その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い―

その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い―

作者名 :
通常価格 2,365円 (2,150円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

標的は成功を夢見る女性たち――映画界で「神」とも呼ばれた有名プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインは、長年、女優や女性従業員に権力を振りかざし、性的暴行を重ねてきた。自身の未来を人質にされ、秘密保持契約と巨額の示談金で口を封じられる被害者たち。沈黙の壁で閉ざされていた実態を、ふたりの女性記者が炙り出す!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
電子版発売日
2020年08月14日
紙の本の発売
2020年07月
サイズ(目安)
5MB

その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月09日

    ニューヨークタイムズの記者を始めたくさんの人たちが過去の虐待恫喝を明らかにすることで未来の女性たちを守るということに繋がる.ワインスタインを裁くのはもちろんだが,彼のような男至上主義の社会制度そのものに切り込んでいくことが素晴らしかった.これを記事にする苦労,ここまで気を使うのかと驚くとともに敵の妨...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    ジャーナリズムの真髄と嘘みたいな本当のストーリー。
    #metooとワインスタインの裏側にはこんなことがあったのかあ。
    ワインスタインのことをよく知らなかったけど、見てみたら自分が過去見ていた映画とかも手掛けててびっくり。#metooも日本ではこんなに大きく広がることはなくて、日本でも女性が団結して強...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    ジャーナリズムが権力側からの圧力に屈せずに事実を伝える事に感動。ってかこれって普通の事じゃない?
    それなのになぜ事実を事実として伝える事にこんなに心が震えるのだろうか?

    Netflixのリミテッドシリーズ『ジェフリー・エプスタイン 権力と背徳の億万』でもエプスタインは女性にマッサージを要求(←ワイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月01日

    『その名を暴け』を読みました。

    ハーヴェイ・ワインスタインという実力のある映画プロデューサーがいて、そりゃぁもうとてつもない影響力と権力をハリウッドに持っていて、残念ながら変態性欲者で自制の効かない人間のクズだったもので、その優越的地位を利用して女性に性犯罪を繰り返していた。

    それを暴いたニュー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    MeToo運動以後、様々なメディアで描かれてきた現代社会における女性の生きづらさ。その本家本元・真打ちと言うべき一冊。特に第4〜7章はイスラエルのスパイ組織まで登場する緊迫の情報戦。内容が内容だけにエンタメとして楽しんではいけないのだが、TBS日曜劇場ドラマのような息もつかせぬ展開で一気に読んでしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月01日

    #MeToo 運動を爆発的なものとしたニューヨーク・タイムズのハーヴェイ・ワインスタインに関する報道の全容を明かしたノンフィクション。この報道は2018年のピュリッツァー賞を受賞した。さらに後半(第8章以降)には、連邦最高裁判事ブレット・カバノーを告発したクリスティーン・ブラゼイ・フォードとその弁護...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    2020/08/29〜2020/09/20
    TBSラジオ『アフター6ジャンクション』に訳者の古屋美登里さんが出演し、紹介されていた本。

    ハーヴェイ・ワインスタイン、そしてドナルド・トランプの女性蔑視の姿勢に男性の自分でも大層嫌気がさした。

    女性はこんなにも社会の中で不均衡を課せられながら暮らして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    宮川マサルさんのラジオでオススメされて読んだ。

    やっぱり翻訳なので、なかなかテンポが合わず、中盤は長くてダラけてしまったが、、、訴訟、示談社会のアメリカで、凄腕の弁護士を抱える富豪を追い込むのがどれだけ大変か、よく分かった。

    示談するとその件についての発言は一切出来ないとか、ホントに、お金で何で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    調査報道の緻密さ、加害者側からの干渉がいかに調査の妨げになるかについては、「スポットライト」などの映画や過去いろんな本で見てきたものの、#me too は被害者とその支援者たちとの距離の難しさや、心の動き、社会的な力学までもが報道の行方にかかわることを実感した。オンレコで発言をしてくれる一人ひとりと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    ひどい、ひどすぎるねワインスタイン。
    つい最近までこの犯罪行為がまかり通っていたとは。
    最初に告発したローズ・マッゴーワンは勇者だね。
    被害者の数と肉体的、精神的に受けた代償に対して禁錮23年じゃ少なすぎるでしょ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング