わかりやすさの罪

わかりやすさの罪

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

極端な「わかりやすさ」の追求の果てに、日本人の思考、日本社会に今、何が起きているのか。損なわれたものとは。政治家の発言や「すぐにわかる!」番組、「泣ける」映画、一瞬でノウハウを伝えたがるビジネス書などを挙げながら論じる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
朝日新聞出版
ページ数
280ページ
電子版発売日
2020年07月07日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

わかりやすさの罪 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    物事が簡略化され、なぜそう思ったのかを常に発信しなければ行けない世界。
    人にわかりやすく理解してもらうには、そこに自分の意見を挟まず、事実をわかりやすく伝える必要がある。しかし、そればかり続けてしまうと自分の意見がなくなってしまう。自分はこう思うという意思を大切にしたい。

    また、本の要約サービスが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    好きな作者の本だが中ほどまでで投げ出したくなった。
    軽くわかりたかったのだろう。情けない。
    「17 深いって何だろう」にたどり着いて頑張ってよかったと思った。自分も池上彰には胡散臭さを感じていたが、そうだったのか、彼は自分の考えを表明せずにあれこれと物知りぶりを発揮しているだけか。好かん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月27日

    賛成?反対?、白?黒?
    分かりやすい選択肢を用意して問いを立てる。
    本当は2つの間に限りない思索の余地があるというのに。
    実は他にも選択肢があるやも知れないのに。
    そもそも選択できるものではないかも知れないのに。
    とかく即決、即レスが尊ばれる風潮が強い今。
    もっともっとこねくり回して、横から見て、離...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    わからないという認識から、わかり始める。
    教育の価値ってなんだと考えさせられる。
    わかりやすいことが常に良い訳ではない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月14日

    新刊が出るたびに
    すぐに 手が出てしまう著者のお一人
    武田砂鉄さん

    今回も 十二分に楽しませてもらえました。
    もうずいぶん前に
    「(世界の、日本の)名作が、この一冊でわかる」
    という本コンセプトの本たちが出てきた時に
    「?・?・?・?」
    と強く「違和感」を覚えました
    その時の違和感を
    文字にすれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    ‪近年、特にビジネスの場において絶対的な善となっている「わかりやすく伝える」ことを疑った一冊。わかりやすさが必要な場面もあるとは思うが、全てにおいてそれを追求してしまうと失われていくものがある。わからないからこそ人生は面白いし豊かなのだ。尤もこうやって内容を要約して理解した面して点数つけてレビューを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月13日


    仕事がら、わかりやすさを意識することが多い。
    そんな中で読めてよかった一冊。
    わかりやすくないところに価値があったかもしれないことを、わかりやすいかそうでないかという物差しで見ることで見失っていたものはなかったか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月15日

    わかりやすさを、わかりやすくならないよう、思考の行ったり来たりを繰り返して考える本。武田さんの(公式なw)主張の軸となってるメッセージは、「万事は複雑であるのだし、自分の中の頭の中も複雑な作りをしているのだから、その複雑な状態を早々に手放すように促し、わかりやすく考えてみようよと促してくる動きに絡め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています