チーム・オベリベリ

チーム・オベリベリ

作者名 :
通常価格 2,035円 (1,850円+税)
紙の本 [参考] 2,530円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

約140年前、その女性は、北海道十勝の原野へ渡った

オベリベリ――和人たちによって「帯広」とされた新天地
明治の先進教育を受けた彼女は、いかに生き抜こうとしたのか

開拓に身を投じた実在の若者たちを基にした、著者が初めて挑む長篇リアル・フィクション


〈明治維新という大きな時代の変わり目を体験した上に、それまでとまったく異なる世界に身を投じる若者たちの姿は、今、世界的な新型コロナウイルスの流行により、またもや大きな時代の変わり目を経験しなければならない私たちに何を思わせ、感じさせることだろうか〉――乃南アサ


文明開化の横浜で時代の最先端にいた女性は“その地”でいかに生きたか


私たちの代が、捨て石になるつもりでやっていかなければ
この土地は、私たちを容易に受け入れてはくれない

宣教師たちが開いた横浜の共立女学校に学ぶ鈴木カネは、父や兄にならって聖書の教えを受け、勉学に励んでいた。兄の銃太郎は、神学校で一緒だった渡辺勝、依田勉三と北海道開拓について考え始めている。彼らは勉三を中心に「晩成社」を興し、新天地へ向かう準備を進める。明治15(1882)年、23歳になったカネは女学校を卒業し、渡辺勝と結婚、そしてオベリベリとよばれた帯広へ行くことを決意する。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
672ページ
電子版発売日
2020年07月01日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

チーム・オベリベリ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    帯広市の語源となってるオベリベリ、当の市民にとっては「水光園」という銭湯(スーパー銭湯に近い設備があるが、銭湯価格)の正式名称「オベリベリ温泉 水光園」だったりする。

    そして、この本のメインテーマである晩成社といえば帯広発祥の有名菓子店六花亭。
    代表的銘菓「マルセイバターサンド」のロゴ「『成』に丸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    【あらすじ】
    約140年前、その女性は、北海道十勝の原野へ渡った。オベリベリ――和人たちによって「帯広」とされた新天地。明治の先進教育を受けた彼女は、いかに生き抜こうとしたのか。開拓に身を投じた実在の若者たちを基にした、著者が初めて挑む長篇リアル・フィクション。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています