ・獣たちのコロシアム
    大企業の追い出し部屋や薬物の蔓延、ラブホ強盗、ホストの副業(?)、児童虐待。

    現実がどうなのかは全くわからないけれど、ひどい話ばかり。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    相変わらず良い

    グー 2020年09月09日

    現代の話題も入れつつ、マコトの解決の仕方だったり、ちょっと目頭が熱くなったり、今回のお話しも楽しませてもらいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    待ちに待ったIWGPの新刊。
    今回もマコトがタピオカ騒動から児童虐待まで多種多様なトラブル解決に奔走。
    特に表題作の“獣たちのコロシアム”にはとても胸を打たれた。
    アニメ放送まで後1カ月!
    原作に負けないくらいのエッジ感と優しさが観られることを期待しています!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月17日

    やっとシリーズの刊行時期に自分の読むタイミングが追いついてきた!
    キングもマコトもベテランになった気がする。
    もはや形式美というか、フォーマットにのっとってネタを料理していく感じ。
    安心して面白く読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月25日

    19久しぶりの池袋、コロナですっかり様相も変わっているかもしれないけど、弱い立場の友を助ける活躍はいつの時代もスカッとするね。これ大阪難波が舞台やったらどうなんかな。やっぱりスマートさではマコトに勝てへんかもね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月23日

    最新刊からのシリーズ2冊目。池袋のトラブルシューター、マコトとGボーイズのキング・タカシたちがトラブルを解決していく。マコトの母もいい味を出す。「獣たちのコロシアム」では早く児童虐待をするやつを懲らしめてくれ!と祈った!それにしてもマコトは色恋とは無縁だなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春e-book の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング