縄紋

縄紋

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

縄紋時代、女は神であり、男たちは種馬、奴隷でした。
フリーの校正者・興梠に届いた自費出版の原稿。それは “ 縄「紋」時代 ” に関する記述から始まる不可思議なものだった。読み進めていくうち、貝塚で発見された男女の遺体など、現在にも繋がる共通点が幾つも現れて.....。この著者の正体は誰なのか、「縄紋黙示録」に隠されているメッセージとは。やがて興梠たちの身辺でも異変が起こり始めーー。多くの文豪たちが暮らし、今も有名学区が犇めく東京・文京区を舞台に、過去と現代、そして未来が絡み合う驚天動地の大長編。これは小説か予言なのか。
世界まるごと大どんでん返し!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2020年07月01日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

    Posted by ブクログ 2020年07月01日

    「イヤミスの女王」真梨幸子の新境地とも言える歴史ミステリー。ですが、その脇できっちりと本来の禍々しい殺人事件も進行して、満足な一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月21日

    著者作品、初読み。
    読み始めからぐいぐい引っ張られて、なかなかやめられない久々の物語。
    舞台となる東京の場所も多少知っているということもあってか、身近に感じられること、縄文時代の謎に包まれた歴史をこんな風に紐解くとはなんとも斬新であり・・・といろいろな要素をうまく絡めながら、先へ進めていく楽しさ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    お、真梨さんの新刊だ。相変わらずのこってりしたイヤミスを堪能するか。と思ってページを捲ったのだが、いつもと雰囲気が全然違う。

    なんだこれは?歴史小説?しかも縄文時代の?おっと縄「紋」時代か。もちろん真梨さんだとは分かって読んでいたのだがすぐに万城目さん?と思わせるような内容。

    私家小説の「縄紋黙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    序章からして既に怪しいが、その後の展開もまるで予測不可能な怪作だった。作中作である『縄紋黙示録』なる自費出版本の内容と、その校正を引き受けたフリーの校正者が巻き込まれた事件が交互に描かれる。縄紋(縄文)時代というほとんどなにも知らない歴史と、現代の繋がりが明かされていく。殺人事件なども絡んで、ミステ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月16日

    出版がらみ、ちょっとイッっちゃた人の登場など、前に読んだ「坂の上の赤い屋根」とおんなじ感じだったな。

    最終的に意味わからないオカルトで終わってしまったし、なんか無駄に長い感じで、読んで疲れました。

    縄文時代のことをちょっとは知ることができたかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    帯の「アラハバキ」に惹かれて購入。
    縄文時代のミステリーなんて面白くない訳がない!
    と期待値高めで読み進める。

    校閲者である主人公に依頼された原稿『縄紋』。
    読み進めていくと現代と縄文時代が少しずつリンクし始めてくる。

    あー、これはもっとハチャメチャなとんでもで攻めて欲しかった。
    何というか、枠...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月13日

    帯には「和製ダヴィンチ・コード」とある真梨幸子さんによる新刊。フリーの校正者・興梠は縄文(紋)時代に関する記述の書かれた自費出版の原稿を受け取るが、読み進める中でその中に現代と繋がる部分が多々見られ、周辺でも不穏な事件が発生していく…縄文パートと現代パートが交錯する形で物語が進む、後半の謎解きパート...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    難しい…

    ぱんだちゃん 2020年08月18日

    いつもの真梨さんのいやミス感が無く、歴史のお勉強みたいでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    真梨幸子の新作。
    遅れて販売される予定の電子書籍が待ちきれず、ソフ
    トカバーの単行本を購入。手にするとかなりの束。読
    むのに何日かかるのか、と思いきや・・・。

    ・・・コレが正解かどうかは解らないが、なんと歴史ミ
    ステリー。それも、日本史の始まりとされる縄文時代
    にフォーカスしてきたところでまず度肝...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    縄紋黙示録という自費出版の原稿を読みながら、
    千駄木一家殺人事件、ヤンキー、?だらけになりながらも、どんどん引き込まれていく。
    結局、誰を、何を、信じればいいのか…
    やっぱりわんこは最強?(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています