初夏の訪問者 紅雲町珈琲屋こよみ

初夏の訪問者 紅雲町珈琲屋こよみ

作者名 :
通常価格 1,599円 (1,454円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

水の事故で亡くなったはずの息子――あのこが生き返ったの?
累計65万部突破! 人気シリーズ第8弾。

紅雲町にやってきた、親切と評判の五十過ぎくらいの男。
ある日、彼は小蔵屋を訪ね、草に告げた。
「私は、良一なんです」
草が婚家に残し、三歳で水の事故で亡くなった息子・良一。
男はなんの目的で良一を騙るのか、それとも本当に死んだはずの息子なのか?
草の心は千々に乱れる――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
216ページ
電子版発売日
2020年08月28日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

初夏の訪問者 紅雲町珈琲屋こよみ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    紅雲町珈琲屋こよみの最新刊。
    今回はモヤモヤささられる話。死んだはずの良一だという人物が現れる。
    草さんの周りの人達が彼女を支え、助けてくれる。
    読み出すと止まらない。
    久美と一ノ瀬さんがうまくいきますように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月03日

    季節柄、ずっと雨が降り続いていたような感じ。梅雨明けと共に解決。お草さんの元夫って亡くなっていると思っていた。生死を確認していないだけだったのね。
    アスパラが食べたくなった。
    キクが悪いことしたと思っていないみたいなのが、気持ち悪い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月09日

    紅雲町珈琲屋こよみシリーズ、第8弾。
    シリーズ始まった頃は、店を精力的に切り盛りし、ご近所のミステリーに首を突っ込み、アクションまでこなすバリバリなお婆ちゃんだったお草だったが、いつの頃からか、いつか来るその日を思い描く描写が増えてきた。
    毎回思い出される、元の婚家に置いてきて、その後に水の事故で喪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

    シリーズ総ざらえなくらいの濃い内容でした。シリーズの今までのファクターが漏れなく入ってました。
    サスペンスやミステリー要素よりも、お草さんの名言を読みたくて楽しみにしています。
    まだまだ長生きして欲しいです。
    (毎回思うのが、草さんの髪型のお団子は盆の窪辺りと描いてるのに、杉田比呂美さんのイラストで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月05日

    紅雲町シリーズ。コーヒーと和食器の店を営む草の前に息子の良一だと名乗る男が現れる。子供の頃に別れ、その後亡くなった息子が生きている筈はない。わかっていても心を乱す草。死んだ人の名を騙るその男の真意は?草と別れた夫との過去が語られる作品。
    冷静でいようとする草、でももしやとも思う一瞬もある。理知的な草...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月12日

    このシリーズは毎回評価に迷う。おばあちゃん探偵のほのぼの系を期待していると見事に裏切られた第一作以来、主人公の草さんには共感しないところも多いのに、何となく読み続けてしまう。結局は作家さんの思惑にはまっているということになるのか。

    今作は、草の亡くなった息子・良一を名乗る男が現れるところから始まる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月10日

    紅雲町珈琲屋こよみシリーズももう8作目。こざっぱりした主人公、草さんの考えや行動が気持ちよくてはまっていたのだが、今回は草さん、なんとアクションシーンを!

    というのはともかく(本当にあるんですが…)、今回のテーマは「嘘」、経営の傾いたお寿司屋さんではエセ健康食品と新興宗教がはびこり、アル中薬剤師の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年03月25日

    良さげな話でまとめてあるが、恐ろしい事です
    自分にとり触れられたくない弱点であり聖域を
    悪意あるわけではないが踏み躙られた草の心境
    たるや如何に!

    高齢者が一人で暮らしていく心構えが作品から
    ヒシヒシと伝わってくる
    全員がこのような暮らし方は出来ないけれども
    生き甲斐を持ち続けられるのは羨ましい

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています