愛されなくても別に

愛されなくても別に

作者名 :
通常価格 1,507円 (1,370円+税)
紙の本 [参考] 1,595円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

時間も金も、家族も友人も贅沢品だ。

「響け! ユーフォニアム」シリーズ著者が、息詰まる「現代」に風穴を開ける会心作!


遊ぶ時間? そんなのない。遊ぶ金? そんなの、もっとない。学費のため、家に月八万を入れるため、日夜バイトに明け暮れる大学生・宮田陽彩。浪費家の母を抱え、友達もおらず、ただひたすら精神をすり減らす――そんな宮田の日常は、傍若無人な同級生・江永雅と出会ったことで一変する!

愛情は、すべてを帳消しにできる魔法なんかじゃない――。
息詰まる「現代」に風穴を開ける、「響け! ユーフォニアム」シリーズ著者の会心作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年08月25日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
2MB

愛されなくても別に のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月13日

    私が唯一コロナに感謝したかもしれない
    それは「読書をする時間」を教えてくれたこと
    この本「愛されなくても別に」と出逢えたこと
    この本を読んで去年の8月に一人暮らしを始めました
    出会いは『小説時代』という小説の雑誌?
    みたいなので書き下ろしされていて
    発売にする!って決まった時インターネットで予約して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月03日

    子どもの頃、友達がうらやましかった。
    「何でも自由にさせてくれる」親だったから。
    きっと友達も同じように私に対して思っただろう。
    「塾や習い事をさせてくれる」親がうらやましい、と。
    そんな、子どもの頃のことを思い出した。



    「愛情は、すべてを帳消しできる魔法なんかじゃない」。

    それぞれ違う種...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月27日

    毒親オンパレードな小説。
    家族なんていつ捨てたっていいし、親がいなくとも思ってるより何でもできるから逃げたって見捨てたっていいよね、と思った

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    家族ってなんだろう??血の繋がりって何だろう??
    色々考えさせられた。
    毒親から解放された2人。ものすごく爽快だった。
    他人から見たら女子大生2人の暮らしなんておままごとみたいに思えるかもしれないけど、そんな暮らしの中でもの他愛もない会話だったり相手のために飲み物作ったり、めちゃめちゃ家族だ。とても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    わかりすぎて苦しい

    しき 2021年02月22日

    自分をザクザクと切り刻まれているような読書体験だった。刺さった文章にマーカーを引きながら読んだら、今まで見たことがないような数になった。宮田、江永、堀口、木村、みんな全然違うのに全員から「私だ」と思わされるような言葉が出てきて驚いた。
    この小説の話をしようとすると、自分の話をせざるを得なくなる。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    家族にしばられない生き方だってあっていい。読み終えた後に痛いほど思いました。やたら絆押しするのが当たり前のように感じるが、それは当たり前のように幸せな家族がいた、いる方。幸せは人それぞれ、不幸せは比べるもんじゃない。子は親の物ではないし、親は子離れをしなきゃいけない。
    とても考えさせられる本でした。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月13日

    10代の頃は色々悩んで辛かったけど、世界は自分を中心に回っていて、やろうと思えばなんでもできるし無敵だと思っていた。
    実態のわからない宗教、お金で遊ぶ大人、青春を謳歌している同級生、話しづらい親、私の側にもあった。
    それって私だけじゃなかったんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月12日

    一気に読んでしまった。

    主人公の宮田と江永は、みずからをクズな人間だと思いながら、芯の強さがあり、自分たちの力で人生を歩んでいくんだろうという意思がある。

    家族とは絶対的なものではない。
    自らが選択していかなければいけない存在が、家族なのだと思う。

    自分自身、血のつながりはないが、一瞬でも家族...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月05日

    すきだなと思った小説。

    なんでここまで書けるんだろう。
    複雑な背景を持つ2人の女の子とその細かい描写も感情も。すごい。


    _______________
    不幸中毒

    不幸度で勝ちたいなんて思ってたら、最終的に自分から不幸になりたがる奴になっちゃう

    愛は全てを帳消しする魔法じゃない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月05日

    自分がずっと読みたかった物語だ、という感じがした。「愛情」は免罪符にならないよ。
    主人公の陽彩が嫌いだー嫌いだーと思いつつも、ぐぐっと感情移入してしまって不思議だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています