鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ

鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。

1人暮らしの実母の様子がなんだか変だとは思っていたが、「老化」のせいにして深刻に考えなかった。ところが、母に進行性の国指定の難病という診断がくだされる。いずれは寝たきり確定である。さぁ、自分はどうすべきなのか……。「えーと、介護って時期が来れば市町村から勝手にサービスのお知らせが届くんだっけ?」 いえいえ、福祉は自己申告。申告した人だけトクする仕組みなんです。介護は他人事と思っていた著者が直面するさまざまな現実。本書は、介護申請から施設選びまで、想定外の事態の連続に翻弄されまくった介護初心者である著者のドタバタ奮闘記です。また、実体験から導き出した介護にまつわる「りんこ流裏ワザ」も大公開! 親の介護に役立つこと間違いなしの一冊です。


【目次】

●1章 介護申請手続き編
 ・父が死んだと同時に母の異変が始まった
 ・待っていては一生来ない介護サービス
 ・介護保険を申請する ほか

●2章 ケアマネージャーと四人五脚編
 ・介護保険を利用したがらない母
 ・昭和一桁もったいない星人との闘い
 ・病院が大好きな母 ほか

●3章 老人病棟の現実編
 ・骨折病棟シモとの戦い
 ・ソーシャルワーカーって人がいた
 ・独居のすすめ ほか

●4章 母にマジ切れ寸前編
 ・植木鉢に見る上手な老い方の一考察
 ・コウモリ女
 ・母の寂しさを埋めるのは娘の仕事か? ほか

●5章 介護施設の賢い選び方編
 ・ショートステイを利用する
 ・片っ端から特養に申し込んでみる
 ・紹介センターに行ってみた ほか

●6章 「終の棲家」巡りの旅編
 ・有料老人ホーム巡り
 ・いくつになってもゲニ女心は複雑
 ・サ高住を見学する ほか

そのほか<知らなきゃバカ見る! 介護にまつわる基礎知識>、<りんこ流バカを見ないためのマル秘裏ワザ>など、初めての介護に役立つ情報満載。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
旅行ガイド・旅行会話 / 旅行ガイド
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
地球の歩き方BOOKS
ページ数
196ページ
電子版発売日
2020年07月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
80MB

鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年09月23日

    誰でもいつかは終の棲家を決める大変な決断を迫られる時が来る。
    ぶっちゃけ言ってしまうと介護はお金なのだ。
    お金がなければどんなに辛かろうが四六時中、家族が看ることになる。
    しかし、それでは共倒れを待つばかりだ。
    りんこさん姉妹のご苦労には共感(自分自身も介護中)し勇気づけられた。
    わがまま放題のお母...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月18日

    鳥居りんこさんの介護本の1冊目。2冊目を先に読んでから存在を知り読んでみた。
    介護が必要になった母親を見てもらえる施設が決まったところまで。りんこさんとお姉さんが日に日に疲弊して行き、親の死を願うようになってしまう前に施設を必死に探す。文中にもあったが、いまでこれだけの人手不足で、実際に私達が介護を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月23日

    母親の介護を通じて、ほとんど何も知らない状態から、徐々に介護制度と関連施設の実態を知ってゆく過程が時系列的に書かれている。また親の身勝手さ、支える家族の苦労・悩みなどが隠さずに書かれていて共感する。介護する人たちにとって、知識面や精神面でとても参考になる本だと思う。平易な表現で、理解しやすいように工...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています