拾われた男

拾われた男

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自販機の下で航空券を拾ったら、人生が動き出した――。
振られた回数13回、借金地獄や数々の失敗を経て掴んだ、恋と役者業。
個性派俳優・松尾諭による波瀾万丈「自伝風」エッセイ!

自販機の下で拾った航空券。その落とし主はモデル事務所の社長だった。
俳優志望の昭和顔の男は、それをきっかけになぜかモデル事務所に所属することに――。

振られた回数十三回、借金地獄に、落ち続けるオーディション。
悲しくては泣き、嬉しくては泣く、そんな男が手に入れた大役、そして恋。
それでも減らない借金生活が続くある日、かかってきた一本の電話により、アメリカに旅立つことになる。
何年も会っていない兄を迎えに――。

「SP」「シン・ゴジラ」「エール」など数々の映画・ドラマに出演し、個性派俳優として名を馳せる著者が書く、泣いて泣いて笑っての、七転八倒俳優生活。
電子版には著者直筆のカラーイラストも多数収録されています。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年06月29日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

拾われた男 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月29日

    とても面白かったです^ ^
    松尾愉さんという「シンゴジラ」でお馴染み、まだ現役で活躍されている俳優さんの自伝エッセイで、ドラマや映画の出演も記憶に新しかったりして、本作の中に取り上げられている作品も、「そういえば出てたっけ」と見直しながら楽しんでいました。
    淡々と語っているけどとてもユーモアがあって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています